公立トップ高校を目指す小学生に塾は必要か 高校受験の英語いつから

小学生の勉強
この記事は約4分で読めます。
a0002_004820

長女は地元で公立トップ校と呼ばれる高校に通いました。

公立小、公立中からの高校受験でした。

小学校高学年になると、中学受験をしない場合で、成績のよい子の親御さんは、高校受験に目を向けることが多いと思います。

我が家のケースをご紹介しますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

公立トップ高校を目指す小学生の勉強方法

高1の長女が塾に行きはじめたのは、中1入学前、小6の3月からでした。

それまでは家庭学習のみです。通信教育もしていません。

それも特別なことをしていたわけではなく、家では宿題に加えて、時間があるときに教科書ワークをやる程度で、毎年、教科書ワークも半分くらいしかやっていなかったです。

テストはほとんど100点でしたが、たまに間違いがあった時は、よくみて、復習させたり、教科書ワークで理解を補ったりしました。

教科書ワークをさせるときは親の私が丸付けをしてやりました。

それで、ほぼオール5に近い成績をとれていたので、塾の必要をまったく感じていませんでした。

学校の授業とテストを大切にして、学校の先生には毎年、テストの予告をできる限りしてくださるようにお願いしてきました。

形だけでもテスト勉強をさせるという習慣を身に付けさせました。

そして、できるだけ常に100点をとるということだけ、意識させていました。

小学生の勉強内容とやり方!小学一年生~六年生に親が関わる勉強方法
東大に行った娘がいますが、小学生の初めは勉強させるのにとても苦労しました。 小学生を勉強好きにさせることは難しいのでしょうか? 小学生って家で何を勉強させたらいいのか、案外わからないものですよね。 学校で何を学んでいるかを親が把握することで、その目標に近づくスピードはぐっと増すというのはあるみたいですよ。 最初はふわふわと小学校に通っていた娘が、だんだん自分の口で授業で習ったことをしゃべれるようになるとテストなどでもしっかり点が取れるようになった経験があります。 親が関わって家庭学習をすすめることは中学で上位層に食い込む大事な足掛かりになります。
小学生の英検は何級を受ける?英検5級と4級を自宅で対策した方法
英検は3級とか準2級、2級などをとらないと高校受験、大学受験で役に立たないようなイメージがあるかもですね。 英検5級4級には何の意味があるのでしょうか?小学生なら何級を受ければいいのか? わたしは、特に小中学生ならば、英検は何級でもよくて、資格試験に挑戦し、一定期間それに向けて対策するという経験をさせてやれるということが値打ちがあると思っています。 私は娘二人に小学生時代に英検5級4級を自宅対策で合格させた経験があります。 英検の値打ちや自宅での対策法をご紹介します。

公立トップ高校受験なら小学生から塾が必要?

うちは新聞をとっていますので、よくチラシが入ります。

いくつかの大手進学塾が、公立トップ高校を目指す小学生のためのコースを開き、よくチラシで勧誘しています。

公立トップ高校受験なら小学生から塾が必要なのかなと思う保護者さんも少なくないと思います。

正直わたしも子供が高学年のころはずっと悩んでいました。

お子さんのタイプにもよると思います。

うちの長女や同じ塾の周囲の同級生をみていると、小学生から高校受験を意識して大手塾に通っていたお子さんもいれば、中2、中3になって初めて塾に来たお子さんもいました。

もちろん、小学生から塾に通ってトップ校に入られた方もいます。

でも、小学生から塾に通っていてもトップ校に届かなかったお子さんも多かったですし、中2、中3から塾に入ってきても、トップ校に入るお子さんはいました。

公立トップ高校を目指すレベルのお子さんは、小学校の間は塾なしでも困らないのではないかと思いますが、大学受験で、中学受験組といっしょに受験を迎えることを考えると、小学生のうちからレベルの高い学習にふれさせるという意味では、塾通いもよいのかもしれないと思います。

ただ、早くから塾通いして息切れしてしまっても困るので、本当にお子さんのタイプと塾の方針が合うかどうかで、ご家庭ごとにタイミングをみて塾を利用するのがいいのではないかと思います。

もちろん、塾なしで、公立トップ高校に合格される方もいるので、そのまま塾なしというのもありえると思います。

ただ、独自問題を出す公立トップ高校の場合は、多くの場合、進学実績のある塾を利用する方が多いとはいえると思います。

うちの子の場合は中学入学時からのタイミングでちょうどよかったと思います。


スポンサーリンク

高校受験のために小学生から英語は勉強する?

高校受験のため、というほどではありませんが、うちの長女も次女も、小学生から英検にはチャレンジさせています。

長女は小6で英検4級までは合格しています(のちに中学で準2級を合格しました)。

英検対策は、市販教材を使い、繰り返し一緒に音読して自宅でわたしが教えました。英語教室や英会話は一切経験がありません。

小学生のうちに少し英語をやっておくことで本人に自信をつけ、中学から本格的に習う英語に抵抗を無くしておくというのがねらいでした。

実際、すこしやっていたおかげで、中1の最初から、英語に苦手意識を持たずに、スムーズに学習に取り組むことができたのでよかったです。

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

公立トップ高校 小学生のまとめ

公立トップ高校を目指す小学生の勉強方法は、学校の授業とテストを大切にして、できるだけ常に100点をとるということだけ、意識させるのがおすすめ。
塾に行きはじめるタイミングは子どもさんのタイプによっても異なると思われる。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク