志望校高く設定高校受験大丈夫?レベル高い諦めたくない受かるため塾?

中学生の塾選び
この記事は約5分で読めます。


高校受験では、中3の最初のうちは高めの偏差値レベルの志望校を設定して学力アップをめざすのがよいという話をよく聞きます。できればそのまま学校のランクを下げずにお子さんが最後まで受験を走り抜けられるといいですよね。

ただ、受験勉強期間の中で、模試の成績などで上下があり、受験は水物という面もありますから、見守る親としてはいろいろな可能性を考えておく必要があります。志望校の設定の仕方はどのようにしていったらいいでしょうか。

スポンサーリンク

志望校高く設定しても高校受験大丈夫?

志望校高く設定しても高校受験大丈夫かどうかについては、お子さんのタイプによっても違うと思いますが、一般的には合格可能性のある中でレベルの高い方の高校を第一志望校にして、より安全圏に近づけていくという形が多いと思います。

これも子供さんによりますが、時期的には夏休み前から遅くても中3の12月ころには実際に受験する高校を決めるという形で、志望校ごとの特徴に合わせて志望校対策をすることを考えると、夏休み中には決めておくのが望ましいだろうとは思います。レベルの高い学校ほど早く志望校対策を始めるのが大切です。

ただ、実力相応もしくは実力よりもかなり上の難関校を目指し、「そこしか受けない」と凝り固まってしまうと、実際不合格になる場合もあるわけで、せっかくの高校進学を楽しみにできなくなってしまう可能性もあります。

わたしのおすすめは、中1、中2のうちに、通える範囲の学校をできるだけピックアップし、ほんとうに滑り止めのレベルの高校からかなり実力より上目の高校まで、いろいろ高校見学、説明会参加を親子でしておくことです。

できれば実際に足を運ぶのが良いですが、どうしても難しければ資料請求した学校パンフレットや、ホームページなどだけでも親子で色々見る時間を作ってください。

そして、それぞれの学校のよいところ、好きなところを親子で話し合ってみてください。できるだけあら捜しをするのではなく、プラスの面だけです。

そして、どこの学校にいっても楽しい高校生活が待っているというイメージをお子さんに持ってもらうのがよいと思います。

わたしは実際二人の娘の中学時代にこれを実行して、子供たちもふりかえってみてこれがとてもよかったと言っていました。

その基盤をつくっておくと、高めの高校を目指していて、実力不足で途中志望校を変えるような時も前向きな気持ちを維持できると思います。なので、最初は安心して高い学校を目指していても大丈夫なのです。

公立中学から難関高校に合格するための受験勉強はいつから何をする?
公立小中から難関高校を目指すなら、その対策は中学に入ってからでは「遅い」かもしれません...。 公立中学から難関高校を目指すにあたって、中学に入ってからで対策は間に合うのか気になる親御さんもいらっしゃると思います。 中学からの対策で間に合わせる方もいらっしゃいますが、高校での伸びしろを期待するなら小学校から意識して対策するのが確実です。 私の娘二人は公立中学からいわゆる公立トップ校といわれる難関高校に進みましたが、やはり小学校から意識して続けたことが高校でも生きていると感じます。
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
高校受験の志望校決定時期いつから?高校選び変更上げる?下げる?
先日、公立中学1年の子どもの保護者懇談会に行ってきました。 学年全体のもので、高校受験についての情報提供ということでしたが、複数の先生が教師としてではなく、親として経験した高校受験、大学受験について体験談をしてくださり、保護者の先輩としての御意見もいろいろあって、とても参考になりました。 うかがったお話の中から、一般的にも参考になると思われるご意見や情報をご紹介したいと思います。

志望校レベル高い高校諦めたくない

中3の夏休みではほぼ第一志望や滑り止めとして実際に受験をする高校に絞り込んで最終決定をするために、学校説明会に参加するのがよいと思います。

受験生として夏から秋、冬と過ぎていて、受験勉強をがんばって、まだ偏差値が足りない、成績がギリギリだけれども高いレベルの志望校をあきらめたくない、そんな状況になるかもしれません。

そんな状況を見越して頑張る子供さんの伴走者としての塾選びはとても重要になります。

中3の最初から志望校の安全圏にいる中学生はわずかです。多くのお子さんがあと一歩の力を伸ばしたいであるとか、本当に頑張らなくてはいけないのに頑張ることができないという状況に苦しんでいると思います。

塾は費用面も大事ですが、お子さんに寄り添ってお子さんに合う必要最低限の指導をきっちりしてくれる安心感が何より大切だと思います。

全国展開している個別指導塾のスタンダードは最初の学力チェックがきっちりしていて、カリキュラムのカスタマイズもこまやかです。全教室直営で、講師の採用や研修に力を入れ、講師と生徒の相性についても相談に乗ってくれますし、高校選びの相談もできますので、おすすめです。

塾の利用開始は早めがお勧めですが、遅くともできれば、中3の最初からが望ましいでしょう。苦手な部分に手を打ちやすいですし、合格可能性も高まると思います。ただ、中1、中2からきっちり塾を利用して基礎がしっかりしているお子さんたちがライバルになってきますので、中3からの入塾はそこに追いつく覚悟が必要になってきます。

親が信頼できる塾にお子さんを預けて、お子さんの努力を信じてあげるのが大事です。

スポンサーリンク

志望校受かるために塾必要?

志望校受かるために塾必要かどうかは、ほんとうにお子さんによって、ご家庭によって違うと思います。市販の問題集や、通信教育、地元の模試受験だけで難関校を含む志望校に合格されるお子さんももちろんいます。

ただ、問題集や通信教育だからすごく安いかというとわたしはそうでもない気がしていて、これもお子さんに寄りけりでしょう。スタンダードが中学生週一で月謝1万前後なのを考えると、塾の利用も選択肢に入れてもいいのかもと思ったりします。

スタンダードはオンライン指導も導入しているので、通塾とオンラインをどちらか選んだり、組み合わせたり、途中で変更したりなどもできるのも魅力だと思います。

無料で資料請求、無料体験もできますので、興味がある場合はホームページをご参照ください。↓

スタンダード
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

まとめ

塾は費用面も大事ですが、お子さんに寄り添ってお子さんに合う必要最低限の指導をきっちりしてくれる安心感が何より大切だと思います。

スポンサーリンク