勉強しないやる気がない子供のadhd対策9選!集中力ない小学生中学生は?

発達障害・グレーゾーン
この記事は約9分で読めます。

勉強しない小学生中学生の保護者「勉強にやる気の出ない軽度adhdの子供はどうすれば集中できるのか?注意欠陥障害でじっとできない時やぼんやりしていることが多く家庭学習対策や教材を知りたい」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・勉強でやる気が出る家庭でのadhd学習対策とグッズ9選
・adhd発達障害の子に向く集中力が持続できる通信教材

わたしはadhdとアスペルガーの診断済み発達障害当事者です。

娘二人は未診断ですが、私に似たところがいっぱいあるので、グレーゾーンと思ってわたしなりに気を付けて勉強しながら育ててきました。

adhdは、当事者本人にとっても家族にとっても困り感がいろいろあると思うのですが、

中でもつらいのが、やる気が出ないということです。

やる気なんて実際存在しないので、とにかく勉強や仕事に手を付けてしまって作業興奮でやっていくしかないんですけど、

その最初の手を付けるところがとにかくつらいということがあったりします。

ただ、ちょっとしたきっかけで、案外あっさり手をつけられることもあるので、そういうヒントになりそうな対策を9つご提案したいと思います。

私や子供が実際に経験したことも含んでいるので、参考になることがあればうれしいです。

また、最後に発達障害のお子さんに向く教材もご紹介しています。

スポンサーリンク

adhd勉強でやる気が出る家庭での学習対策・グッズ9選

自分が発達障害だと知らなかった子供のころ思っていたことを思い出します。

「周囲の子供たちはこんなに楽そうに生きているのに、わたしはなんでふつうのことをするのがこんなに大変なんだろう。みんなほんとうはつらいのに明るくしているのかなあ、えらいなあ。わたしは悲しくなってしまってだめだなあ」

子どもは本人なりに悩んだり努力したりしているんですよね。

幸い、いまはいろいろ知恵や工夫をネットや書籍で読むこともできますし、早めに気づいてあげることも増えてきたと思います。

以下、ADHD向けの学習対策やグッズのオススメを紹介します。

ADHD向け家庭での学習対策・グッズ9選
①バランスボールにすわって動きながら勉強
②イヤーマフ・ヘッドホン・イヤホンで聴覚刺激をコントロール 
③重いひざ掛け、毛布で落ち着くことも
④スケジュールノートでやることの見通しTODOを確認
⑤可視化できるタイマーで負担感を減らす
⑥スマホリマインダーでやることを思いだす
⑦ポモドーロタイマーで集中と疲れを調整
⑧ガムをかむ/飴をなめるで集中できることも
⑨お気に入りのシャーペンとシャー芯を探す

以下、解説します。

①バランスボールにすわって動きながら勉強

私も覚えがありますし、うちの子もそうなんですが、貧乏ゆすりしてしまいます。

adhdの子供は動きながら勉強することが多いといいます。

我が家では貧乏ゆすりはしからない方針で、治りませんでしたが、勉強はできるようになりました。

バランスボールに座って少し動きながら机に向かうと宿題や家庭学習がスムーズに行く子もいるそうです。

②イヤーマフ・ヘッドホン・イヤホンで聴覚刺激をコントロール 

お好みもあると思うのですが、私の場合は、耳を覆う形のヘッドホンが落ち着きます。

無音よりは音楽や自然音があるのが好みで、勉強や仕事の時は自然音やジャズ、家事の時は洋楽やクラシックなどを耳に直接流し込んでいます。

無音のイヤーマフの方を好む人もいますよね。いろいろ試してみる価値があります。

気が進まない家事も、ヘッドホンで音楽を聴くとなんとか体を動かせます。

③重いひざ掛け、毛布で落ち着くことも

軽い羽毛布団よりも、昔ながらの重ための綿布団を好む人っていますよね。

最近はasdやadhdなどの発達障害のある人が、重いひざ掛け、毛布で落ち着くこともあるという話をききます。

療育専用の値の張るものもありますが、一般の人向けのお手頃価格のものもあるので、試してみるのもいいかもしれません。

大人用で子供に向かないタイプのものもありますので、ご使用の際はお子さんの年齢や体格に合わせて選んであげて下さい。

重くなくても、普通の毛布やタオルケットでくるまるだけでうちの子などは落ち着いたりします。

勉強するときも体に毛布を巻き付けていることよくありますよ。家にあるものでまず試すのもいいかもですね。

④スケジュールノートでやることの見通しTODOを確認

普通のノートメモ帳で、いいと思いますが、1冊スケジュールとTODO専用ノートにして、

毎日学校から帰ってから寝るまでにやることを書き出し(子供が面倒がったら親が書いてあげてもいいでしょう)やったら線を引いて消す、というのがシンプルでお勧めです。

TODOでやることを書き出してしまうと、その日やることの見通しが立ちますよね。

できれば時間も書き出して、簡単な時間割もつくると、寝るまでにやること、できることがみえるので、自然と時間の使い方がうまくなると思います。

ページは1日に1ページとか1見開きで使うのがいいですね。
左に時間割、右にTODOとか。

やり残したことは、次の日のページに書き写して引き続きやります。
大人になってもメモを使う習慣につながると思います。

⑤可視化できるタイマーで負担感を減らす

adhdの子供さん、気が短くないですか?わたしは気が短いです。嫌なことほど早く終わってほしい。

なので、勉強時間は最初は数分からでもいいので、

短い時間を区切って休み時間に自由に動けることを保証してあげるといいと思います。

残り時間を可視化できるタイマーで負担感が減る可能性があります。

⑥スマホリマインダーでやることを思いだす

スマホの是非はなんともいえないのですが、もうすでに持たせてしまっているならうまくつかいましょう。

アイフォンもアンドロイドも、スマホにはなんらかリマインダー機能があると思います。

毎日のルーティーン、毎週の忘れたくない用事や時間設定は登録してしまって、リマインドするようにしましょう。

⑦ポモドーロタイマーで集中と疲れを調整

【雨の音】超集中できる自然音。ポモドーロテクニック6セット【作業用BGM/仕事用BGM/勉強用BGM】


もうひとつ、これもスマホなどのユーチューブを使うのもよいと思うのですが、ポモドーロタイマーで集中時間と休憩時間をしっかり区切る工夫があります。

25分集中し、5分休憩が基本ですが、お子さんの年齢や個性によっていろいろかえたらいいと思います。

タイマーを使って、たとえば10分集中5分休憩でもいいと思います。

⑧ガムをかむ/飴をなめるで集中できることも

うちの子はガムや飴で勉強の始まりの時に集中することがあります。

ひとによると思いますが。

⑨お気に入りのシャーペンとシャー芯を探す

これもうちの子の話ですが、気に入らないシャーペンやシャー芯のせいで、字を書こうとすると芯がボキボキ折れてしまうのがつづいてかんしゃくを起こしたことがあります。

それからはシャーペンやシャー芯を選ぶのに気を遣うようになりました。

最近は鉛筆に近いシャーペンも出ていますね。

鉛筆の方が向くお子さんもいるでしょうし、気に入った文房具を使わせてあげるのは案外大事だと思います。

関連記事はこちらです。↓

スポンサーリンク

adhd発達障害の子に向く集中力が持続できる通信教材

人に教わらず、一人で自分のペースで勉強できる仕組みに加えて、内申点も気にかけながら学校授業に追いつくことができる教材があります。

インターネット学習教材!すらら

文字と音声とイラストを結び付けて学ぶワーキングメモリを支える多感覚学習です。

親しみやすいキャラクターによる対話型指導なので、集中力も持続します。

優しくわかりやすく教えてくれるのが魅力です。

ログインしたらすぐに学習を開始できるよう、発達障害のお子さんの指導経験が豊富なすららコーチが日々の勉強を設計してくれます。

授業でわからなかったことが理解できないまま学習範囲が進んでしまい、
ますますわからなくなる悪循環を無学年教材のすららが解決します。

子どもの特性に応じるため、

「つまずきやすいポイント」を厚く指導するカリキュラム構成

見やすい画面・理解しやすい説明となるよう「子どもの発達科学研究所 」が監修

している教材です。

すららについてはこちらの記事でも書いています。↓

発達障害小学生のタブレットパソコン学習は?すらら天神スマイルゼミ
発達障害やグレーゾーンの小学生の保護者「うちの子に合う家庭学習方法・勉強方法は何があるのか。タブレットやパソコンを使ったオンライン学習教材でよいものがあれば知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・発達障害小学生のオンライン家庭学習教材で人気があるのは3社! ・無学年制教材とすららコーチが発達障害傾向の学習を助けるすらら ・学年ごとに教材を購入するユニークな天神 ・字の練習で評判の良いのがスマイルゼミ 発達障害、グレーゾーンの傾向のある小学生のお子さんがいて、勉強の遅れで悩んでおられるご家庭もあると思います。 わたし自身がADHDとアスペルガーの発達障害当事者なのですが、子供のころを振り返ると、教材の好き嫌いがすごくあったことを思いだします。 欄外にこまごまと情報が書かれていて、付録の多い、使いこなすのが複雑な通信教材はすぐやめましたし(わたしもですが、うちの子もそうでしたね)、ごちゃごちゃした絵や図が一度にいろいろ目に飛び込んでくる教材もダメでした。 なので、発達障害、グレーゾーンの傾向のある小学生のお子さんには、 教材レイアウトも使うシステムもシンプルな教材をおすすめしたいと思います。 最近人気の3社を比較してみましたので、きっとお子さんに合う通信教材が見つかると思います。 発達障害のお子さんに向く教材は、実はごく普通のもの。 ただ、より、丁寧に作ってあることが、発達障害やグレーゾーンのお子さんの学びを助けるということです。 なので、発達障害の診断がつくつかないにかかわらず、子供さんが勉強するときに丁寧な作りでしっかりしたサポートのある通信教育を選びたいという親御さんには、参考にしていただける内容になっています。
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

無料で資料請求、体験できますので、ぜひお試しになってみてください。↓

すららの公式サイトで資料請求or無料体験をする

まとめ:子供本人は頑張っている!周囲の工夫とアドバイスが大切

いまはいろいろ情報もありますので、お子さんに合いそうなものをいろいろ試してあげるといいと思います。

思いがけないもので、学習がスムーズにいくことがあるかもしれません。親があきらめないで、お子さんをよく見てお子さんに合う方法を探し続けることが大事です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました