小学生子どもの家庭教育は母親サポートで勉強方法と学習習慣を身につける

親のかかわり方
この記事は約5分で読めます。

小学生のお子さんの家庭学習について、お悩みのお母様も多いと思います。

宿題もろくにやらずにテストの点も悪いということもあれば、宿題しかやらないテストの点はいいが学習習慣がいまひとつついていないということもあるでしょう。

有名な通信教材をつかってみても、ためてしまて長続きしなかったというのもよくある話ですね。

中学受験をしない場合、普通の公立中に進学予定なら、小学生の家庭学習というのは何をどこまでするのがよいのでしょうか。

中学校で困らないための、小学校時代の家庭学習のあり方について考えてみました。

スポンサーリンク

小学生の勉強方法学習習慣付ける中学に向けて

小学生の勉強方法学習習慣付ける中学に向けてということですが、わたしの経験でシンプルで効果のあったものをご紹介したいと思います。

小学校に入ったら、何年生でもよいです。毎年、家庭訪問や個人懇談で担任の先生とお話しする機会があったら、

「先生、テストをするときはできるだけ予告をしてください」とお願いしておくのです。

「親子でテスト勉強をしますから、前日でもよいので、予告をお願いします」と伝えておきます。

先生にもよりますが、たいていの先生は、できる範囲で予告をしてくれます。もちろんお願いしなくても予告してくれる先生もいらっしゃいますが。

そして、テストの予告をしていただくと何が良いかというと、子供が家に帰って「明日テストがあるって先生がいってた」などと親にいってくれるのです。

そうしたら、親としては当たり前のように「そう。じゃあ、テスト勉強しなきゃね」といいます。

宿題以外で、テストという目標に向かって勉強するという習慣がそこで生まれるのです。

最初は形だけでもよいのです。どんなに自信がある場合でも、ちょっとでも教科書を見て、ノートを見ておく、教科書準拠のワークドリルなどでテストに出そうなところをちょっとやっておく。

そのちょっとやっておいたことが、テストで効果があると実感できてくると、子供もだんだんテスト勉強がうまくなっていきますし、授業のききかたも変わってきます。

テスト勉強のために教科書を開かせてみると、「ここテストに出るって先生が言っていた」などもいいだすようになり、それはとてもよいことなのです。

小学生勉強子どもを家庭教育で母親がサポート

中学に入ると、定期テストに向けての提出物(ワーク、ノートづくりなど)をやる作業とテスト勉強がワンセットになって、それを中間期末ごとに繰り返すスタイルになっていきますので、先ほど書いたように、「テストの前にはそのための勉強をする」ということが習慣化されていると、中学に入ってもスムーズに勉強に取り組んでいけます。

特に、小学校時代にテスト勉強として、テストに出るとわかっているところ(授業をきちんときいている)を自分なりに頭に入れる作業というのがやり方がわかっていると、中学に入ってすぐに成績に反映されてきます。

小学校時代に勉強しないでよい点をとれていたお子さんで、中学に入って勉強の内容が難しくなった途端に成績が悪くなったような場合は、学習習慣がついていなかったり、勉強の仕方が身についていなかった、基礎的な部分をかなり忘れてしまっているなどが考えられます。

できるとわかっていても、形だけでもテスト勉強をする習慣づけがあとからとてもきいてくると思います。

小学校時代の母親のサポートとしては、「テスト勉強しましょう」といって、勉強できる家庭学習教材をそろえておいてあげることと、教科書の音読をきいてあげたり、重要事項をお子さんにいわせるなどの暗記の手伝いをしたりなどを習慣化しておくといいと思います。

我が家でも小学校時代からずっとそうやってサポートしているので、家庭学習の習慣はつきました。

子供二人いますが、中学校の定期テストではおかげさまで困っていません。

計算違いだったのは、高校生になってもまだ「お母さん暗記を手伝って」などといって、教科書やテキストのから問題を出してあげる習慣が残ってしまっていることですが(苦笑)、それでもおおむねは学習の自立はできていると思います。

スポンサーリンク

小学生勉強しない学力成績アップする通信教材

家庭学習教材として、どんなものを用意してあげるかということですが、勉強のできる子ならば、文理の教科書ワークなどのシンプルな市販教材でもよいと思います。進研ゼミやz会などの通信教材もよいかもしれません。

ただ、特に国数について、どこかで学習のつまずきがあって、成績が良くない状態が続いているようなお子さんの場合は、できるだけ小学生の間に、そのつまづきポイントまでさかのぼって、学習のヌケモレをしっかり埋める作業が必要になります。

勉強がかなり遅れてしまって授業についていけていないなどの場合、どこから手を付けていいかわからないこともありますよね。

こういう場合のお子さんに向く家庭学習教材として、わたしが最近注目しているのはすららというデジタル教材です。

タブレットやパソコンで学習できるもので、無学年制で、自分の能力に合ったところから勉強できます。。

学年を超えてさかのぼったり、逆に先取り学習もできるのです。なので、得意教科はどんどん先取りしておいて自信をつけるのもよいですね。

すららは学習面のお子さんの弱みを自動的に見つけ出してくれるので、究極の個別指導塾といってもいいでしょう。

すららは公式サイトから無料体験できるので、お試しになってみてください。

無学年制のインターネット通信教育すらら
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

まとめ

小学校の間早くからテスト勉強をする習慣をつけておくと中学に入ってから楽だと思います。

勉強が遅れているお子さん向けには家庭教材としてすららというデジタル教材のよいものが出ています。おすすめです。

スポンサーリンク