中2の2学期中間テストは返却怖い!点数悪い場合も親は叱らないで

高校受験
この記事は約5分で読めます。

中学生活のちょうど真ん中に当たる、2学期の中間試験ですが、そろそろ実施を終え、返却されている学校も多いかなと思います。

お子さんのがんばりはいかがでしたでしょうか。

中1に比べて、学習量も多く、2学期の中間テストは範囲も広いうえ、夏休み、文化祭、運動会と行事が重なることも多くて部活も忙しいので、中だるみとばかりは言えないでしょうけど、勉強に力をいれにくい、がんばっても成績にあらわれにくい時期なんじゃないかと思います。

しかし、ある意味、中2までで習うことの半分以上が高校入試で出ることを考えると、本当に大事な時期でもあると思います。

テスト結果を成績をみるだけではなく、問題や答案もしっかりみなおして、今後にぜひ生かしてください。

スポンサーリンク

中2の2学期中間テスト英語数学国語平均点以下

中2の2学期中間テストで、英語数学国語理科社会と主要5教科が、平均点すれすれ、平均点以下などの場合も多いと思います。

最近は成績が二極化しているといいます。成績のうんとよい子と成績の下の方の子にボリュームゾーンが分かれているのです。

なので、平均点をとっているひとが一番多いのかというと違うのです。

たとえば、平均点が70点くらいのテストなら、80点以上の人のグループと、60点以下の人のグループがいるとイメージしてください。

すこしでも上のグループに近づけることを考えたいですよね。

理科社会は間違ったところを問題と答えを照らし合わせて、次の実力テストなどでは同じ問題で点を落とさないように、いっしょに読み合わせをしたりノートに書き抜いたりするといいと思います。

英数国も同じように復習するとよいですが、特に英数については間違いノートをつくって、間違った問題を写したり切り抜きを貼って、解き直しをする(丸付けは親がしてあげる。わからないところは学校の先生に質問)とよいと思います。

塾でこういうことをやらせているところもあると思います。

テスト返却怖い放置はありがち見直しをする

先ほど書いた見直しの方法ですが、これはなかなか実は実行が難しいやり方ではあります。間違ったところが多すぎるとノートを作ること自体が嫌になってしまうこともあるので。

そういう場合におすすめなのは、自宅学習教材すららを使う方法です。タブレット、パソコン学習の教材なのですが、オーダーメードのテストを作ったりできます。丸付けもしてくれますし、間違ったところも丁寧に教えてくれます。

すらら 公式サイト

なので、復習したいところを教科書指定と範囲指定をして、自分だけの復習用テストを作ってやり直すなどもいいと思うんですね。

繰り返しできるので、ヌケモレなく、基礎力が付きます。無学年制なので、お子さんに必要な場合は学年をさかのぼって単元をやり直すこともありますが、これも学習計画やアドバイスがついてきます。

もちろんつづいて次の期末テスト対策もできますし、中間をしっかりふりかえったあとで、期末対策をすれば、成績アップの期待は高まりますね。

テスト返却怖いと思っているお子さん、親御さんは多いと思います。点数だけみて問題と答案は放置するのはありがちですが、先ほど書きましたように見直しをするのが大事です。

どうやって見直しをするか、をお子さんといっしょに親御さんも考えてあげて必要な環境を整えてあげることをおすすめします。

スポンサーリンク

テスト点数悪い親は叱らないで成績上げる方法を

テスト点数悪いときに、親は叱らないであげてほしいと思います。小言をいわないで上げてほしいです。

困った子は困っている子でもあります。成績がよくないのはお子さん自身が一番気にしていて、つらいはずなんです。

そこをわかってあげてほしいと思います。

成績が悪い中でも、まずは、お子さんががんばっているところ、得意なところを少しでもみつけだしてほめてあげましょう。

全部名前を書いているだけでもえらいのです。名前を書かないと0点になってしまいますからね。

そして、成績上げる方法をいっしょに考えてあげる、家庭学習を手伝ってあげるということが大事だと思います。

中学生にもなれば親は塾代を出すだけ、と考えがちですが、自立した学習習慣が身についていなくて、成績が平均に届かない、平均すれすれのようなお子さんの場合は、まだ親が学習に手を貸してあげる必要があります。

一緒にテスト範囲をみたり、問題と答案をいっしょにてらしあわせたり、一緒に教科書を読む、読んでいるのを聞いてあげるだけでもいいのです。

また、すららなどの自宅教材を頑張っている最中はほかの家族もテレビをけしたり、ゲームの音を消して、家の中を静かにする協力をしてあげましょう。

子供が勉強しているとき、親がテレビやスマホをみていると、子供も集中できないこともあります。子供が勉強中は、親は家事をしたり、読書や勉強をするのがおすすめです。

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。

まとめ

テスト返却怖いと思っているお子さん、親御さんは多いと思います。点数だけみて問題と答案は放置するのはありがちですが、先ほど書きましたように見直しをするのが大事です。

どうやって見直しをするか、をお子さんといっしょに親御さんも考えてあげて必要な環境を整えてあげることをおすすめします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました