自主学習できない小学生が早く終わらせる方法は?何をすればいいのか

中受なし勉強法
この記事は約6分で読めます。

小学生の保護者「小学校の宿題で自主学習ノートを毎日2ページやることになっているが、子供本人に任せていてもできない様子。何をすればいいのか毎日早く終わらせる方法を知りたい。」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・自主学習できない場合はまずは学校の指示をよく確認する
・自主学習を早く終わらせる方法はできるだけ習慣化する
・自主学習何をすればいいか、子どもにやることを絞って提案する

自主学習というのを宿題として毎日出している小学校は多いと思います。

小1小2小3の低学年から出している学校もあるし、小4小5小6の高学年ではすごく自学ノートに力を入れている小学校もあります。

1つのノートを自学ノート、自主勉ノートとして、いろんな勉強をしたことを書き込むスタイルが多いようですね。

小学生のお子さんに、ノートを1ページなり、2ページなり、まるまる埋める勉強というのは案外大変なことだと思います。

とくに何を勉強するか、どうやっていくかまでを決めるまで時間がかかってだらだらされるのが親としては困ると思います。

なんでも勉強していいよと言われると困りますよね。

他にもいろいろやることがあって忙しいですよね。

なので、この記事では、さっさと自学ノートの宿題を済ませる方法を考えてみたいと思います。

どうせやるなら先生に褒められてなおかつ早く済ませる方法でやって行きましょう。

スポンサーリンク

自主学習できない場合はまずは学校の指示をよく確認する

自主学習を宿題として出す場合、小学校から学期初めに詳しい指示が出ていると思います。まずは、親子でそれをよく確認するのが大事です。

自主勉だけでなく、その学年の大事なことをいろいろ説明していることが多いので、学年初めの懇談会などは親御さんはできるだけ出ておくといいですね。

やることは自由という割にいろいろ制限があることもあります。市販教材をコピーして貼り付けちゃダメとか。注意しましょう。

自主学習ノートにやることの例としてはこのようなものがあります。

学校で習ったことの復習
・漢字
・算数(計算や図形、文章問題)
・英語(アルファベット単語の練習)

自分の興味のあることについての学習
・理科や社会などの興味のあること調べ
・新出漢字の予習
・英検の勉強
・日記や作文、詩、俳句、短歌などを自作
・教科書や本、新聞の書写
・読書感想文を書く
・市販教材、インターネットなどを利用した学習

今習っているものの漢字練習は、別に漢字練習ノートを作る場合もあるので、自学ノートに含めない場合もあります。よく確認しましょう。

自学ノートは、計算練習なども含めて、きれいな字を書く練習だと思ってとりくむのがおすすめです。まずは、そこが先生に褒められる第一ポイントになると思います。

スポンサーリンク

自主学習を早く終わらせる方法はできるだけ習慣化する

自主学習の宿題を早く終わらせるには、できるだけ習慣化するのが大事です。

学校から帰った後の行動時間割ルーティンのタイムスケジュールをおおまかにでもつくっておきましょう。

あまり頭を使わないで、すぐに手を動かしてできる内容にしておけば、学習時間のウォーミングアップとして時間を有効活用もできます。

【下校後の行動時間割の例】
月水金は下校後おやつを食べたら、すぐに自主学習。そのあと、そのほかの宿題、自宅用の通信教材をやって夕食、テレビ、お風呂。寝るまでの時間はやり残しの学習をするか、自由時間に。

火金は下校後おやつを食べたら習い事。帰宅して、夕食を食べたら、自主学習、そのほかの宿題、自宅用の通信教材。お風呂、就寝。

できるだけさっと始められることが大事なので、

・あらかじめ何をするかを決めておくこと

・最初は手を動かすだけであまり頭を使わなくてもいい内容にしておくこと

がおすすめです。

小学生に効率の良い勉強法は?宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる!
小学生の親「子どもの勉強、宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる。子どもの要領が悪いことに悩んでいる。小学生に向く効率の良い勉強法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生 効率の良い勉強法①宿題はタイマーで集中! ・小学生 効率の良い勉強法②予習→授業→復習→テスト対策のサイクル なんでも丁寧にやることはいいことですが、必要なことを手早く済ませてしまう要領の良さも大事ですよね。拙速もまたよいということです。 勉強に時間がかかりすぎてしまう子はまた、だらだらと引き延ばしていつまでも進めることができないようなタイプの子もいます。 手を付けるのに時間がかかる、というタイプもいますよね。 いずれも、すこし親が手をかけて、勉強のリズムを付けてあげる必要があります。 以下ご紹介しますが、タイマーを使う方法は塾などでもよくやるやり方で、 すごく効果がありますよ。我が家でもよく使います。 また、お子さんの要領が悪いと感じるのには、授業理解に悩みがあるのかもしれません。 以下、効率よく問題を解決していく方法をご紹介します。
小学生の勉強内容とやり方!小学一年生~六年生に親が関わる勉強方法
東大に行った娘がいますが、小学生の初めは勉強させるのにとても苦労しました。 小学生を勉強好きにさせることは難しいのでしょうか? 小学生って家で何を勉強させたらいいのか、案外わからないものですよね。 学校で何を学んでいるかを親が把握することで、その目標に近づくスピードはぐっと増すというのはあるみたいですよ。 最初はふわふわと小学校に通っていた娘が、だんだん自分の口で授業で習ったことをしゃべれるようになるとテストなどでもしっかり点が取れるようになった経験があります。 親が関わって家庭学習をすすめることは中学で上位層に食い込む大事な足掛かりになります。

自主学習何をすればいいか、子どもにやることを絞って提案する

自主学習何をすればいいかですが、おすすめはできるだけやることをルーティン化しておくことです。

手を動かす作業を多めにするのがいいです。ちょっと親の準備が必要です。

理科や社会の調べ学習などをどんどん自分でして行ける子は楽しんでやらせたらいいですが、そういうタイプでない場合は、軌道に乗るまでは親が提案してあげるのがいいと思います。

おすすめは、計算と英語と漢字です。

早く終わらせる自学ノートのネタとやり方

計算問題

ワークやプリントなど教材を用意しておく。学校のワークのやり直しもよい。

まずは、その日にやる分の問題を指示してやり、答えや計算余白をあけながらすべて書き写しさせる。

疲れたら書き写しだけで休憩して、そのあと、実際に計算。計算する余白が足りなくなったら、大きめの付箋を貼り付けてもよい。逆に余白が空きすぎたら気づいたことなどを吹き出しなどで書き込む。

※私の主観ですが、問題を書いて解いて、書いて解いてだとノートにムダがないが、集中力が切れる気がします。その日やる分の問題をまずぜんぶうつしてしまうほうが、ここまでやるんだという区切りがついてやりやすいように思います。

英語

アルファベット、ローマ字の練習。英単語、短い英文と日本語を交互に書くなど。

学校の教材やそのほかのワークプリントなどを用意してその日やる分を親が指示してあげる。

できれば、音読もして、どの音読が難しかったか感想を書き込んだりもよいと思います。

漢字

今習っている漢字は別途ワークやノートで勉強している場合は、小学校の漢字テストの復習(間違った字の練習)や、過去の学年のワークの練習しなおしなどがよいでしょう。

漢字検定の勉強をして漢検チャレンジするのもよいですね。

※どうしてもやらない子ならば、先生にも相談しておゆるしをもらって、問題や字のお手本を親がペンで書き込んでやり、そのあとを子供が書いて埋めるような形にするのも一つの方法だと思います。

とにかく嫌になる前にやってしまう、できるだけ時間をかけない方向でまずは習慣化を目指しましょう。

そのほか、自学ノートについては丁寧に詳しくやる方法はほんとうにたくさんウェブ上に紹介されているので、自主学習に欲が出てきたらいろいろ検索してみるといいと思います。

また、自学用の教材として、自宅学習も兼ねた通信教材を探しているなら、勉強が苦手、きらいなお子さんにはすららがおすすめです。

ドリルや学習まとめをプリントアウトして自学ノートに書き写して学習もできますし、それまでの学習内容のさかのぼり学習や先取り学習もできます。

短時間でも毎日学習習慣をつけたい場合にはぜひ一度無料の資料請求や体験をしてみてください。

すらら 公式サイト
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

まとめ:手を動かす作業多めで短時間に自主学習ノート作り

どうしても自主学習ノートが苦手なお子さんには、親がやることを設定してやり、手を動かすことを中心にできるだけ短時間で終わる方法を考えてあげるのがお勧めです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました