中学受験しないで公立中学から東大や医学部へ!小学生からの受験対策5選

小学生の勉強
この記事は約6分で読めます。

東大京大や国立大医学部などの難関大学進学されるお子さんの小学生時代とは?

中学受験をされていない場合には、時間の余裕を生かして、私の知る範囲では、案外のびのび子供らしい過ごし方をしているんですよ!

どうしたらそういうお子さんに近づけるかなって考える親御さん、たくさんいらっしゃいますよね?わたしもそうでした。

案外シンプルに子どもをよく見て喜ばせる努力をするのが大事なのかなって最近よく思います。それが結局大学受験につながるんです。

子どもにいろいろ教えてもらっていままで子育てしてきた私ですが、自分なりに進路を考えられる子供たちに育ってきてうれしく思っています。

子育ての中で結局大学受験にすごく役立ったなと思う要素をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東大生の小学生時代に親がしたことで受験にも役立ったこと5選

娘の東大受験を経験したことで、わたしにわかったのは、いままでやってきたことの中で、案外意外なことが受験対策になっているなということです。

家族旅行、レジャー、講演会、読書、芸術鑑賞、スポーツ、アウトドア経験もよいし、習い事、日常の楽しみ、生活習慣、さまざまな人間関係などを大切に暮らすことが大事だなと思います。

親子関係が良好なことも重要です。

それがモチベーションになって、ハードな受験勉強を乗り切る力を与えるとわたしは実感しています。

カチママ
カチママ

小学生時代に見聞きした経験が、心の強さや感受性といった面で、高校での進路選択に大きく影響することがある!

子どもがのびのび過ごせる家族!親子きょうだい関係良好に

一概には言えないですが、私の知っている範囲では東大京大などに進まれているお子さんのご家庭の多くはしっかりしていて円満なイメージです。

家庭の雰囲気が悪ければ安心して勉強もできないですよね。

わたしもどこまでできていたかわかりませんが、夫婦関係、親子関係をできるだけ穏やかに楽しく過ごせるように気を付けていたつもりです。

親がわが子を兄弟やともだちと比べないこと(口に出さないこと!)もとても重要。

子どもをひとりの人格として顔を立ててあげる、顔をつぶさないことが大事だとも思います。

相手が大人だとしたら言わないようなことは子どもにも言いません。これ案外難しいんですが…。

注意したいことがあれば、大人に言うように冷静に問題点を指摘したり、改善をお願いしたりします。そのほうが特に反抗期などは通じやすいです。

また、当たり前ですが、生活習慣や食事健康管理大切にするのも本当に欠かせないことです。

旅行やレジャーを子育てで重視!心豊かに過ごせる時間を大事に

1-2度の経験でも深い印象に残る思い出になることもあります。

無理をしなくてもいいけれど親もチャレンジ精神をもって親子でいろいろ楽しむ経験は大事なんです。精神的経済的余裕がある状態ともいえますね。

わたしや夫はちっともアウトドアやウィンタースポーツに縁がありませんが、それでもキャンプやスキーに連れて行ったのはよい思い出です。

雪遊びをしたいという子供たちの願いを頑張ってかなえてみたんですね。くたくたになりましたがよろこんでくれました。

そのほかには、ありきたりですが…

我が家のお出かけ体験の例
  • 帰省や観光旅行
  • 海水浴、プール、ボーリング
  • 美術館、博物館、水族館
  • 映画、観劇
  • 寺社や歴史的なスポットの拝観
  • 陶芸体験、テーマパークなど。

家族で海外は行けなかったですが、できる範囲でいろいろな経験をさせるようにはしてきました。

お正月、誕生日やクリスマス、七夕や節分ひな祭りなど家族イベントなども大切にして、子供時代をしっかり心豊かに過ごさせる気持ちを親が持っていることがおすすめです。

感じる心をしっかり育てることで、将来の進路選択にも強い心を持つことができると感じています。

東大生が小学生時代に読んでいた本は量が大事だった!

子どもたちが小学生時代に読んでいた本、実はほとんど覚えていません。

いろいろ買い与えましたし、図書館も随分利用しましたが、とにかくいろいろ次々手にしていたなとぼんやり思い出す程度。量はたっぷり、ジャンルはいろいろ。

赤毛のアンシリーズは読んでいましたが、大草原の小さな家シリーズは読んでくれなかったなあ…。

東大に行った長女も小学生時代にそんなに賢そうな本や難しそうな本を読んでいた印象もないのです。本や新聞は読んでいたとは思います。

ただ、長女の場合は言語学などにのちに興味を持ちましたので、なんでも興味のあるものは読ませておくのが大事だなと思います。

東大生が習っていた習い事!五感、全身をしっかり使うもの

東大生や京大生が子どものころ習っていた習い事でよく耳にするのは、水泳、ピアノ、バイオリン、くもんです。

うちの子たちはピアノや合唱をしていました。

音楽って全身を使ってするものなので、結局は脳をしっかり育てるのに役立つんじゃないかとわたしは信じています。

わたしの知る頭のいい人の多くは子供時代なにかしら音楽をやっているのでおすすめですよ。

スポーツもそうですね。水泳などは体力もついて良さそうです。

くもんは経験ないのでよくわからないのですが、基礎学力をつくり、脳をしっかり使う訓練になるのかなと想像しています。

東大生が小学生の頃の勉強法!先取りよりも基礎をしっかりと

我が家の場合は小学生時代は塾なしで、学校の授業やテストを大事にしていました

算数など基礎を重視して、間違った問題を見直すことはしていたのが、よかったと思います。先取りと基礎なら、基礎の方が大切と思います。

基礎学力と、ある程度の学習習慣作りはできたかなという感じです。特別難しいことはしていません。

学校を大事にする、基礎を徹底するという姿勢を持っていたことは中学や高校、大学でもとても役に立つ姿勢だと思っています。

よろしければこれについては、こちらの記事を参考にしていただければと思います。↓

小学生から目指す地方公立トップ高校の受験勉強法!通信教育のメリットは?
中学受験しない小学生の保護者「公立中学から公立トップ高校の受験を考え中。中学から塾に行かせる予定。小学校の間の家庭学習方法を知りたい。おすすめの通信教育や市販教材は?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・公立トップ高校合格までの実行項目と成績の目安 ・公立トップ高校に合格した小学生の家庭学習・勉強方法 ・中受しないで公立トップ高校めざす小学生に通信教育のメリット わたしの娘二人は、同じ地方公立トップ高校に進みました。次女は在学中で、長女は東京大学文系に進学しています。 難関私立高校や公立トップ校クラスになると、小学生から高校受験は始まっていると思っていいと思います そこで、今回は、小学校時代塾に行かずに、公立中学から公立トップ高校に進むための流れや実行項目、おすすめ教材などをご紹介しようと思います。 小学校時代塾なしでも、子どもを公立トップ高校に合格させることが可能であることを実感していただけると思います。 小学校の間の家庭学習方法や通信教育、市販教材などをいろいろと探していらっしゃる親御さんはぜひお読みください。 最近ではよいオンライン通信教育があることも知っていただければ幸いです。

また、本当は興味のあることや英語をある程度先取り学習できるとよかったのだと思いますが…そこはできなくて残念だったんですけれども。

いまなら

 無学年制のインターネット通信教育すらら

で先取りもさかのぼり学習もできて便利ですね。基礎がしっかり身につくと思います。

できなくて残念だったことについてはこちらでまとめていますので、よろしければ参考にしていただけるとうれしいです。↓

まとめ:目標が高いほど、子ども時代に心と体をしっかり育てることが重要

目先の成績にとらわれずに、できなかったときは、どうしたらできるようになるのか親子でよい方法を探していく姿勢で、いつも子供によりそってあげることが、実は最大の受験対策なのかもしれないと思います。

目標が高いお子さんほど、子供時代に大事にされて、安心してしっかり子供らしく過ごすことが大切です。それが大きくなって、進路選択をし受験勉強をしていく心の強さにつながっていくと痛感しています。

東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました