中受なし勉強法

小学生家庭学習の勉強時間と学年別目安!勉強時間帯は?朝学習と夜学習?

小学生の保護者「小学生の勉強時間について学年別の目安を知りたい。家庭学習の勉強時間帯は朝と夜どちらがいいのか?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・データでわかる小学生家庭学習の勉強時間と学年別目安 ・朝学習と夜学習!勉強時間帯による小学生への効果は? ・家庭学習習慣づける小学生の勉強スケジュール表を作成 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 娘たちは公立小学校から公立中学に進みました。 今となって思うのは、 小学校時代にもっとしっかり学習時間を確保して勉強を習慣づけていたら、受験でもう少し有利になったかも ということです。 そこで、小学校のお子さんの実際の学習時間のデータや目安、学習時間帯による効果、学習習慣をつける方法などをご紹介したいと思います。 子どもに何時間、何をどう勉強させたらいいのか迷われている方はぜひお読みください。 短時間でも毎日学習習慣がつく教材についても知っていただければ幸いです。
中受なし勉強法

小学生が冬休みに復習できる!勉強する教材は通信教育?市販ドリル?

小学生の保護者「冬休みに子どもの苦手科目をしっかりまとめて復習させたい。何をやればいいのか?おすすめの通信教育や市販問題集ドリルワークなどの教材を教えてほしい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生冬休み復習!学校のテスト・教材の見直しが基本 ・冬休みに使う問題集は小学生なら通信教育か市販テキストか? ・冬休みに小学生が勉強するおすすめ教材はコレ! 私の娘二人は、公立小学校出身です。 毎年、終業式に2学期の通知表あゆみをもらうと、1学期よりは厳しめの評価がついていることが多かったですね。 なので、3学期に向けてどう冬休みに復習の対策をするか悩んだものです。 小1小2の低学年、小3小4の中学年もそうですが、特に小5小6の高学年になると、中学入学も控えて焦りました。 ただ、小学校の冬休みって、クリスマスにお正月、帰省や旅行、日帰りレジャーやイベントなどで、案外忙しいんですよね。 我が家の場合母親以外の家族は、「お正月くらいのんびりさせてやれ」という空気ですし。 母親のわたしもそうしてやりたいのはやまやまなんですけどね(苦笑)。 そこで、今回は、あわただしい冬休みに効率的に苦手科目の復習をする方法や教材について、わかりやすく解説しようと思います。 通信教材と市販教材のどちらを選ぶのがいいのかという点で、 通信教材をおすすめする内容になっています。 なぜ通信教材(教育)がよいのか実感できるはずです。 迷っている方はぜひお読みください。
中受なし勉強法

高校受験は塾が必要?小学生中学生はいつから行くべきか?塾なしは?

公立中学進学予定の小学生の保護者「中学受験しない小学生や中学生はいつから塾に行くべきか。必要性はどう判断するのか。高校受験塾なしで行かないのもあり?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 中学生の塾が必要?高校入試方法と子どものタイプ 高校受験のために小学生中学生の塾はいつから行くべきか 塾なしで高校受験?通信教育だけで公立トップ高校に合格! わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 自分の子育てや、お友達のご家庭などのお話を通して、塾の必要性は子供のタイプによって全く違うと感じています。 今となって思うのは、受験勉強の土台となる標準的な学力をつけるには、 塾の有無よりも、まずは短時間でも毎日のルーティン学習習慣をつけるのが何より大事 ということです。 そこで、今回は塾の必要性の判断の仕方や、毎日の学習習慣をつける対策をわかりやすく解説しようと思います。 高校受験に向けて、お子さんの通塾を迷っている小学生中学生の親御さんや、本当に受験勉強で大事な勉強法について知りたい方はぜひお読みください。 お子さんを伸ばす受験勉強の仕方が実感できるはずです。
おすすめ通信教育!

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎

中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
中受なし勉強法

年長の勉強はどこまで?小学校入学準備の家庭学習と入学前に身に着けること

年長の子供の保護者「小学校の入学準備として、入学後困らないように、何をどこまで勉強しておけばいいのか知りたい。ほかにも生活、行動面で1年生になるまでの入学前に身に着けておくとよいことを知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・年長の勉強はどこまでやる?小学校入学前に家庭で学習すること ・小学校の入学準備身に着けるとよいことは?勉強以外の生活行動面 ・年長が勉強する教材おすすめは?タブレットやドリルなど わたしは娘二人を保育園から地元の公立小学校に行かせた経験があります。 今は高校生と大学生でふたりとも志望校に進んでおります。 年長の時に、いわゆる入学準備のための典型的な市販教材を書店で購入し長女にやらせましたが、本当に簡単なものなのに、まったくできなくて青ざめたものです。 今思えば、小学校1年生の入学時点では、勉強に関しては、自分の名前の読み書きと、ものの数を10くらい数えられればそんなに困ることもなかったのです。 そこで、今回は、小学校入学準備として、勉強面と、生活行動面についてお子さんが身に着けておくと役立つ必要十分なことをわかりやすくお伝えしようと思います。 実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、小学校で役立つことが実感できるはずです。 小学校入学を控えたお子さんのお父様、お母様はぜひお読みください。 何より、小学校低学年のうちは特に、親があせらずに、元気に学校に行けるだけで十分であることを知っていただければ幸いです。
中受なし勉強法

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。
中受なし勉強法

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
発達障害・グレーゾーン

理解力が低い子供が気になったら認知特性別に理解力を上げる対策を!

小学校低学年の子の保護者「授業や大人の話の理解力が低い子供について悩んでいる。理解力が年齢相応なのかどうか知りたい。理解力が低い原因や改善方法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・ 子どもの理解力が低いと感じたらまず子どもをよく観察 ・ 子どもの認知特性タイプ別理解力上げる対策 ・ 理解力が特に遅い子供?発達障害や学習障害がある場合 わたしには娘が二人いますが、長女については、一人目で初めての育児だったせいもあってか、幼いころはなかなか話が通じなくて悩んだ経験があります。 小学校2年くらいまで、長女は理解力が遅く、勉強が苦手なんだろうなと思っていました。 今になって思うのは、当時子どものタイプに合う情報の伝え方ができていなかったんだなということです。 なので、今回は、子どもをよく観察した上で、子どものタイプに合う情報の伝え方をする対策をわかりやすく解説しようと思います。 対策については、お子さんのタイプ別にすぐに実行できることをご紹介しているので、お子さんの理解力の改善にむけてすぐに1つでも家庭で行動できるはずです。 なお、発達障害の可能性や対処法についても書いています。 理解力が低いお子さんへの親としての接し方、発達障害の有無について悩んでいる方はぜひお読みください。 親が子どもをよく観察して子供に合う発信方法をすることで理解力がアップすることを知っていただければ幸いです。
おすすめ通信教育!

タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!

タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。 子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
中受なし勉強法

小6勉強しないできない子の勉強方法とやる気UP!中学入学の準備開始

小学6年生の親も悩んでいますが、子も悩んでいます。 公立中学に進む子は、身近なお友達の塾通いや通信教育をみて内心焦っていたり、より難しく量も増える中学の学習に対して恐れも感じていたりします。高校受験もいよいよ現実味を増してきて、周囲のご家庭の動向もますます気になりますよね。親も、子もです。 中学で求められるものをしっかり把握し、できる対策をいまから進めていくことで、親子とも不安を解消していきましょう。 うちの二人の娘は、小学校までは塾も通信教育もなしで公立中学に進み、最初の中間試験からほぼ、トップクラスの成績をキープできました。 必ずしも小学校時代最初から勉強ができたわけではありません。いろいろと子どもに合う方法を親子で試行錯誤してきました。 そんななかで親として気づきや学びがあり、高学年からでも効果のある方法がありますので、お伝えしてすこしでも安心材料にしていただければと思います。
中受なし勉強法

小5勉強の仕方がわからない?5年生の学習内容と自主学習方法&反抗期対策

娘が二人とも公立トップ高校に進みましたが、小学校5学年のころの通知表の成績はそれぞれタイプが違いました。 東大に行った長女は主要4教科はすべて5でしたが、現在高校生の次女は4教科のうち5が2つ、4が2つでした。次女もテストではそれなりに点が取れていたので、宿題の評価や授業態度などかなり厳しく見る担任の先生だったのだと思います。 子どもと先生の相性もよい成績には大事だったりします。大人にかわいがられる子は得をしますね。 思春期、反抗期に差し掛かる年ごろなので、勉強の心配ばかりもしてられないのですが、目前に控えた中学入学に向けて、中学受験しないお子さんもできるだけ上位層を目指すのが大事になってきます。親が学習内容をある程度把握し、関心を持っておくことがよい結果に結びつきます。
中受なし勉強法

小4の学習内容と勉強方法は?勉強ができない時の通知表テスト点数上げ方

「小4の壁」または、「10歳の壁」「9歳の壁」などといわれる発達の個人差がでてくるのが、小学校4年生のころだそうです。勉強の習熟状況も個人差が大きくなってきますし、お友達関係、先生との関係や親子関係の良しあし、社会への関心なども差が出てきます。 子供さんとの関係に悩み始めている親御さんも多いのかもしれませんね。子供自身にしっかり考える力を付けていくことで壁を成長のチャンスに変えていくことができます。 うちの二人の娘たちの場合は、読書や親子の会話、習い事などのいろいろな先生方大人たちとの関係が、難しい年ごろをやり過ごす大きな助けになった気がします。 お子さんが落ち着いて自己肯定感を高く持てるようになると、勉強にも身が入ると思いますよ。
タイトルとURLをコピーしました