中学生勉強しない子が成績良いのはなぜ?テスト前受験のため塾は必要?

高校受験
この記事は約4分で読めます。


中学生になっても学習習慣が身についているように見えないのに、成績はさほど悪くなく案外良い成績をとれてしまう子がいます。

小学校でもあまり苦労していなくて、要領が良く授業中の理解と暗記だけで中学の最初の頃は、乗り切れてしまうようなタイプです。

ただ、やはり自宅での学習習慣が身についていないと、だんだん勉強が遅れて受験時期を迎えるころに親子で慌てることが多いのもこのタイプです。

前もってどのような対策を考えることができるでしょうか?

スポンサーリンク

中学生勉強しない子が成績良いのはなぜ?

中学生勉強しない子が成績良いのはなぜなのかは一概には言えませんが、中学の最初のほうの定期テストなどは範囲も狭く、小学校の復習内容も範囲だったりして、なんとなく勉強しなくてもよい点が取れてしまうことがあります。

それに気をよくして勉強をなめてかかってしまうと、学習習慣が身につかず、範囲が広がり学習内容が増えていくにしたがって成績が下降していくことが多いのもこのタイプです。テストの点数に影響されやすいタイプとも言えます。

それに対して、中学の最初のテストからずっと良い成績をキープできるのは小学校から学習習慣がついているタイプのお子さんです。

テストの点に左右されず、授業をきちんと聞き、日々の課題や予習復習を丁寧にして、テスト前に余裕をもって勉強ができるタイプです。

こういうタイプになるためには、小さいころから親がテストの点数よりも、日ごろの勉強の仕方によりそってあげるのが大事で、中学に入ってもまだ学習習慣が身についていないならば、気づいた時点で少し親が手をかけお金をかけ対策を考えるのが大事になってきます。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
中学生の成績オール5のとり方!中学校の通知表付け方は1学期は厳しめ?
中学生の保護者「中学生の子供の成績をできるだけオール5に近づけたい。テストの点を上げる方法とそれ以外にすべきことは何かを知りたい」 ・中学生成績オール5の子はどこが違う?テスト提出物態度 ・中学校通知表付け方は順位ではなく絶対評価って本当? ・通知表1学期は厳しめにつける?2学期3学期で挽回する? テスト提出物授業態度など、みな同じようにがんばっているように見えるのに、なぜ、成績の差がつくのでしょうか。 そんなに学習時間が多いようではないのにしっかり定期テストの点を95点以上キープできる不思議なお子さんもいますよね。 また、定期テストでは90点くらいとれていても通知表で4や3になってしまうお子さんの親御さんは納得いかないと思います。 オール5かそれに近いお子さんたちの行動パターンから、どうやってそれに近づくかを考えてみました。

中学生テスト前勉強しないのが親は気になる

中学生テスト前勉強しないのが親は気になると思います。まずは、定期テストを大切にすることが大事で、余裕をもって学習計画を立て、課題やテスト勉強をこなしていけるようにする必要があります。

親が「勉強しなくていいの?勉強しなさいよ」、というよりは、「試験範囲表を見せて」といって一緒に教科書やワークに印をつけるとか、スタディプランナーのようなスケジュールノートに一緒に学習計画をつくり経過を記録していくなどの具体的な手伝いにさっさと入る方がよいでしょう。

教科書の音読をいやがるなら親が読んでやってもいい。英語なら教科書のCDを聞かせてもいい。親が一緒に汗をかいてあげると、だんだん自分なりに勉強の仕方を考えると思います。

スポンサーリンク

中学生勉強しない場合塾は必要か?

学習が進むにしたがって、親がある程度手伝っても、子供さんの勉強の仕方や教科ごとの抜け漏れなど親だけではカバーしきれないこともだんだん増えてくると思います。

妙に何かにこだわったり、やる気を見せなかったり、思春期の子供さんは、プライドも高く扱いにくい面も多いでしょうが、そこは忍耐強くお子さんの顔を立てて気持ちよく勉強してもらうのが大事です。

成績の上下に関係なく、ある種頭のいいお子さんはムダを嫌うので、自分に合ったカリキュラムを提案してくれる個別指導塾のほうが向いていることもあります。

全国展開している個別指導塾スタンダードは、学力診断と面接で丁寧にお子さんの状況を把握し、お子さんにちょうどいい学習内容をすすめてくれる塾です。

 スタンダード

部活との両立も可能ですし、オンライン指導と通塾をうまく使い分けて利用もできます。

多くのお子さんが学習習慣を身に着けるのに役立っているとのことなので、一度資料請求してみるのもいいのではないでしょうか。

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。

まとめ

妙に何かにこだわったり、やる気を見せなかったり、思春期の子供さんは、プライドも高く扱いにくい面も多いでしょうが、そこは忍耐強くお子さんの顔を立てて気持ちよく勉強してもらうのが大事です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました