発達障害の小学生中学生が勉強に集中できない!イライラ嫌がる対策は?

発達障害・グレーゾーン
この記事は約13分で読めます。

発達障害の小学生、中学生の保護者「子供が勉強に集中できない。勉強の途中でイライラして嫌がることも多い。良い対策を知りたい」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・発達障害で勉強に集中できない子へのかかわり方のヒント
・発達障害の勉強でイライラする対策は静かな環境づくりから
・発達障害で勉強を嫌がる子にオリジナルカリキュラムの教材

わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。

わたし自身がADHDとアスペルガーの診断済み発達障害当事者で、娘二人は私に似たところもありますが、未診断です…。

発達障害の有無にかかわらず、子どもが勉強に集中できない時ってありますよね。

発達に凸凹があるタイプならなおさら得意な教科をもって自信をもってもらいたい、すこしでも勉強を好きになって楽しく学校に行ってほしいだけなのに…

親の思いは空回りしがちです。わたしもそうでした。

子どものことをよく見て、子どもの個性に合う勉強方法を一緒に探してあげる
そういう辛抱強さが必要なんですよね。

最近読んだ発達障害の本の中から、自閉症スペクトラムやADHD、LDなどの

集中するのが難しいお子さんに対するかかわり方、環境の作り方のヒント

をいろいろピックアップしてみたので、ご紹介したいと思います。

最後に発達障害のお子さんに向く教材もご紹介していますので、お楽しみに!

スポンサーリンク

発達障害で勉強に集中できない子へのかかわり方のヒント

「イラスト図解 発達障害の子どもの心と行動がわかる本」田中康雄著 という本

を最近読んでとても参考になりました。

本の中から、発達障害のそれぞれのタイプのお子さんへのかかわり方で、

勉強の集中に関係のありそうなヒントをいくつかピックアップ

してみたので、以下ご紹介します。

自閉症スペクトラム

落ち着ける環境を用意
活動の区切りを明確に
活動の流れを視覚的に伝える
楽しく取り組める工夫を
パニックには冷静に対応

ADHD

刺激を少なくする
動ける時間を設ける
成功体験を増やす

LD

苦手な部分に早く気づく
かまいすぎず、かつ放置しない
その子に合う教材を使う

※イラスト図解 発達障害の子どもの心と行動がわかる本 田中康雄 より

自閉症スペクトラム、ADHD、LDとそれぞれのページから引っ張ってきたので、

一応分けて書きましたが、どの内容も発達障害のお子さんには当てはまるものが多い

のかなと思いました。

落ち着ける環境を用意、というところでは、刺激のない静かなスペースを用意して、できればひとつの場所は一つの目的で使用するなどをすすめてありました。

勉強するところと食事をするところを分ける、とかですね。

活動の区切りを明確にのところでは、勉強時間を設定して目に見えて残り時間がわかるタイマーなどもいいかもと思います。

また、楽しく取り組める工夫をのところでは、たとえば算数の問題に好きな電車を登場させるなどの例が書いてありました。

虫の好きな子には虫の数を算数の問題にしちゃうとかもいいですね。

あと、発達障害のお子さんは、元気な子も多いですが、疲れやすい子も多いです。

3分勉強したら5分休憩するとか、最初はそれくらいゆとりをもって時間設定してあげるといいと思います。

以下参考記事を書いています。↓

理解力が低い子供が気になったら認知特性別に理解力を上げる対策を!
小学校低学年の子の保護者「授業や大人の話の理解力が低い子供について悩んでいる。理解力が年齢相応なのかどうか知りたい。理解力が低い原因や改善方法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・ 子どもの理解力が低いと感じたらまず子どもをよく観察 ・ 子どもの認知特性タイプ別理解力上げる対策 ・ 理解力が特に遅い子供?発達障害や学習障害がある場合 わたしには娘が二人いますが、長女については、一人目で初めての育児だったせいもあってか、幼いころはなかなか話が通じなくて悩んだ経験があります。 小学校2年くらいまで、長女は理解力が遅く、勉強が苦手なんだろうなと思っていました。 今になって思うのは、当時子どものタイプに合う情報の伝え方ができていなかったんだなということです。 なので、今回は、子どもをよく観察した上で、子どものタイプに合う情報の伝え方をする対策をわかりやすく解説しようと思います。 対策については、お子さんのタイプ別にすぐに実行できることをご紹介しているので、お子さんの理解力の改善にむけてすぐに1つでも家庭で行動できるはずです。 なお、発達障害の可能性や対処法についても書いています。 理解力が低いお子さんへの親としての接し方、発達障害の有無について悩んでいる方はぜひお読みください。 親が子どもをよく観察して子供に合う発信方法をすることで理解力がアップすることを知っていただければ幸いです。
小学生勉強やる気を出す方法9選!嫌がる子に効率の良い勉強法と教え方
小学生のお子さんの気持ちってわかります?わたしは結構子育てで子供の気持ちわからなくて苦労しました。 なんとなく遊びたいんだな、楽したいんだなということはわかっても、それをどう勉強のやる気に向けさせるかという方法は案外わからないですよね? 子どもに合う方法をとにかく親があきらめないで探すというのが、わたしの行きついた結論なんですが、その方法のヒントになりそうなことをまとめてみました。 子どもが高校生大学生になった今もわたしは試行錯誤中ではあるのですが、子どもは勉強のできる子になってきましたので、参考になればうれしいです。
スポンサーリンク

発達障害の勉強でイライラする対策は静かな環境づくりから

発達障害の勉強でお子さんがイライラするのを防ぐ対策は、

ますは静かな環境づくりからですよね。

以下は私のアイデアですが、

刺激の少ない片付いたスペース
歩き回れるゆとりのあるスペース
視界を区切る間仕切りを使う
親がさりげなく見守れる時間を作る

などが大事なのかなと思います。

刺激の少ない片付いたスペース作りは、自身がADHDであるわたしにはとても難しいんですけど、いちおう娘たちに心がけてはいます。

なるべく部屋のもの壁のものを減らして色味を少なく…とはしています。

歩き回れるゆとりのあるスペースは、特に多動の傾向のあるお子さんには大事だと思います。

ゆとりのある和室やリビングでローテーブルを置いて休憩時は歩いたり、寝転んだりしてもいいようにしてあげるのもいいし、

いっそリビングにスタンディングデスクを置いて立って勉強させるというのもありかもしれません。

視界を区切る間仕切りを使う点では、

どうしてもスペースの関係で食事をするテーブルで勉強するなら、

机上で使える目隠しのパーテーションを使うのもいいですね。

大きめのクリップボードをおいて、そのうえで勉強させるとかで、

勉強スペースのけじめにするのもいいかもと思います。

親がさりげなく見守れる時間を作るというところでは、

やっぱり発達障害のお子さんはゆっくり育つ子が多いので、

実年齢よりはすこし2-3歳小さな子を見守るようなつもりで、

ほっておかない、でも構いすぎないという距離感

うまくつくれるといいなと思います。

なお、リビング学習についてはこちらの記事でも書いています。↓

リビング学習で集中するために必要なもの!仕切りや机おすすめは?
小学生の保護者「リビング学習で子供が集中するのに必要なものはある?おすすめの仕切りや机などのインテリアを知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・リビング学習で集中するために必要なもの!仕切りなど ・リビング学習おすすめインテリア!折り畳み机やスタンディングデスク リビング学習ではダイニングテーブルや、ローテーブルなどを使うことが多いと思いますが、集中するには、何か視界を区切る仕切りがあるといいですよね。 また、リビングで使いやすい机などのインテリアも気になります。 最近ではよいグッズが出ていますのでご紹介します。 お子さんの集中力アップにつながるアイデア、見つかりますよ!
リビング学習で散らかるのを防止!文房具収納に必要なものは?
小学生の保護者「子供にリビング学習させているが散らかるのが困る。文房具の収納など便利なグッズは?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・リビング学習で散らかるのを防止する文房具収納アイデア 子どもに宿題や家庭学習をさせて親が見守りしようとすると、自然とリビング学習になるご家庭も多いと思います。 学習に必要な文房具など勉強グッズが置きっぱなしになったりして散らかる のが悩みになりがちですよね。 この記事では、最近注目の文房具収納アイデアをご紹介します。 使いやすく、しまいやすくなりますよ! ご家庭に合ったグッズをうまく使うことで、より快適で効果のあるリビング学習を実現させることができます!

発達障害で勉強を嫌がる子にオリジナルカリキュラムの教材

発達障害の子供さんの個性や好みは本当に様々で、

同じものでも出会い方や時期によって受け取り方が違ってくると思いますから、

この教材が確実に合う、というおすすめのものは正直ないです。当たり前ですが。

ただ、発達障害の専門家が関わって開発されたオンラインの通信教材があり、

評判も良いので、ぜひ一度資料請求と無料体験は試してみていただきたいと思います。

インターネット学習教材!すらら

すららは無学年制で、お子さんの習得内容のヌケモレをチェックし、必要な学習カリキュラムを組んでくれるシステムになっています。

苦手な部分に早く気づくこともできますよ。

自分のレベルに合う教材が自動的に出てきて学べるので、

お子さんの自信を積み上げていける教材だと思います。

アニメ授業やドリルは、間違った答えでも励ましてくれるような姿勢のある教材です。

すららについてはこちらの記事でも詳しく書いています。↓

発達障害にタブレット学習!すららスマイルゼミ天神小学生中学生に向くのは?
発達障害やグレーゾーンの小学生の保護者「うちの子に合う家庭学習方法・勉強方法は何があるのか。タブレットやパソコンを使ったオンライン学習教材でよいものがあれば知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・発達障害小学生のオンライン家庭学習教材で人気があるのは3社! ・無学年制教材とすららコーチが発達障害傾向の学習を助けるすらら ・学年ごとに教材を購入するユニークな天神 ・字の練習で評判の良いのがスマイルゼミ 発達障害、グレーゾーンの傾向のある小学生のお子さんがいて、勉強の遅れで悩んでおられるご家庭もあると思います。 わたし自身がADHDとアスペルガーの発達障害当事者なのですが、子供のころを振り返ると、教材の好き嫌いがすごくあったことを思いだします。 欄外にこまごまと情報が書かれていて、付録の多い、使いこなすのが複雑な通信教材はすぐやめましたし(わたしもですが、うちの子もそうでしたね)、ごちゃごちゃした絵や図が一度にいろいろ目に飛び込んでくる教材もダメでした。 なので、発達障害、グレーゾーンの傾向のある小学生のお子さんには、 教材レイアウトも使うシステムもシンプルな教材をおすすめしたいと思います。 最近人気の3社を比較してみましたので、きっとお子さんに合う通信教材が見つかると思います。 発達障害のお子さんに向く教材は、実はごく普通のもの。 ただ、より、丁寧に作ってあることが、発達障害やグレーゾーンのお子さんの学びを助けるということです。 なので、発達障害の診断がつくつかないにかかわらず、子供さんが勉強するときに丁寧な作りでしっかりしたサポートのある通信教育を選びたいという親御さんには、参考にしていただける内容になっています。
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
発達障害やグレーゾーンの子供特徴と勉強法!おすすめ通信教育はすらら
小学生中学生高校生の保護者「子供が勉強しないできないのは発達障害のせいかもしれない。発達障害かもと思ったらチェックすべき項目は?発達障害の特徴があるグレーゾーンの子に合う勉強法は?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・発達障害/グレーゾーンの子供特徴とチェック項目 ・発達障害/グレーゾーンの子供の勉強法!おすすめ通信教育 お子さんが勉強嫌いで勉強しなかったり、逆に勉強を頑張ろうとしているのに集中できないやり方が悪いなどでよい成績が取れないなどの悩みがある場合があります。 そういった悩みが長く続いている場合は、悩みの原因に発達障害がある場合、可能性があります。 発達障害と診断されるほどでなくても、発達障害の傾向があって困り感がややある場合は発達障害のグレーゾーンといわれる場合もあります。こういうお子さんはクラスに数名いるといわれていますので、珍しいことでもないと思います。 悩みが強く長く続いている場合は児童相談所、スクールカウンセラー、精神科、心療内科など専門家に相談するといいと思います。 困り感が強いというほどでなくても、発達障害のお子さんに対する配慮は、普通の子育てにも役立つものが多いです。親が知っておくとよいですよ。 また、勉強に自信を持つことによって、学校生活にハリや楽しみを持てるようになるといいですよね。 わたしは発達障害ADHD,ASDの当事者で投薬治療も受けていますが、親が子どもの良いところや苦手なことをわかっていてあげると、自己肯定感を伸ばしやすいと感じています。 以下、発達障害の特徴や発達障害傾向のあるお子さんに合う勉強法についてまとめました。お子さんの良いところを伸ばすコツがわかると思います。

まとめ:子供に合う教材探しは成功体験を増やすものを!

ほめられて励まされて頑張れるのは大人も子供も同じだと思います。

ゆったりとした環境を整えて、あせらず、お子さんの勉強を見守りましょう。
いまは良い仕組みの通信教材がありますので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました