リビング学習で散らかるのを防止!文房具収納に必要なものは?

中受なし勉強法
この記事は約12分で読めます。

小学生の保護者「子供にリビング学習させているが散らかるのが困る。文房具の収納など便利なグッズは?」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・リビング学習で散らかるのを防止する文房具収納アイデア

子どもに宿題や家庭学習をさせて親が見守りしようとすると、自然とリビング学習になるご家庭も多いと思います。

学習に必要な文房具など勉強グッズが置きっぱなしになったりして散らかる

のが悩みになりがちですよね。

この記事では、最近注目の文房具収納アイデアをご紹介します。

使いやすく、しまいやすくなりますよ!

ご家庭に合ったグッズをうまく使うことで、より快適で効果のあるリビング学習を実現させることができます!

スポンサーリンク

リビング学習で散らかるのを防止する文房具収納アイデア

小学生の子供が家庭で勉強しようと思うと、案外こまごまといろいろなものが必要になりますよね。

鉛筆、赤ボールペン、定規、コンパス、付箋、クリップ、はさみ、のり、色鉛筆、蛍光ペン、鉛筆削り、タイマーなどなど…

筆箱に入りきらないものは、自然とリビングに集まってきてしまいます。

プラス、勉強に必要なテキストノート類、タブレットやノートパソコンにコードやイヤホン…。

そういうものをうまく収納して、子供部屋とリビングを行き来しやすいグッズをご紹介します。

なお、リビング学習で使う仕切りなどについてはこちらで書いています。↓

持ち運び出来る文房具・勉強道具収納ボックス

ライクイット (like-it) 収納ケース オーガナイザー スリム A4 縦型


ソニック 収納ボックス リビガク ぐるっと開く勉強バッグ


リヒトラブ ALTNA ツールバッグ

以上の3点は、持ち運び出来る文房具・勉強道具入れです。

収納できるものはさまざまですが、文房具をしっかり収納できるタイプや、テキストやノートパソコンまで入るタイプまであります。

すぐ使えて、すぐしまえるのが、散らからないコツですね。

お子さんの使うものに合わせて選ぶことができます。

子供さんも喜んで片付けてくれるようになります。

使う場所としまう場所をしっかり決めておくのがポイントです。

しまいやすい場所を確保しておくのをお忘れなく。

スポンサーリンク

室内で移動できるざっくり収納アイデア

アイリスプラザ キッチンワゴン 調味料ラック バスケットラック

こちらは、かなりざっくり収納したい親子さんにおすすめの収納用品

キッチンワゴンですが、勉強道具入れにもぴったりです。

室内で簡単に移動できるので、使わないときは邪魔にならないように置いておけます。

勉強に必要なものはなんでも放り込んでおけるので気が楽ですよね。

洗濯かご

こちらは、ハイ、洗濯かごです。さらにおおざっぱに片づけたい人向き。

ざっくりしたかごなので、細かい文房具を入れるのには向きませんが、かごの目から落ちない大きさのものは何でも入れておけます。

かごの目が開いてないものもありますね。これもおしゃれでべんりそうです。

子供用にリビングに一つ、子供部屋に二つくらいおいておいて、なんでも放り込んでおけば簡単に片付きます。

ものを探すのに手間取るのがちょっと玉に瑕ではありますが…。

決まった場所にものを戻すのがなかなかできない親子さんには向いていると思います。

なお、小学生の勉強方法についてはこちらの記事でも書いています。↓

小学生に効率の良い勉強法は?宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる!
小学生の親「子どもの勉強、宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる。子どもの要領が悪いことに悩んでいる。小学生に向く効率の良い勉強法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生 効率の良い勉強法①宿題はタイマーで集中! ・小学生 効率の良い勉強法②予習→授業→復習→テスト対策のサイクル なんでも丁寧にやることはいいことですが、必要なことを手早く済ませてしまう要領の良さも大事ですよね。拙速もまたよいということです。 勉強に時間がかかりすぎてしまう子はまた、だらだらと引き延ばしていつまでも進めることができないようなタイプの子もいます。 手を付けるのに時間がかかる、というタイプもいますよね。 いずれも、すこし親が手をかけて、勉強のリズムを付けてあげる必要があります。 以下ご紹介しますが、タイマーを使う方法は塾などでもよくやるやり方で、 すごく効果がありますよ。我が家でもよく使います。 また、お子さんの要領が悪いと感じるのには、授業理解に悩みがあるのかもしれません。 以下、効率よく問題を解決していく方法をご紹介します。
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

まとめ:散らからない工夫で快適リビング学習

ちょっとした工夫やグッズで、散らかりやすいリビング学習が快適になり、お子さんも片づけ上手になりますので、ぜひご家庭に合わせて取り入れてみてください。

ただ、最後に一つ…できる子の家庭は案外ほどよく散らかっていることも多いといいます。あまり神経質になりすぎないようにしましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました