勉強嫌い落ちこぼれ中学生!娘息子やる気がない反抗期の勉強法は?

高校受験
この記事は約4分で読めます。

落ちこぼれという言葉はきついですが、わが子にそんな言葉を使うほど、勉強嫌い、学力が低い娘さん息子さんをもつ親御さんのお悩みは深いのだとお察しします。

中学生になると高校受験も目前に迫ってきますので、焦りますよね。

勉強しないのは本人の問題、自分の力で行ける高校に行けばよいと世間ではいうものの、やはり学力が高いほうが、高校の選択肢は増えますので、親としては子供の成長につながる評判のよい高校にご縁があることを望むものでしょう。

やる気がない反抗期などの場合の勉強法について考えてみました。

スポンサーリンク

落ちこぼれ勉強嫌い娘息子中学生の対策は

落ちこぼれ勉強嫌いといっても、さまざまなタイプのお子さんがいると思います。

頭のいいお子さんも多いのではないでしょうか。

頭が良いだけに面倒なことをうまくくぐりぬけてなんとか勉強しないでおいてやろうと思っているフシのあるお子さんもいますよね。

その頭の良さを勉強に向けてくれればと頭の痛い親御さんも多いでしょう。

親子関係も比較的良好な場合もあれば、口をきくのも大変な関係になっている場合もあるでしょう。

部活に忙しくて勉強がおろそかになっていることもあれば、帰宅部だけど無気力で勉強できないということもあると思います。

でも、おそらく共通しているのは、勉強ができないことをお子さん自身がつらいと感じているだろうということです。

口ではどういおうと、勉強できる方が良いに決まっています。

自分が勉強できないことが長く続いてその状況に慣れてしまっているかもしれませんが、勉強できるようになりたいという気持ちはきっとどこかに持っていると思うのです。

そこを親御さんはわかって応援してあげてほしいと思います。

反抗期の勉強のさせ方は?子供の感情やストレスに注目した親の接し方
小学生中学生の思春期の反抗期の子供に親が舐められてはいけないとがんばることも多いのでしょうが、わたしはそれには反対です。親がどう思われようと反抗期の子供をどう助けてあげられるかがポイントかなと思っています。 子どもも親もイライラする反抗期。子供にいうことを聞かせるよりは親が接し方を変える方が解決に近づくと思います。 うちの子供たちも思春期にイライラしたり不機嫌な態度をとることがあって心配していろいろ調べたりしたこともあります。ベテランの母親でもないし心の専門家でもない私ですが、恨みを残さない反抗期の過ごし方を一緒に考えてみたいと思います。
adhd勉強しないやる気がない子供の対策9選!集中力ない小学生中学生は?
勉強しない小学生中学生の保護者「勉強にやる気の出ない軽度adhdの子供はどうすれば集中できるのか?注意欠陥障害でじっとできない時やぼんやりしていることが多く家庭学習対策や教材を知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・勉強でやる気が出る家庭でのadhd学習対策とグッズ9選 ・adhd発達障害の子に向く集中力が持続できる通信教材 わたしはadhdとアスペルガーの診断済み発達障害当事者です。娘二人は未診断ですが、私に似たところがいっぱいあるので、グレーゾーンと思ってわたしなりに気を付けて勉強しながら育ててきました。 adhdは、当事者本人にとっても家族にとっても困り感がいろいろあると思うのですが、 中でもつらいのが、やる気が出ないということです。 やる気なんて実際存在しないので、とにかく勉強や仕事に手を付けてしまって作業興奮でやっていくしかないんですけど、 その最初の手を付けるところがとにかくつらいということがあったりします。 ただ、ちょっとしたきっかけで、案外あっさり手をつけられることもあるので、そういうヒントになりそうな対策を9つご提案したいと思います。 私や子供が実際に経験したことも含んでいるので、参考になることがあればうれしいです。 また、最後に発達障害のお子さんに向く教材もご紹介しています。

落ちこぼれやる気がない反抗期塾必要か

落ちこぼれやる気がない反抗期などの場合、塾が必要かどうか考えると思います。

せめて塾に行っている間だけでも勉強してほしいと、なかなか成績アップの効果がない塾に大金を払い歯を食いしばって行かせている保護者の方も多いでしょう。

しかし、学力アップ、成績アップにつながっていない塾はお子さんに合ってない可能性が高いと思います。親御さんやお子さん自身の気休めのために行くのはもったいないですね。

といって、今、塾に通っていてそれが精神安定につながっているなら急に辞めさせるのもよくないでしょうし、それはそれとして、自宅での勉強法を考える必要があります。

塾なしで、自宅学習教材を使って、基礎学力からやり直しができるおすすめの安価な教材があります。

高校受験は塾が必要?小学生中学生はいつから行くべきか?塾なしは?
公立中学進学予定の小学生の保護者「中学受験しない小学生や中学生はいつから塾に行くべきか。必要性はどう判断するのか。高校受験塾なしで行かないのもあり?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 中学生の塾が必要?高校入試方法と子どものタイプ 高校受験のために小学生中学生の塾はいつから行くべきか 塾なしで高校受験?通信教育だけで公立トップ高校に合格! わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 自分の子育てや、お友達のご家庭などのお話を通して、塾の必要性は子供のタイプによって全く違うと感じています。 今となって思うのは、受験勉強の土台となる標準的な学力をつけるには、 塾の有無よりも、まずは短時間でも毎日のルーティン学習習慣をつけるのが何より大事 ということです。 そこで、今回は塾の必要性の判断の仕方や、毎日の学習習慣をつける対策をわかりやすく解説しようと思います。 高校受験に向けて、お子さんの通塾を迷っている小学生中学生の親御さんや、本当に受験勉強で大事な勉強法について知りたい方はぜひお読みください。 お子さんを伸ばす受験勉強の仕方が実感できるはずです。
公立中学から難関高校に合格するための受験勉強はいつから何をする?
公立小中から難関高校を目指すなら、その対策は中学に入ってからでは「遅い」かもしれません...。 公立中学から難関高校を目指すにあたって、中学に入ってからで対策は間に合うのか気になる親御さんもいらっしゃると思います。 中学からの対策で間に合わせる方もいらっしゃいますが、高校での伸びしろを期待するなら小学校から意識して対策するのが確実です。 私の娘二人は公立中学からいわゆる公立トップ校といわれる難関高校に進みましたが、やはり小学校から意識して続けたことが高校でも生きていると感じます。
スポンサーリンク

落ちこぼれ勉強法中学生英語数学国語は

落ちこぼれ勉強法中学生の英語数学国語はということですが、3教科のデジタル教材ですららというものがあります。

多くの塾や学校で採用されている信頼性の高い教材です。タブレットやパソコンをつかって自宅で勉強します。

対話型アニメーション教材といって、アニメで双方向性授業を受け、飽きのこない工夫がされています。

学力診断テストで、自動的につまずきを割り出し、お子さんにぴったりあう学習メニューを作ってくれます。

無学年制で、学年の枠を超えてさかのぼり、先取り学習もできます。

お子さんがいままで学び残したヌケモレの部分を効率よく復習して基礎学力を固めることができるのです。

頭のいいお子さんのきらいな無理無駄を省いていることろがとっつきやすいと思います。

毎日ログインするところからはじめて、だんだん学習意欲を引き出していきます。

始めのハードルの低さが魅力です。

基礎から学習をやり直しつつ、目前の定期テスト対策も英数については教科書、範囲を指定して模擬テストをつくって勉強できます。

勉強の遅れたお子さんにも向く内容になっています。

できるところから勉強を始めることができます。そして、できる勉強は楽しいものです。

いままでいろんな塾も通信教材もためしてみたけどだめだったというお子さんにこそお試しいただきたいと思います。

すららは公式サイトから無料体験できるので、簡単に短時間でできますからぜひお試しになってみてください。

無学年制のインターネット通信教育すらら

まとめ

塾なしで、自宅学習教材を使って、基礎学力からやり直しができるおすすめの安価な教材があります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました