テスト点数悪いことを親が叱るよりも効果的な中学生点数アップ勉強法

親のかかわり方
この記事は約5分で読めます。


中間期末の定期テスト、実力テスト、模試など、テストの結果が戻ってくるのは、お子さん本人だけでなく、親、保護者の皆さんもどきどきしますよね。

良い成績をキープできていたり、前回よりも上がっていたりしたら、自然に褒め言葉が出てきますが、よくない結果が戻ってきたときについ叱ったり、小言をいったりすることもあるのではないでしょうか。

その次によい結果を出すために、悪かったときに親がどう対処するか、考えてみることも大事だと思います。

スポンサーリンク

テスト点数悪い親叱る悪い点をとってしまったら

テストの点数が悪かったときに、親としては、「勉強していなかったから」とお子さん本人を責めたり批難したりする気持ちが起きることが多いと思います。

・ゲームやテレビ、スマホでラインやYouTubeなどにふける。

・お友達と遊んだりばかりしている姿が目に付く。

・部活が忙しすぎて部活以外の勉強に全く時間を使えない。

というパターンもあるでしょう。

楽な方へ流されやすい態度や、授業態度提出物への姿勢もいいかげんな面が目に付くかもしれません。

もしくはお子さんなりに努力して勉強している割に、成績が伸びない、悪いなどの悩みがある場合もあると思います。

いずれの場合も、お子さんに合う勉強法が見つかっていないということが原因であることが多いと思います。

なので、お子さんがやってない、やり方が悪いなど小言を言うよりは、お子さんに合う方法を一緒に探そうとよりそってあげるほうが次につながりやすいです。

くどくどお説教をするのはお子さんの耳に入らないことが多いと思います。

また、親子だけに言葉に遠慮が無くなって、むき出しの感情をぶつけ合うことにもなりがちですので、お互いが傷つくケンカにならないように、親が注意する必要があると思います。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。

中学生テスト点数悪い言い訳悪かった落ち込む

中学生のお子さんで、テストの点数が悪かったときに、適当な言い訳をして、あまり点数を気にしていないようにみえるお子さんもいらっしゃると思いますが、多くの場合、実は内心落ち込み、とても気にしていると思います。

中学の頃、娘が良く言っていましたが、テストが返却されると、お友達が口々に親に見せたくない、怒られる、塾に行かされると嘆き始めるのだそうです。

勉強できない自分のことをあまり考えないようにしているので、反抗期もあいまっていっけんふてぶてしく怠けているようにみえてしまうことが少なくないと思うのです。

できない自分になげやりになって絶望しているのかもしれません。

なので、自分に合った勉強のやり方が身について、成績が実際に上がり始めると、おそらく表情や態度によろこびや自分への自信が表れてくるでしょうし、実際そういうお子さんは多いと思います。

スポンサーリンク

テスト悪かった切り替え点数アップ勉強法

テストが悪かったときには、親は気持ちを切り替えて、できたところだけほめて、あとはたんたんと簡単に見直しをするようにいっておくのがよいです。

そして、お子さんに合う勉強法を探してあげるのが良いと思います。

塾や通信教育をすでにご利用かもしれませんが、成績が上がらない、下がっているなどの場合は、別の方法を探すのが良いと思います。

自宅学習教材ですららというインターネット塾が最近注目されているのですが、英国数の3教科で、無学年制で必要なところから学び始めることができます。

すらら 公式サイト

勉強が苦手、いままで塾や通信教材でうまくいかなかった、などのお子さんにぜひおためしいただきたい学習教材です。

パソコンやタブレットを使って学習します。

学力診断テストで、お子さんの学習のヌケモレをチェックし、どこをどう勉強したらいいのかひとめでわかるようになっている教材なのです。

お子さんに必要なところを学習していくので、時間の無駄がなく無理なく短時間でも効果的な学習ができるのが魅力です。

それぞれのお子さんの間違え方を分析し、苦手つぶしに最適な問題が自動で出題される画期的なシステムです。

苦手な単元は前の学年から、得意な単元は好きなだけ先取りをしてもかかる費用は同じなので経済的ですね。

復習や予習に【当たり】のテキストを見つけるまで教材を買いこむより断然お得に学習が出来ます。

すららコーチというプロの塾講師のフォローも料金に含まれていて、お子さんに合わせた学習計画を立ててくれます。

すららコーチは保護者向けの情報提供、フォローもしてくれるので、親子で学習状況をお互い把握できて、プラスの声掛けを増やすことができるようになっています。

すららは公式サイトから無料体験できるので、ぜひお試しになってみてください。

 無学年制のインターネット通信教育すらら

※すららが5教科対応になりました!※
理科社会は小3から中3の範囲
英語は中1から高3の範囲です。

まとめ

テストが悪かったときには、親は気持ちを切り替えて、できたところだけほめて、あとはたんたんと簡単に見直しをするようにいっておくのがよいです。

そして、お子さんに合う勉強法を探してあげるのが良いと思います。

すららは、勉強が苦手、いままで塾や通信教材でうまくいかなかった、などのお子さんにぜひおためしいただきたい学習教材です。

スポンサーリンク