中学受験しないで東大に入った長女の小学校時代の塾なし家庭学習

中受なし東大合格体験談
この記事は約7分で読めます。

長女は中学受験しないで、普通の公立中学、公立高校から東大文系に現役で合格しました。小学校時代は塾なしで、いわゆるママ塾でしたが、手探りで一貫性もありませんでした。

中学受験させてやることができないで、将来良い大学に行かせることができるのか…何度も悩みました。

中学以降がんばれるためには、小学校時代に基礎力を付けることがとても大事です。そのために母親ができることはたくさんあると感じます。

私自身は国立大受験の経験もない私大出身の主婦なのですが、できるだけ勉強で困ることのないように育てたいとだけ思っていました。勉強ができると、学校が楽しくなると思うからです。

こんな母親の子供も公立から東大に行く例があるわけなので、中学受験しない、させないからと、難関高校難関大学をめざせないわけではないことをぜひ知ってほしいです。

スポンサーリンク

中学受験しない小学生の勉強面でやってよかったこと

娘が塾なしの小学校時代に家で勉強面でしてよかったことは以下のことです。

テストは100点を目指して最後まで書かなければならないと教えた。

できて当たり前の小1の最初の頃のテストが全然できていませんでした。

娘によくよくきくと、テストを受けて書くのが飽きたり、嫌になったら途中でやめてしまっていたことがわかりました。

テストは最後まで書かなくてはいけないということがわかっていなかったのです。

※大人がこれくらいわかるだろうと思うことを子どもは案外わかっていません。それが積み重なるとあとあと痛い目にあいますので、わかっていない前提でなんでも丁寧に教えること、何がわかっていないのか子供をよく観察することはとてもとても重要です。

具体的に本人にどう説いたかはよく覚えていないのですが、繰り返し、テストは100点を目指すためのもので、そのために時間いっぱい最後まで回答する努力をするものだということを教えました。

カチママ
カチママ

こういう大人にとって当たり前のことが子供には当たり前じゃないということをよく思い知った出来事でした。このおかげで、良い意味で子供に期待しすぎるのをやめることができたように思います。

算数の間違いノートを作り、間違った問題を再度解かせた。

ドリルや問題集なども買っていましたが、うまくやらせることができず、低学年のころ宿題以外の家庭学習でうまくいったのは、この間違いノートでした。


テストやプリントで間違った部分をわたしが書き写したり、切り貼りしたりしてもう一度解かせるというのを3年生のころやらせました。○付けはわたしがしました。

やる気がない時は一問でもやったらよしとしました。

これで、間違うとやり直しをする必要があるということが子どもにもわかり、高学年での高得点キープにつながったと思います。

テレビのそばに国語辞典と地図帳を置いておき、テレビを見ながらすぐに調べられるようにした。

これはありがちかもですが、実行していました。

新聞やテレビでわからない言葉が出てきて、子供に意味を聞かれると、辞書や地図帳で調べて見せました。

時間があれば、子供自身に調べさせることもよくしました。

いまは、つい電子辞書やスマホに頼りますが、わからないことをすぐ調べる子になりましたので、よかったと思います。

新聞(地方紙です)をとり、テレビ欄や四コマ漫画、間違い探しのクイズなどから一緒に見て興味を持たせた。

新聞は夫の仕事の都合でどうしても必要で取っていますが、保育園の頃から、間違い探しやクロスワード、テレビ欄や四コマ漫画などは時間のある時によく一緒に楽しんでいました。

大きくなるにつれて、一面記事やコラム、書評や、広告などにも興味を持つようになり、行儀が悪いですが、ご飯を食べながら新聞を読む子になりました。

英検を5級と4級を自宅学習のみで取らせた。

これは小5小6のころですが、英検の5級と4級を自宅学習でとりました。

やり方としては、1週間くらいでできるテキストにすべて答えを書き込んでしまい、親子でなんども音読するという方法です。

ある程度しっかり読めるようになったら、過去問をやらせて、合格点になるまで、テキストと過去問をいったりきたりしました。

中学に向けて英語に慣れていてほしいということと、テスト勉強をして、慣れない会場でテストを受けるということを多少経験してほしかったという理由で英検にはチャレンジしました。

本当は3級くらいまで取れると中学でもうすこし英語が得意だったかなと思いますし、もっというと、お母ちゃんの発音ではなくて、ネイティブの発音で学習できていたらもっとよかったのにとは思います。

NHKラジオの基礎英語もよかったです。基礎英語1の8月号だけ繰り返しCDを聴いて本読みをさせると、自然に基礎が身についてそのあとの勉強もしやすかったです。

教科書ワーク(文理)でテスト勉強させた。○付けは親がした。

教科書ワーク低学年の頃も買っていましたが、実際役に立ち始めたのは小4くらいからだと思います。

カチママ
カチママ

学校の先生に面談の時などに「テストがある時は、親子でテスト勉強したいので、前日でもいいからできるだけ予告してください」と毎年頼んでいました。これよかったです!


そして、教科書やノートプリントなどをざっとみて、テスト範囲の教科書ワークをやり、親が○付けをしてやるというのをテスト勉強としてやっていました。

ちゃんと計画的にすべてやったわけではないので、1年間で実際には半分程度しかやれていないものが多かったですが、テストの前にはテスト勉強をする、という習慣と意識づけだけはできたと思います。

※いまなら

 無学年制のインターネット通信教育すらら

といったよい通信教育もあるので、間違いノートの切り貼りや○付けなどの親の手間暇もだいぶ軽減できると思います。

低学年の頃は4Bの高級鉛筆(ハイユニ)でひらがなや漢字の書き取りをさせた。

書道の先生に教えていただいたのですが、小さな子は筆圧が弱かったり、うまく鉛筆で書けなかったりするので、4Bなどのやわらかい鉛筆で字の練習をさせるとうまくいくことがあるそうです。

実際わが子もそうでした。

にくたらしいことに、同じ4Bでも安物の鉛筆では書きたがらず、ハイユニなどの上質な鉛筆だとよろこんで長い時間練習ができたりしました。

小3以降になるとだんだん硬めの鉛筆を好むようになりましたが、低学年の頃は柔らかい鉛筆でよかったです。

書道の先生との相性も良かったのか、字のきれいな子になりました。

音読の宿題は、しっかりきいてやり、言葉の意味や漢字の読みができているか確認した。

小学校の間は本当に音読の宿題から逃れられないのですが、ちゃんと読めていると言葉の意味や漢字の読みができている確認ができるので、大切だと思っていました。

イントネーションがおかしかったり読み間違ったりするのは理解できていない証拠なので、そこは注意して直させます。

あとは、親が聞くのも飽きてくるので、わたしは自分に言い聞かせることにしていました。

カチママ
カチママ

「いま、この音読で、この瞬間、美しい日本語がわが子に沁み込んでいくのだ」と。今が子どもにとって大事な時間だと意識するようにしたのです。

学校の国語の教科書は選び抜かれた名作が教材になっています。覚えるほど読み込んで得になることはあり、損することはありません。国語の点数にも直結しますが、生涯の国語力にはそれ以上の効果があると信じます。

小説家志望の人が、憧れの小説作品を自分の手で丸写しして文章修行するという例をいくつか聞いたことがあります。

まねることは学ぶことといいますが、小学校時代の音読には目に見えない力があると思います。

なお、子どもの小学生時代の勉強法や育児には反省点もあります。

以下の記事で書いています。↓

まとめ:一を聞いて十を知る子はあまりいない

特に第一子は期待しないつもりでも、過剰に期待してしまうことが多いと思います。

まずはできないことがとても多いと受け入れて、良い意味で諦めを持つと楽です。

本当に子供は何も知らないので、なんでも一から丁寧に教えてあげないといけないのです。

小さいころにそうやって手をかけておくと、だんだん自分で学ぶ力もついてきます。

そして、逆に子どもをよく観察することで、何をしてあげたらいいのかがだんだんわかってくるという面もあります。子供自身の行動が、親に子育てを教えてくれるかのように。

中学受験なしで難関大学を目指す小学生が選んだ通信教育はコレ!↓

無学年制のインターネット通信教育すらら
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
中受なしで東大に入った長女の小学校時代の生活、習い事、過ごし方
中学受験しないで公立中学公立高校から東大文系に現役合格した娘の小学校時代の勉強以外の生活面や過ごし方についてご紹介したいと思います。 そんなに勉強に凝り固まっていたわけではなく、小学校時代は塾もいかずに割とゆったり過ごさせていました。 そんななかで、いちおうわたしなりに気を付けていたことなどをご紹介してお役に立てばうれしいなと思います。 小学校からトップ校を目指すと思うとつい勉強面に目が行きがちですが、小学校時代は特に、生活面や情緒面で気を付けてあげた方が中学高校と親子関係が楽になることもあると思うのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました