全国統一小学生テスト四谷大塚を受ける意味とは?無料なので受けないと損?

中受なし勉強法
この記事は約3分で読めます。

小学生の子供が全国でどれくらいの学力かを知る方法があります。

小学生で成績の良い子がいる親が、ちょっと気になる、あれです。

全国統一小学生テスト!無料で受験できます。でも気軽に受けていいものでしょうか?

結論から言うと受ける前に受けたあとのことをよく考えておいた方がいいと思います。子供にも親にも影響を与えるものだからです。

わたしも検討しましたが、子供には受験させませんでした。

不要な刺激を子どもに与えないことで、素直に公立での学習を進められたと思います。

スポンサーリンク

全国統一小学生テストは難しいレベルも含む

基本的には、全国統一小学生テストは中学受験の入り口だと思っています。

中学受験を考えているなら子供の実力チェックと受験勉強のきっかけづくりにはよいでしょうね。塾の見学も兼ねて利用するといいでしょう。

自宅や塾ですこしハイレベルの学習をしていて、定期的な学力チェック、力試しをしたい人もいますね、割り切ってそういう利用の仕方をするのもよいでしょう。

ただ、普通に塾なしで小学校の勉強や教科書準拠の市販教材、通信教材などをしている子どもにとってはかなり難しい内容も含んでいる様子です。

カチママ
カチママ

特に中学受験を考えていない場合には必要ないかなと私は判断しました。

勉強に興味を持つきっかけになるか、勉強に自信を失って興味を持てなくなってしまうか、子供のタイプによると思います。

受けた後をどうするかよく考えて利用するのがよいテストだと感じています。

スポンサーリンク

無料の小学生テストは受けないと損?

全国統一小学生テストは無料だから受けないと損かと考える親御さんもいるかもしれませんね。

中学受験を考えている場合と、ハイレベルの家庭学習をしていて力試しを親子で楽しみたい場合は、受けないと損かもしれません。

ただ、普通に小学校で100点をとれているのなら、特に学力の順位などを競う意味もないので不要かなとわたしは思っています。

自分の中の習熟度を高めて、いつも学校のテストで100点をキープすることに意識を使う方が結局は中学での伸びにつながると実感しています。

不用意に難しいテストを受けて、下手に低い点数や順位を取ったりすると勉強に興味を失ったりする弊害もあるかもなので、全く対策なしで試しに受けてみるというのは、ちょっと考えた方がいいのではないかとわたしは思いました。

親が中学受験を考えてないのに、進学塾で試験を受けたことで刺激になって、子供が中学受験を考え始めるきっかけになる可能性もあります。

高額な塾通いや私学の学費が経済的に無理な場合などはあきらめさせる手間も発生し、お互い傷つくことになりかねないと思うのです。

あとあとのことも考えて、このテストは利用するのがいいと思っています。

まとめ:親にも子供にも刺激を与えるテストと理解する

子どもが全国で何位くらいの実力か、ちょっと知ってみたい親心はあると思います。

でも、小学生だと習っていることにばらつきもあるので、正確に測れるテストはないと思うのです。

全国統一小学生テストは、あくまで、子供によい刺激を与えたいときにうまく使うテストと思うのが無難かなと思います。

タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
中学受験しない場合の自宅学習!高校受験に向けて小学生のうちにしておくこと
中学受験しない小学生の保護者「中学受験しない場合の自宅学習、勉強方法はどうする?高校受験に向けて小学生のうちにしておくことは?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない子の家庭学習!高校受験で小学生のうちにしておくこと ・東大生が小学生時代に身に着けて高校受験で役に立ったこと ・【番外編】小学生時代やっておいてよかったこと勉強以外 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 うちの長女は中受しないで、公立小、公立中、公立高校から東京大学文系にすすみました。 通っていた地元の公立小学校にはきっちり基礎学力を鍛えてもらったので、とても感謝しているといいます。 今となって思うのは、 小学校をうまく活用して中学でしっかり学べるベースをつくったのがよかった ということです。 そこで、今回は、中学受験をしない小学生が、高校受験に向けてやっておくといい家庭学習、勉強方法のポイントや、中受しなかった東大生が小学生時代にやっておいてよかったことについて知っていただこうと思います。 本当に小学校時代に学力の基礎をしっかり作っておくことが、公立中学からの高校受験、大学受験に大きく影響していくことを実感できるはずです。 また、小学校の間は塾なしでも十分に難関高校にチャレンジできる力がつく最新の通信教育についても知っていただければ幸いです。
スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました