中2で平均点以下の中学生勉強法!テストで成績アップを目指すには

中学生成績アップ
この記事は約4分で読めます。

中学2年になり、部活や生徒会で忙しくなったり、勉強の量が増えて内容も難しくなったりして、定期テストで平均点をとるのが中1時代に比べてだんだん難しくなってくるお子さんもいらっしゃると思います。

中学1年から平均点をなかなかとれないのが続いているというケースもあるでしょう。

安定して平均点以上をとれるようになると、行ける高校の範囲も広がるのにと、期待し心配している保護者の方も多いと思います。

平均点以下中学生勉強法にはどんなものがあるでしょうか。

スポンサーリンク

中二平均点いかない中間期末定期テスト

まず、なぜ平均点に届かないのかということを考えてみる必要があると思います。

シンプルに考えると勉強が足りないからだ、ということになりますね。

では、勉強をしない、できないのは、なぜかということを考えてみると、勉強がわからないのでおもしろくないということが多いのではないでしょうか。やっつけでワークやノートづくりなどの課題におわれてテスト対策が終わっているのではないでしょうか。

勉強のできる子は、授業をしっかり理解できているので、課題のワークやノートづくりもより理解を深め、自分の理解を確かめるために使うことができます。

授業が理解できてないままワークなどに取り組んでも、わからないので、答えを写す作業になってしまいがちではないでしょうか。

課題に時間もかかり、テスト勉強に割ける時間もあまりないでしょう。

なので、まずは、授業が理解できるようになるところをめざして勉強する必要があります。

お子さんの学力を学校の進度に追いつくようにもっていくのです。

集団塾や個別塾、家庭教師、通信教材などいろいろ学習方法がありますが、できるだけむりなくむだなく、お子さんの遅れた学習内容を埋める方法はあるでしょうか。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
高校受験3ヶ月で偏差値10上げる?半年で偏差値20上げる方法はある?
中学生の親「偏差値40台の子供を高校受験で偏差値55できれば60以上の高校に行かせたい。3か月で偏差値10以上上げる方法があれば知りたい。」 ・3ヶ月で偏差値10上げる方法とは?高校受験対策 ・半年で偏差値20上げる方法はあるのか?高校受験可能性広げる ・偏差値60以上の高校に行くにはどうすればよいか 1か月2か月3か月せめて半年で、中学生の子供の偏差値10とか20とか上げる方法を知りたい。欲を言えば2週間で偏差値10上げたい。 すごく短期間で、偏差値を爆上げしたい親御さん、生徒さんは多いと思います。中学3年生になっていればなおさらですよね。 偏差値60台のお子さんを偏差値10以上あげるというのは至難の業だと思いますが、偏差値30台、40台のお子さんなら、比較的短期間で、偏差値10から20程度上げることは可能性は十分あると思います。 親も子も覚悟が必要ですが、努力する値打ちはとてもあると思いますので、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

テスト平均点を目指すには順位偏差値アップ

テスト平均点をめざし、順位や偏差値もアップさせるためには、先ほども書きましたが、お子さんの授業の理解力を上げる必要があると思います。

特に、国数英の3教科は積み上げて理解するものなので、どこかでつまづいたままになっていると点数アップにつながりません。

そこで、お子さんがつまづいた単元を探り出し、弱い部分をピンポイントで復習する作業が必要になってきます。

こういう指導が得意な家庭教師の方もいますが、なかなか出会えませんし、いたとしてもおそらく授業料が高額になると思います。

わたしがおすすめの勉強法は、すららというデジタル自宅学習教材を使う方法です。安価で利用できるタブレット学習、パソコン学習の一種です。

無学年制のインターネット通信教育すらら

すららは無学年制で勉強できます。学力診断テストでお子さんに必要な学習内容を自動的に提示してくれるシステムになっており、無理なく無駄なく成績アップにつながる学習ができます。

必要なところはしっかりさかのぼって復習させてくれるので、確実に基礎学力が付きます。

プロの塾講師のアドバイス、フォローも料金に含まれているので、勉強法の相談や学習の質問も受けてくれます。

タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
スポンサーリンク

平均点以下中学生勉強法に塾は必要か

平均点以下中学生勉強法に塾は必要かということですが、お子さんの学習のヌケモレによりそって、弱みを克服できる塾があるなら、もちろん利用されるのがいいと思います。

ですが、時間的、経済的に塾の利用が難しい場合や、お子さんに合う塾がなかなかみつからない、いま通っている塾では成績が上がらないなどの悩みがある場合には、ぜひ一度すららをお試しになってみてほしいと思います。

いきなり成績が急上昇というのはなかなか難しいでしょうが、まずは、基本的な問題を落とさず、加えて応用的な問題でも1つでも2つでも点をとれるように、お子さんに学習にどん欲になってもらいたいですよね。

できることは子供にとって楽しいことですし、平均以下であることを一番気にしているのはお子さん自身だと思いますので、学習が自立するまでは親御さんも一緒に勉強してあげるのがお勧めです。

英国数はすららで時間をかけてじっくりと実力アップをねらうほうが結果的には近道だと思います。

理科社会はそのテスト範囲を一生懸命がんばると点につながりやすいので、教科書から親御さんが問題を出してあげてお子さんに答えさせたりなど、勉強につきあってあげるのがおすすめです。

まとめ

まずは、授業が理解できるようになるところをめざして勉強する必要があります。

すららは英国数3教科について、無学年制で勉強できます。学力診断テストでお子さんにひつような学習内容を探し出し、どこを勉強すれば成績が上がるのかがすぐにわかるシステムになっています。

スポンサーリンク