小学生に効率の良い勉強法は?宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる!

中受なし勉強法
この記事は約9分で読めます。

小学生の親「子どもの勉強、宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる。子どもの要領が悪いことに悩んでいる。小学生に向く効率の良い勉強法を知りたい。」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・小学生 効率の良い勉強法①宿題はタイマーで集中!
・小学生 効率の良い勉強法②予習→授業→復習→テスト対策のサイクル

なんでも丁寧にやることはいいことですが、必要なことを手早く済ませてしまう要領の良さも大事ですよね。拙速もまたよいということです。

勉強に時間がかかりすぎてしまう子はまた、だらだらと引き延ばしていつまでも進めることができないようなタイプの子もいます。

手を付けるのに時間がかかる、というタイプもいますよね。

いずれも、すこし親が手をかけて、勉強のリズムを付けてあげる必要があります。

以下ご紹介しますが、タイマーを使う方法は塾などでもよくやるやり方で、

すごく効果がありますよ。我が家でもよく使います。

また、お子さんの要領が悪いと感じるのには、授業理解に悩みがあるのかもしれません。

以下、効率よく問題を解決していく方法をご紹介します。

スポンサーリンク

小学生 効率の良い勉強法①宿題はタイマーで集中!

一番効率の良い方法は学校の休み時間に宿題をしてしまうことなんですが、

お友達との楽しい時間でもあり、

学校で宿題をするのを禁止するところもあるらしいので、

できないことも多いですね。

家庭で宿題をするとき、こういうタイマーを使うと集中できますよ。

タイマーを使った集中する宿題のやり方

家で宿題をやるなら、お子さんの個性や宿題の内容に合わせて、

数分から30分くらいの感覚でタイマーをセットし、時間内に宿題を終わらせる努力をする

というのがおすすめです。

漢字の練習もなれれば早くきれいに書けるようになってきます。

環境も大事です。できれば小学生のうちはリビングなど、

そばに大人がついて静かな環境で勉強させてあげる

のが一番集中しやすいと思います。

算数など、あまりに理解ができていなくて解答が進まない場合は、

答えを見たり親が説いて見せたりして、

まずは終わらせることを大事にしましょう。

宿題が時間がかかりすぎる理由

すらすら宿題などができていない単元は、家庭で別途

無学年制のインターネット通信教育すらら

などで補習する必要があります。

すららはアニメで授業してくれますので、忘れたことも習ってないことも何度でも授業を受けられます。

宿題が時間がかかりすぎるのは、ほかに遊びたいことがあるから、というのもあるでしょうが、

授業の理解が不十分で、宿題をやろうとしたら案外難しく感じるから

ということも多いのではないでしょうか。

わからないといわれたら、すぐにすららで復習できるといいですね。

こういうのをそのままにすると、

宿題に時間がかかりすぎる問題はどんどん深刻化してやらなくなったり

成績も下がったりしますので、


対策が必要です。

先ほどご紹介したすららは、アニメの授業からドリルテストまでセットになっている通信教育で、

習ってないことも忘れてしまったことも学年を超えて先取りさかのぼりできるので、

こういうヌケモレを上手に埋めながら学習を進められます。

スポンサーリンク

小学生 効率の良い勉強法②予習→授業→復習→テスト対策のサイクル

上記の宿題の効率にも関係しますが、

効率の良い勉強法としては、

学校の授業を授業時間内に確実に理解して身に着ける

ということが一番大事です。

勉強時間が短くてもテストや通知表でよい成績をキープできる子は、

たいてい授業時間内でちゃんと理解し、定着までできている子です。

日頃から、
親子の会話で、子どもの話をちゃんときいてやり、
親の話も聞けるようになっている子が、
授業で先生の話を効率的に聞けるし、
積極的に手を挙げて発言できる子

にもなっていきます。

予習→授業→復習→テスト対策のコツは軽くやること

そのうえで、ですが、授業は理解できると、楽しくなってきますので、

少し予習しておくと、授業に楽しく参加できる動機ができます。

予習といっても簡単でいいと思います。

国語だったら、習う範囲の音読や漢字練習、
理科社会英語はやはり教科書の音読、
算数だったら、基礎問題の解き方をざっとみておく、ちょっとやってみる、
程度。

親は音読をきいてあげたり、
音読の代わりになるような先取り学習の通信教材などを使わせてあげます。
先述のすららなどが良いですね。

気の利く先生だとこういうことを宿題に出してくださるので、

わざわざ予習まではしなくていいこともあります。

これをやっておけると授業をしっかりきけると思います。

そのあとの復習は、これもおすすめなのは、

ならったことを親に教えるということ

「今日習ったこと、帰ったらお母さんに教えてね」と予告するのもいいですね。

気になる教科や単元だけでもいいので、

子どもが習ったことを親が教わりましょう。

口頭でいいのです。

ざっくりでいいので習ったことの項目がすらすらいえれば大丈夫。

習った単元のタイトルもあやしければ、より深い復習対策が必要ということになります。

すららと教科書ワークをうまく使うのがお勧め

しっかり復習する場合は、

授業からドリルまでセットになった通信教育すららがお勧め

で、すぐに短時間で復習ができます。

国語など教科書に合わせた内容で普段の復習やテスト対策なら教科書準拠の教科書ワークなどがお勧めです。

(すららの国語は、学校のテスト対策には使えませんが、学力を養うという点では、とてもすぐれています。先取りや復習に最適です)

で、毎日こういう軽い予習、しっかりした授業理解、軽い復習をくりかえしつつ、

テストの前日だけでもできれば数日前からはテスト勉強をすると、よいですね。

すららは小学生の算数は教科書対照表がついているので、すららだけでテスト対策できます。

教科書準拠のテスト本番になるべく近い問題に触れておきたい場合は、教科書ワークがお勧めです。

ただ、前日にだけテスト対策するには教科書ワークはすこし量が多めです。

おすすめは、すべてやろうとしないで、必要なところだけとか、親がヤマを張ってあげたりして、程よい分量で教科書準拠の問題になれておくのに使うのがいいと思います。

もちろんテストが帰ってきたら、まちがったところ、苦手なところはすららで復習すると完璧です。

すららは公式サイトから無料で資料請求やお試し体験ができます。

すらら 公式サイト
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

まとめ:日ごろから話をきちんと聞いて話ができる子に

効率の良い勉強法というのはすぐにはないもので、基本は、日ごろから話をきちんと聞いて話ができる子になっていれば、自然と学習も進んでいくということだと思います。

親子の会話を大事にしたいですね。

そのうえで、タイマーや、家庭教材をうまくつかって、子どもが飽きないように短時間の学習を積み上げていけるといいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました