中受なし勉強法

小学3年生テストや通知表の成績平均をとるには!算数や漢字の学習内容と勉強方法

テストで80点をとるのと90点を取るのとでは、大きな違いがあると思います。90点は、書き間違いや読み間違いが原因のことが多いように思いますが、80点だと、内容の理解に少し穴がある可能性が出てきます。 小3になると、1年2年と違って100点を取り切れなくて悩むこともあると思います。 まだ勉強する体にしっかりシフトしきっていない時期だと思うので、小4からしっかりしてもらうことをめざして、小3ではコツコツ準備するのがお勧めです。 公立トップ高校に合格したうちの二人の娘たちも小3まではまだすこし勉強への姿勢に不安定なところがありました。 それでも高学年でしっかり点を取れるようになって、志望校にすすんでいますので、小3の時点では成績にあまりこだわらずに、目の前の宿題や自主学習にこつこつとりくむのがおすすめです。
中受なし勉強法

小2でテスト点数や通知表がよくない?小学2年生の学習内容と勉強方法!

小1小2でテストの点数が100点とって当たり前とかよく見聞きするのですが、わたしは当たり前じゃないと思っています。 子どもによっては低学年の頃はふわふわっと学校に通っていたりしますので、あまり点数や成績で悩まなくていいかなと。 公立トップ校の高校生と東大生の娘がおりますが、二人とも小2で100点連発だったかというとそうでもありません。特に東大生の長女の方は、100点をわりと安定してとれるようになったのは小3か小4以降だったと記憶しています。 ただ、家庭学習でやることはやっておかないと、中学年、高学年の学習に響いてきますので、小2でどういうところにポイントをおいて勉強すればいいのかをご紹介したいと思います。
中受なし勉強法

小学1年通知表あゆみ評価が悪い!小1学習内容と成績表をよくする勉強方法

東大に行った長女の公立小学校時代、小1の通知表を久しぶりに見てみましたが、案外良くなかったです(苦笑)。 小学1年生はじめての通知表をドキドキしながら親子で見るご家庭も多いと思います。 期待よりよければうれしいですが、期待外れのご家庭も多かったかもしれませんね。 通知表に納得がいかないときは、どんどん担任の先生に評価の理由や成績のあげ方を質問するのがお勧めですよ。 子供二人の小学校時代の通知表を見比べてみるといろいろ学年ごとに課題があることがわかってきました。 学習進度に合わせてすこし予習するのが成績アップのポイントですよ。
中受なし勉強法

小学生の勉強内容とやり方!小学一年生~六年生に親が関わる勉強方法

東大に行った娘がいますが、小学生の初めは勉強させるのにとても苦労しました。 小学生を勉強好きにさせることは難しいのでしょうか? 小学生って家で何を勉強させたらいいのか、案外わからないものですよね。 学校で何を学んでいるかを親が把握することで、その目標に近づくスピードはぐっと増すというのはあるみたいですよ。 最初はふわふわと小学校に通っていた娘が、だんだん自分の口で授業で習ったことをしゃべれるようになるとテストなどでもしっかり点が取れるようになった経験があります。 親が関わって家庭学習をすすめることは中学で上位層に食い込む大事な足掛かりになります。
中受なし勉強法

勉強しない小学生を放置するとどうなるか?子供に親がイライラしない方法

親御さんの中には勉強しない子は放置するしかないという意見も多いですよね。自分で気づいて勉強するまでほっておくしかないと。 しかし、ほっておいてよくなるかどうかは大きなリスクがあります。といって、過干渉もよくないのはわかっている。 親が子供のありのままを受け止めて、導いてあげるほうがよい結果につながる可能性があります。 うちの子供は公立トップ高校から東大に現役で入りましたが、最初から自分で勉強できる子では決してありませんでした。 経験を踏まえてお子さんの勉強への親のかかわり方をご紹介したいと思います。
中受なし勉強法

中学受験しない場合の自宅学習!高校受験に向けて小学生のうちにしておくこと

中学受験しない小学生の保護者「中学受験しない場合の自宅学習、勉強方法はどうする?高校受験に向けて小学生のうちにしておくことは?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない子の家庭学習!高校受験で小学生のうちにしておくこと ・東大生が小学生時代に身に着けて高校受験で役に立ったこと ・【番外編】小学生時代やっておいてよかったこと勉強以外 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 うちの長女は中受しないで、公立小、公立中、公立高校から東京大学文系にすすみました。 通っていた地元の公立小学校にはきっちり基礎学力を鍛えてもらったので、とても感謝しているといいます。 今となって思うのは、 小学校をうまく活用して中学でしっかり学べるベースをつくったのがよかった ということです。 そこで、今回は、中学受験をしない小学生が、高校受験に向けてやっておくといい家庭学習、勉強方法のポイントや、中受しなかった東大生が小学生時代にやっておいてよかったことについて知っていただこうと思います。 本当に小学校時代に学力の基礎をしっかり作っておくことが、公立中学からの高校受験、大学受験に大きく影響していくことを実感できるはずです。 また、小学校の間は塾なしでも十分に難関高校にチャレンジできる力がつく最新の通信教育についても知っていただければ幸いです。
中受なし勉強法

夏休みの小学生日課表はテンプレート?手作り?一日タイムスケジュールで規則正しく

夏休みに子どもを規則正しく生活させるのって難しいですよね。わたしも高校生と大学生の二人の子供に小学生時代そんなにきちんとさせることできなかったです。 夏休みに日課表っているでしょうか?あった方がいいとは思いますが、時間をかっちりきめないでもいいかも。段取り表、1日の流れ、することを時間を決めないで書き出すなどのゆるいものでもいいと思います。次何をすると子供がわかっていればいいので。親子の感覚に合わせてでいいと思うんですよね。 とにかく日課を決めて守るのが苦手な親子の私たちが、なんとか宿題を終わらせ、レジャーやイベントもこなしてきたやり方から、今の小学生のいるご家庭にお役に立ちそうな情報をお届けします。
中受なし勉強法

小学生勉強やる気を出す方法9選!嫌がる子に効率の良い勉強法と教え方

小学生のお子さんの気持ちってわかります?わたしは結構子育てで子供の気持ちわからなくて苦労しました。 なんとなく遊びたいんだな、楽したいんだなということはわかっても、それをどう勉強のやる気に向けさせるかという方法は案外わからないですよね? 子どもに合う方法をとにかく親があきらめないで探すというのが、わたしの行きついた結論なんですが、その方法のヒントになりそうなことをまとめてみました。 子どもが高校生大学生になった今もわたしは試行錯誤中ではあるのですが、子どもは勉強のできる子になってきましたので、参考になればうれしいです。
中受なし勉強法

繰り返し計算ドリル学校用の活用法と小学生用市販教材無料プリント7選

娘が東大を受けに行く新幹線の中で、つきそいのわたしが最後まで確認したのは「足し算と引き算」でした。「13-7は?」とかいって娘に計算させていました(笑)。 もちろん入試問題のレベルでは親の教えることなんてひとつもなかったんですが... 娘が、数学がわりと得意なのに、難しい計算の中の簡単な四則計算をぽろぽろっと間違えて点数を落とすことがあるのが最後まで気にかかっていました。 入試に向かうときは、本当に小学校の計算練習って大事なんだなって、この時に痛感していました。子供のころもっとやっとけばよかったと。 同じような心配をし始めている小学生の親御さんも多いと思うので、わたしがいま、小学生の子供がいたらやらせたい計算学習についてご紹介したいと思います。 大学受験のときに大船に乗った気持ちで子供たちを送り出せますよ!(ホントカナ?)
おすすめ通信教育!

東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較

2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
中受なし勉強法

反抗期の勉強のさせ方は?子供の感情やストレスに注目した親の接し方

小学生中学生の思春期の反抗期の子供に親が舐められてはいけないとがんばることも多いのでしょうが、わたしはそれには反対です。親がどう思われようと反抗期の子供をどう助けてあげられるかがポイントかなと思っています。 子どもも親もイライラする反抗期。子供にいうことを聞かせるよりは親が接し方を変える方が解決に近づくと思います。 うちの子供たちも思春期にイライラしたり不機嫌な態度をとることがあって心配していろいろ調べたりしたこともあります。ベテランの母親でもないし心の専門家でもない私ですが、恨みを残さない反抗期の過ごし方を一緒に考えてみたいと思います。
中受なし勉強法

小学校カラーテスト平均点以上は安心?100点が当たり前って本当?

「小学校時代は100点取って当たり前」「平均点以上でも安心できない」と、小学生ママなら一度はこういうフレーズをどこかで(たとえばママの集まる教育関係のweb掲示板とか)見聞きしたことがあるんじゃないかなと思います。 100点は当たり前では…ないですよね?うちの娘たちは8割がた100点を取っていましたが、多少は努力していました。 平均点以上でも安心できない…は正直同意します。わたしは小学生なら90点を2回取ってきたら心に黄色信号が灯るタイプです。 何点なら安心なのかは答えは出ませんが、子供の点数を見た時に起こる親の心のざわつきをどう解決するのかは多少心当たりがあるので、ご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました