高校説明会に親の行く必要は?いつから参加?行けなかった場合は

教育
この記事は約5分で読めます。
a0002_004820

中学生のころ子供の塾の高校入試報告会(高校選び説明会)というのに参加してきました。保護者向けのものです。

学校でも塾でも、1年生から高校入試を意識するようにいわれていますので、こういった説明会や高校見学会、高校入試相談会などは、中1から積極的に利用していくのがおすすめ。

行きたい高校が見つかると、子どもの学習意欲も上がります。

上の子のときと下の子の時では高校入試事情も多少異なってくるので、最新の情報を入れるように努力するといいですよ。

スポンサーリンク

高校の説明会は親だけでも行く必要がある?

さて、わたしが参加した塾の高校選び説明会では、

・その塾での合格実績の報告

・その地域の受験制度の説明

・内申のとりかた

・高校の志望倍率のここ数年の推移

・子どものタイプ別の高校の選び方

などについて説明がありました。

高校別の入試分析や内申点、模試の偏差値の目安などのデータもいただくことができました。

こういったものは、公立中学校の進路説明会では詳しくは手に入らないので、塾からの情報がとても参考になります。

個別に高校が行う説明会、オープンキャンパスもあります。公立、私立ともにありますね。

こういった説明会では、その高校が求める人材像をもとに、入試傾向などの説明があるので、高校理解と、入試対策の両方の意味で、参加する意義があります。これはできるだけ親子で参加するのがおすすめです。

お子さんの都合が悪い場合は保護者だけでも行く方が多いと思います。

高校説明会はいつから参加?オープンキャンパス中1中2中3

高校説明会、オープンキャンパスはいつから参加するのがよいかということですが、進学フェア、進学相談会といった、集合型の説明会であれば、中1からできるだけ参加して、第1志望と併願校のめぼしをつけるのに活用するのがいいと思います。

親子で参加すると、子どもさんの学習意欲アップにもつながります。

高校ごとに主催する説明会、見学会、相談会の場合、中3のみとか、中1、中2もOKとか、生徒のみ、保護者も一緒でOKなど、説明会ごとに参加者の対象を明示しているので、それに従う必要があります。

とても志望度が高い高校で、早くから情報が欲しい場合は、中3のみの説明会でも、問い合わせれば、中1、中2から参加することもできる場合もあるので、だめもとで問い合わせてみてもいいと思います。

尚、高校説明会、相談会、見学会などの情報は、わたしは学校や塾からの他、インターネットも時々チェックして、志望する高校のイベントを知るようにしていました。

一度進学フェア、進学相談会のような、多校が集まる集合形式の相談会に参加しておくと、そこで、個別の学校の説明会に案内してくれることも多いです。

進学フェアからかぞえると高校関係の説明会に二度三度足を運ぶことにもなりますが、高校の先生と直接お話し、学校にじかに足を運ぶのは、ほんとうに重要な情報収集ですし、子供が自信をもって、安心して受験できることにもつながりますので、おろそかにしないほうがよいと思います。

地域によっては、こういった相談会が直接選考にかかわってくる慣習のある地域もあるので情報収集に注意してください。


スポンサーリンク

高校説明会に行けなかったときに個別アポはOK?

高校の各種説明会、相談会、見学会などに都合が悪くて、もしくは情報を知らなくて行けなかった場合も、第1志望、併願先含めて、受験する可能性のある高校は中3の秋までに一度は行っておくのがお勧めです。

なので、公立の場合は中学に相談、私立の場合は高校ごとに問い合わせて、個別で、高校見学や相談に出かける努力をするのがおすすめです。

遠い場合はなおさら、受験の下見も兼ねて、一度行く必要があると思います。

特に私学は柔軟に対応してくれることが多いです。

うちも、ある私立高校(併願校)で、どうしても説明会、相談会、見学会などに都合が悪くて行けなかったことがあり、個別にアポをとって、見学に行かせていただいたことがあります。

教頭先生がていねいに対応してくださって、資料もいろいろくださり、いろいろな質問にも答えていただいたので、とてもよい印象を持つことができ、子どもの学習意欲アップにもつながりました。

このときは、中3の秋だったので、子どもの成績表、模試の最近の結果などを持参し、みていただいて、ほめていただいたり、学習アドバイスを頂いたりしました。

子供任せではなかなか高校見学はできませんので、親が関心をもって、情報を集め、積極的にかかわる必要があると思います。

高校受験3ヶ月で偏差値10上げる?半年で偏差値20上げる方法はある?
中学生の親「偏差値40台の子供を高校受験で偏差値55できれば60以上の高校に行かせたい。3か月で偏差値10以上上げる方法があれば知りたい。」 ・3ヶ月で偏差値10上げる方法とは?高校受験対策 ・半年で偏差値20上げる方法はあるのか?高校受験可能性広げる ・偏差値60以上の高校に行くにはどうすればよいか 1か月2か月3か月せめて半年で、中学生の子供の偏差値10とか20とか上げる方法を知りたい。欲を言えば2週間で偏差値10上げたい。 すごく短期間で、偏差値を爆上げしたい親御さん、生徒さんは多いと思います。中学3年生になっていればなおさらですよね。 偏差値60台のお子さんを偏差値10以上あげるというのは至難の業だと思いますが、偏差値30台、40台のお子さんなら、比較的短期間で、偏差値10から20程度上げることは可能性は十分あると思います。 親も子も覚悟が必要ですが、努力する値打ちはとてもあると思いますので、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。
高校受験の偏差値って何?中学生が偏差値を知るためのテスト模試は?
中学生の保護者「高校受験の偏差値というのがよくわからない。わが子の偏差値と高校の偏差値をどうやって知ることができるのか。偏差値の分かるテストで合格の可能性がわかるのか」 ・高校受験で偏差値とは何?入試でどう役に立つのか ・高校と中学生本人の偏差値を知る方法!模試や模擬テストを探す ・成績オール3ならどの偏差値の高校を目指すのが良いのか?目安は? 中学生の子供が高校受験を意識し始めるようになると、高校や本人の偏差値というのが話題になります。 以下の記事では偏差値というのがどういうもので、どのように受験に役立つかを解説します。 偏差値というのはあくまで目安なので、おおむねざっくりと参考にする程度でよいのですが、高校受験直前の入試形態に近い模試では、偏差値の1-2の違いで志望校を判断する可

まとめ

その高校が求める人材像をもとに、入試傾向などの説明があるので、高校理解と、入試対策の両方の意味で、参加する意義があります。これはできるだけ親子で参加するのがおすすめです。
入試動向の分析結果データなどは、公立中学校の進路説明会では詳しくは手に入らないので、塾からの情報がとても参考になります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました