小学生勉強できる子の親はどうしてる?頭がいい子の育て方かかわり方

親のかかわり方
この記事は約9分で読めます。

小学生の親「子供が勉強できるようになる方法、頭がいい子の育て方を知りたい。勉強ができる子の親はどのように子供にかかわっているのか?」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・頭がいい子=自分の頭で考える子を育てる10のことば
・勉強ができる子の親は子供から教わっている?!

頭がいい子っていろんな定義がありますよね。

成績が良い、勉強ができるだけではなくて、気が利く子、心がしっかりしている子、優しい子なども含みます。

いろんな意味で子供たちにはバランスよく頭のいい子になってほしいものですね。

頭がいい子=自分の頭で考える子として、育てる立場のかかわり方をアドバイスしてくれる良書を最近読みましたのでシェアしたいと思います。

10のことばというマジックワードが出てきます。すぐに実践できますよ。

親の普段の姿勢でおすすめの「子供からの教わり方」もご紹介します。

親が子どもの力を引き出す力を実感していただければ幸いです。

スポンサーリンク

頭がいい子=自分の頭で考える子を育てる10のことば

ご紹介したいのは、石田勝紀さんの【 同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?「自分の頭で考える子」に変わる10のマジックワード 】という本です。

たしかに、同じ学校、同じ塾に通っていても、同じ高校大学に行けるわけではありません。

差があるのが普通です。

でも、優秀なお子さんがどうしているのか、学ぶことにはとても価値がありますよね。

この本の中では、家庭や職場で人を育てるときに、どう声掛けをしたら自分の頭で考える子、人になるのかということを紹介しています。


10のマジックワードを投げかけることで、『 自分の頭で考える力』 を引き上げること

ができるというのです。

詳しくはもちろん本を読んでほしいですが、その10のマジックワードを以下ご紹介します。

「自分の頭で考える子」に変わる10のことば

本の中では、以下の言葉をかけることによって、それぞれの力がつくと紹介されています。

『 自分の頭で考える力』 を引き上げる10のマジックワード
1  「 なぜだろう?」( 原因分析力)
2  「 どう思う?」( 自己表現力)
3  「 どうしたらいい?」( 問題解決力)
4  「 要するに?」( 抽象化思考力)
5  「 たとえば、どういうこと?」( 具体化思考力)
6  「 楽しむには?」( 積極思考力)
7  「 何のため?」( 目的意識力)
8  「 そもそも、 どういうこと?」( 原点回帰力)
9  「 もし ~ どうする( どうなる)?」( 仮説構築力)
10  「 本当だろうか?」( 問題意識力)

親が子どもの話をしっかり聞くことが前提なんですが、さらに掘り下げて広げてあげることが大事だというのがよくわかりますよね。

著者はいきなり全部会話の中に持ち込むのではなく、最初に3つくらいから試してみることをすすめています。

お子さんの話の内容やお子さんの年齢、成熟度に合わせて取り入れていけるといいですよね。

東大生に共通する3つのこと

同じ本の中で、東大生に共通する3つのことも紹介されています。

東大生に共通する3つのこと
1   ボキャブラリーが豊富
2   集中して人の話を聞く
3   自らの意見を必ず語る

子どもの頃の読書習慣の重要性はよく耳にしますが、やはり、

言葉が豊富であることが理解力の基本

になるんだなと感じます。

子どもが集中して話を聞けるようになると、

授業の理解や定着も時間をかけずに深めること

ができますよね。効率よく勉強できます。インプット力がつきます。

大事だなと思ったのは、3つめの自分の意見を語るところで、

インプットしたことについて自分なりにアウトプットする習慣

がついているのがわかりますよね。

言葉も知識も自分のものになっているということです。

自分の習ったことをお友達に教えてあげることがもっとも自分の身につく、

ということをよくききます。

友達との勉強の教えあいっこを授業に取り入れている学校もあります。

それとおなじなんでしょうね。

子どもをできるだけこういう状態に持っていくことを目指すのが、大事だとよくわかりました。

なお、東大生の小学校時代についてはこちらの記事でも書いています。↓

中学受験しないで東大に入った長女の小学校時代の塾なし家庭学習
長女は中学受験しないで、普通の公立中学、公立高校から東大文系に現役で合格しました。小学校時代は塾なしで、いわゆるママ塾でしたが、手探りで一貫性もありませんでした。 中学受験させてやることができないで、将来良い大学に行かせることができるのか…何度も悩みました。 中学以降がんばれるためには、小学校時代に基礎力を付けることがとても大事です。そのために母親ができることはたくさんあると感じます。 私自身は国立大受験の経験もない私大出身の主婦なのですが、できるだけ勉強で困ることのないように育てたいとだけ思っていました。勉強ができると、学校が楽しくなると思うからです。 こんな母親の子供も公立から東大に行く例があるわけなので、中学受験しない、させないからと、難関高校難関大学をめざせないわけではないことをぜひ知ってほしいです。
中受なしで東大に入った長女の小学校時代の生活、習い事、過ごし方
中学受験しないで公立中学公立高校から東大文系に現役合格した娘の小学校時代の勉強以外の生活面や過ごし方についてご紹介したいと思います。 そんなに勉強に凝り固まっていたわけではなく、小学校時代は塾もいかずに割とゆったり過ごさせていました。 そんななかで、いちおうわたしなりに気を付けていたことなどをご紹介してお役に立てばうれしいなと思います。 小学校からトップ校を目指すと思うとつい勉強面に目が行きがちですが、小学校時代は特に、生活面や情緒面で気を付けてあげた方が中学高校と親子関係が楽になることもあると思うのです。
東大に行った子どもの小学生時代の勉強方法の後悔、親の反省点
中学受験しないで公立中学、公立高校に進んだ長女が東大文系にすすみました。塾なしの小学校時代、わたしのひとりよがりの「ママ塾」には後悔がいろいろあります。 中学からかかる塾代を考えると小学校時代はできるだけ塾なしで、でもできるだけ基礎学力をしっかりつけて…と考えて努力されている親御さんは多いと思います。わたしもその一人でした。 中学受験をする子が学ぶ難しい勉強に憧れてまねをするのではなく、難関高校合格を目指して、いまできることをたんたんとやることが実は大事なのだとわかるのに時間がかかりました。 わたしは失敗だらけの母親なんですけれども、それでもしてあげてよかったことはありますので、反省点やよかったことなどを現在小学生の子育て中の親御さんに役立てていただければ嬉しいと思います。 いろいろ反省することがあっても、結果的にうちの子は東大に受かっていますので、試行錯誤しながらも親が子どもをしっかり見て志望する進路を応援することがよい結果につながると知っていただきたいです。
スポンサーリンク

勉強ができる子の親は子供から教わっている?!

先ほどの10のマジックワードを見ていただいてお気づきかと思いますが、

自分の頭で考える子を育てる言葉は、

すべて、子どもに考えさせたことをアウトプットさせるための言葉

なんですよね。

いいかえると、勉強ができる子の親は、常に子供の考えたこと、知っていることを

子供から教えてもらう姿勢があるんだなということがわかります。

子どもが学んだことを親に教えてくれるように頼む

子どもが学校で学んだことを親に教えてくれるように頼むのはとても良い方法です。

全授業をありありと再現してもらうのはさすがに大変ですが(苦笑)、

一番面白かったこと、一番難しかったことなどをピックアップしてきいてみる

のはどうでしょうか。

そのときに、先に挙げた10のマジックワードをうまくつかうといいですね。

上手に説明できれば、よくわかっているということです。うん、お母さんもお父さんも勉強になったよありがとう、といえますね。

うまく言葉が出てこなければ、十分わかってなかったということなので、しっかり復習に取り入れていきましょう。

また、賢い子は授業だけでなく、生活のあらゆる場面から自分に必要なことを吸収していきます。そういう様子もしっかり見守ってあげるようにしましょう。

親は子どもをよく観察して必要なフォローや働きかけを考える

子どもは得意なこと、好きなことは進んでやりますし、嫌なこと、難しいことはしたがりません。大人もそうですけどね。

なので、とにかく親は子供をよく見る、観察するのが大事なんですね。

子どもに合う方法を考える。一般的に小1ならできるよね、ではなくて、目の前のお子さんにできることを考えるということです。

子供さんの得意なこと、好きなことを上手に伸ばしつつ、

嫌なこと、難しいことはスモールステップで、できるだけやることのハードルを下げてあげる工夫をするのがいいんですね。

小1の子に勉強させるのに、タイマーを使って、3分勉強させて5分休憩させるとかの工夫をきいたことがありますが、

たしかに、1分とか3分だけならいやでも勉強できるかもしれませんよね。

なお、スモールステップで勉強できるおすすめの家庭学習についてはこちらの記事でも書いています。↓

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

いきなり“大人になる”ことを期待しない

私も経験ありますが、とにかく

長子、第1子には気づかないうちに親は期待しすぎてしまいます。

そしてなんどもがっかりしてしまう。ひどいときは、できてないことを子供を批難して叱ってしまう。

大人に話すように話しても伝わらないこと多いんですよね。

子どもの目線で理解できる言葉を使い、一緒に汗をかかないとダメなんです。

小学生なんて、まだ地球に来て10年くらいなんです。

やっと言葉や常識が困らない程度に身についてきた程度なんですよね。

おおらかに接してナンボだと思います。

なお、子どもの理解力についてはこちらの記事でも書いています。↓

理解力が低い子供が気になったら認知特性別に理解力を上げる対策を!
小学校低学年の子の保護者「授業や大人の話の理解力が低い子供について悩んでいる。理解力が年齢相応なのかどうか知りたい。理解力が低い原因や改善方法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・ 子どもの理解力が低いと感じたらまず子どもをよく観察 ・ 子どもの認知特性タイプ別理解力上げる対策 ・ 理解力が特に遅い子供?発達障害や学習障害がある場合 わたしには娘が二人いますが、長女については、一人目で初めての育児だったせいもあってか、幼いころはなかなか話が通じなくて悩んだ経験があります。 小学校2年くらいまで、長女は理解力が遅く、勉強が苦手なんだろうなと思っていました。 今になって思うのは、当時子どものタイプに合う情報の伝え方ができていなかったんだなということです。 なので、今回は、子どもをよく観察した上で、子どものタイプに合う情報の伝え方をする対策をわかりやすく解説しようと思います。 対策については、お子さんのタイプ別にすぐに実行できることをご紹介しているので、お子さんの理解力の改善にむけてすぐに1つでも家庭で行動できるはずです。 なお、発達障害の可能性や対処法についても書いています。 理解力が低いお子さんへの親としての接し方、発達障害の有無について悩んでいる方はぜひお読みください。 親が子どもをよく観察して子供に合う発信方法をすることで理解力がアップすることを知っていただければ幸いです。

まとめ:親子の会話が子どもの力を引き出す

親が子どもにうまく質問を投げかけることで、子どもの考える力を養う会話ができます。

子どもは考える子になり、授業を吸収しやすくなり、勉強も効率的にできていきます。

もっというと、授業だけでなく、生活全般からいろんなことを考える人に育っていきます。

親子の会話を大切にしたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました