小学生の英検は何級を受ける?英検5級と4級を自宅で対策した方法

小学生の勉強
この記事は約10分で読めます。

英検は3級とか準2級、2級などをとらないと高校受験、大学受験で役に立たないようなイメージがあるかもですね。

英検5級4級には何の意味があるのでしょうか?小学生なら何級を受ければいいのか?

わたしは、特に小中学生ならば、英検は何級でもよくて、資格試験に挑戦し、一定期間それに向けて対策するという経験をさせてやれるということが値打ちがあると思っています。

私は娘二人に小学生時代に英検5級4級を自宅対策で合格させた経験があります。
英検の値打ちや自宅での対策法をご紹介します。

スポンサーリンク

小学生は英検何級から?何級までとるのがよいのか?

小学生に英検が意味があるのかというと、わたしはあると思います。

何級がいいのかを悩むこともあると思いますが、私の考えでは何級でもいいです。

小学生で英検をめざすような意識の高いご家庭のお子さんの場合、英検の5級や4級には資格としてはあまり意味はないでしょう。

ではどんな意味があるでしょうか?

英語検定に小学生がチャレンジする価値

わたしは小学生の英語検定チャレンジには以下の意味、値打ちがあると思います。

  • お子さんの英検への興味関心を高める意識づけの入り口になるということ。
  • 英語を学ぶモチベーションになるということ。
  • 家庭でも自分の学校でもない場所で公的な試験を受けるという受験慣れの機会になるということ。
  • 資格試験のために勉強して資格取得を目指すという経験ができること。

以上のことは、メリットとしてあると思います。

小学生の英検は何級でもOK!5級4級でも十分

受験級は、現時点のお子さんのレベルに合うような級であれば、何級からでも何級まででもいいと思います。

無理はしない方がいいです。無理すると英語嫌いになるので…。

まっさらの状態から多少勉強して初めて受けるなら5級からがいいですし、中1レベルの文章やテキストに多少触れているなら4級からくらいが目安になるかなと思います。

小学校の間に英検5級、4級くらいをとっておけば、中学の勉強スタートに当たって、多少自信をもって前向きに取り組めるかと思います。

うちの子は、上の子は小学生時代に4級、下の子は5級だけ取りましたが、中学での勉強スタートに困らない程度に思っていましたのでそんなに問題ありませんでした。高校、大学にも志望校に進めております。

カチママ
カチママ

もちろん欲を言えば、小学生の間に3級以上とれていると、より自信もできると思うので、しっかり取り組めるならそれに越したことはないと思います。実際うちの子たちは大学生高校生の今、英語が得意とは言いかねるので…(苦笑)。

英検を受け始めるのは小学校高学年5-6年生くらいからだと無理がないかなと思います。受験番号などの必要事項記入の指示に従うことも自力でできると思うからです。

より低学年の場合は、受験指示にしたがって必要事項を記入する練習や、もしくは、受験会場に保護者がつきそって、代わりに書いてあげるなどの配慮をすれば大丈夫だと思います。

スポンサーリンク

英検5級4級の対策!自宅で小学生向け親子学習

我が家で、娘たちが小学生の時に、英検5級と4級を自宅で対策した方法をご紹介します。数年前の話なので、今の英検とはちょっと違う部分もありますが、基本は同じだと思うので、参考になれば幸いです。

いまの英検も5級、4級は筆記とリスニングで娘たちが受験したときと同じです。

違う点は、希望者にはスピーキングテストがあるということ。

娘たちの受験したときは、このスピーキングテストがありませんでした。この受験を希望する場合はすこし別の対策が必要と思います。

※スピーキングテストについてはここでは書きませんのでご了承下さい。

英検5級4級の勉強の仕方!小学生向け導入部は基礎英語

以下、5級、4級の筆記とリスニング対策についてご紹介します。

まず、うちの子たちは、幼少の頃より、一切英語をやっていませんでした。

小3小4ごろより、基礎英語をきいたりやめたりしていた程度…。

カチママ
カチママ

英検を意識して最初にやったのは、過去の基礎英語1の8月号のテキストCDを引っ張り出して、このひと月分だけくりかえし聞いて親子で一緒に音読したことでした。

いまもそうなんですが、基礎英語って8月号で最初の4か月分の重要ポイントをおさらいするんですね。だからとってもお得なんです。1か月だけ基礎英語をやるなら8月号!おすすめします。

特に基礎英語1の8月号は最初のアルファベットからほんとに初歩のさわりの部分を耳からも目からも学習できて、英検5級の手ほどきとしてはとてもよかったとわたしは思います。

CDつきテキストが私は使いやすかったです。

英検おすすめ問題集は見開きで問題と答え・解説があるタイプ

基礎英語をある程度やったあとは、薄い英検の問題集。どの級でもわたしは見開きで問題と答え・解説が載っているものがおすすめ。

わたしが実際に使ったテキストはいまは古本しかないのでご紹介できないのですが、いまだったら、わたしなら例えばこういうテキストを使います。

で、こういうのは左に問題、右に解答解説なんですが、筆記試験対策の部分については、おすすめなのは、穴埋め問題に答えを書き込んでしまうんです。記号でなくて単語で。

で、英文を完成させて、英文と日本語訳を交互に繰り返し音読していきます。子供はもちろん読めないので、ここは親がお手本を読んでやり、子供にリピートさせる。

1日に何ページとか計画的にやればいいのですが、わたしはいい加減なので、毎日1文でも英語を読めたらOK。

カチママ
カチママ

調子が良ければいっぱい読もうという感じで適当にすすめました…

なんでこういうやり方かというと、いきなり問題を解かせても知らないことばかりで子どもが嫌になってしまうからです。できない前提で、覚えるつもりでひたすら文章として音読するのが結局はおすすめです。

こういうやり方なので、薄い問題集でも、1-2か月かかってしまうのですが…。でも英検は受かりますよ。

リスニング問題は英文は日本語訳と交互に音読させるのは同じ。練習問題については、音読してからあとでCDを聞いて問題を解かせます。

あとは、直前の過去問。半月前くらいから3回分もやれば十分だと思います。

以上です。5級も4級も同じ流れですね。6割くらい正解で合格だったと思います。

長女は中学で英検3級、準2級まで同じやり方の自宅学習でとれましたので、以上のやり方は英検は取れる方法といえます。

今なら英検対策は通信教育をネイティブの発音で学べる!

英検に挑戦することをきっかけに小学生時代にすこしだけでも英語を自宅学習するという経験ができましたので、うちの娘たちにはよかったです。

ただし、上記のわたしのやり方は、お母ちゃんのテキトー発音を子どもが覚えてしまう弊害があります…。

カチママ
カチママ

あと、当然ですが、勉強につきあうお母ちゃんがめっちゃ大変です(涙)。

なおかつ、娘たちは英語が中学高校で困らない程度にはなりましたが、英語を好きになったり、すごく得意になったりはしなかったので、そのためにはもっといい方法や特別な努力は必要なんだろうとは思います。

いまはネイティブの発音で学べるいい通信教育があって、英語に関してもちょっと気になっているものがあります。いま、娘たちが小学生だったら使わせていたらよかったかもなあ、と思うのです。それについては別のページでご紹介したいと思います。

参考記事はこちらです。↓

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

まとめ:小学生英検は何級を受けても値打ちがある!

経験値を増やすということで、英検チャレンジは小学生にも大きな意味があると思います。何級からでも何級まででもやらないよりはやったほうがいい。

小学生の英検は、自宅で市販教材を使っても対策できるが、ネイティブの発音でしっかり学んだりしづらく、勉強につきあう親の負担も大きい。

いまならインタラクティブな通信講座を利用するのもおすすめ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました