高校説明会行かないデメリットは?夏休みの高校見学出来なかった場合

中学生の勉強
この記事は約4分で読めます。
a1400_000315

夏から秋にかけて、高校入試を控えた中3生向けの高校説明会、オープンスクールなどが多くの学校で開催されます。

ただ、志望する高校説明会の日程が、学校行事や部活、模試や塾などと重なって、本人が出席できない場合も少なくありません。

高校説明会に本人もしくは保護者が行かないデメリット、出席のメリットについて考えてみました。

スポンサーリンク

  

高校説明会行かないデメリットは?出席のメリットは?

高校説明会では、

・高校の概要

・高校でどんなことが勉強できるか

・主な進路

・高校の求める人材像

・入試問題の傾向

など重要な情報がいろいろ紹介されます。

学校を眺めるだけでも、施設の充実度、清潔さ、校内を行き来する生徒の雰囲気などがわかります。

直接質問、相談できる個別相談コーナーもある場合があるので、パンフレットだけではわからない情報がたくさんわかるのです。

特に受験生本人を連れていくと、自分に合うと感じる高校の場合は、志望度が高まり、受験勉強のやる気にもつながります。

親も、費用やコース、学校の雰囲気などわが子にふさわしいかどうかを判断する材料がいろいろ集まります。

また、私立高校の場合は、高校説明会などに何度も参加し、アンケートなど答えておくことで、志望の強さをアピールでき、面接のときに好印象を持ってもらえる可能性もあります。

以上が出席するメリットといえるでしょう。

デメリットとしては以上のメリットを受けることができず、インターネットのHPやパンフレットなどの限られた高校情報しか得られないということになります。

子供のやる気アップ効果が得られないのがもっとも残念かも知れません。

夏休みの高校見学出来なかった場合個別の見学は?

特に、夏休みは多くの高校で高校見学、説明会などが開かれますが、中3ということで、部活などが忙しく、参加できないケースもあると思います。

秋以降にも説明会を行う場合があると思うので、各校に日程を確認しましょう。

どうしても参加できそうにない場合は、私立高校ならば、柔軟に対応してくださることが多いので、電話などで個別の見学を申し込んでみましょう。

わたしもある私立高校でどうしても説明会の日程が合わず、個別見学をお願いしましたが、お互いの都合のいい時間に約束し、親子でゆっくり校内をみせていただきました。また、教頭先生に詳しく学校の説明をうかがい、質問もいろいろすることができました。

公立の高校では個別見学をお願いしたことはありませんが、志望しているけれどもどうしても説明会、見学の日程が合わないなどの相談を電話でしてみてはどうでしょう。高校入試相談会(合同のもの)の情報や、個別の質問にも対応していただける可能性はあると思います。

高校受験で第一志望と併願校決め方は?高校学校説明会や見学行く意味
中学生の保護者「私立公立の高校学校説明会や見学に行く意味は何?高校受験で第一志望と滑り止めの併願高校の決め方をいつどのようにするのか知りたい。」 ・高校受験の学校説明会や見学に行く理由といつから行くか ・高校受験第一志望と併願高校の決め方と時期は? ・高校受験滑り止めの私立公立高校の決め方 公立中学校の中3になると、中学校から高校のオープンキャンパス、見学会、学校説明会のお知らせをたくさんもらうようになります。 中3で初めて高校を意識して見に行く人も多いですし、それで十分間に合うという人も多いのですが... わたしのおすすめは、中1中2からできるだけ受ける可能性のある高校を実際に見ておくことです。 中1中2から高校受験を意識して勉強するようになるのでおすすめです。また、中3で成績が急降下した場合や、第一志望や併願校に落ちた場合にも対応しやすくなります。 詳しくは以下の記事で解説します。
高校説明会で親と子供の服装持ち物は?個別相談で何を相談質問する?
中学生の保護者「公立私立の高校の説明会に参加するときの親と子供の服装や持ち物はどうしたらよいのか。個別相談で何を話してどういう相談や質問をしたらよいのか知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・高校説明会親の服装、持ち物はどうする?子供本人は? ・高校説明会の個別相談で何を話す?必要なものは ・高校説明会ではよいところを探すのが重要ポイント 高校受験を控え、中3だけでなく、中1中2も含め中学生の多くが、夏から秋にかけて、高校説明会、学校説明会、オープンスクール、オープンキャンパス、高校見学、入試相談会などに参加されると思います。 実際に学校に行かれることもあるでしょうし、オンラインで参加されることもあるでしょうね。 高校説明会などに参加するときは、保護者も同伴されることが多いと思います。親御さんだけ参加という場合もありますね。 できれば親子でいっしょに行って、子供だけの目線ではなくて、親の目線で、子どもに合う学校をしっかり選びたいですよね。 わたしは娘二人の高校受験を経験しましたので、その経験もふまえて、参考情報をお届けしたいと思います。 塾や新聞社などが主催の合同進学相談会のようなものもあれば、個別の学校で見学会、学校説明会が開かれることもあります。 親子で参加することで、それぞれの目で志望校の学校の良さをチェックして、前向きな気持ちで志望校を決め、受験に臨めるようになるといいですね。 高校説明会に参加するのにあたって、迷うのが親の服装だと思います。また、持ち物や質問することなども知りたいですよね。以下の記事でお答えします。


スポンサーリンク

オープンスクール欠席する際の電話連絡は必要?

高校説明会、オープンスクールなどに欠席する場合は、予約しているものなら、電話などで欠席連絡を入れるのがマナーだと思います。

特に予約していなければ不要でしょう。

中学校を通じて予約しているような場合は、中学校に対応を確認するのがよいでしょう。

まとめ

受験生本人を連れていくと、自分に合うと感じる高校の場合は、志望度が高まり、受験勉強のやる気にもつながります。

高校説明会などに参加できない場合は、個別見学をお願いしてみましょう。

以上 わたしのブログが、少しでもあなたのお役に立てたならばうれしいです。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました