勉強しない中学生が成績悪いのに塾行く意味は?合う塾でやる気をアップ

中学生の勉強
この記事は約3分で読めます。

中学生で勉強をしない、「わからない、めんどくさい、つまらない」というなどのお子さんに悩んでいる親御さんも多いと思います。

成績に限らず、たいていのお子さんは当てはまりますが、程度によっては悩みが深いこともあるでしょう。

本人がやる気を出すまでほっておくというのもよく聞く話ですが、わたしが二人の娘を育ててきた経験からいっても、よそのご家庭の様子を見聞きするにしても…

勉強しない子を親が放っておいて、自分からやる気を出すというケースはあまりないように思います。

お子さんに合った方法を試行錯誤して、何かしらうまくいけば軌道に乗ることもあるとは思います。

スポンサーリンク

中学生勉強しない成績悪い塾は意味あるのか?

中学生勉強しない成績悪い塾は意味あるのかという悩みについては、場合に寄りけりでしょうけど、お子さんに合う塾があれば意味があるとはいえると思います。

成績が下がり続ける、勉強しない態度がひどいなどの場合は塾があってないことが考えられますね。

集団塾でも、個別塾でも、お子さんに合う塾を探すのは案外難しかったりします。

成績に不満はあるけれども塾をやめさせるともっと下がる気がしてやめさせられないというのもよく聞く話です。

こういう場合は、塾の相性だけではなくて、家庭での生活習慣全般や親の学習フォロー体制、言葉のかけ方なども振り返ってみるといいと思います。

高校受験は塾が必要?小学生中学生はいつから行くべきか?塾なしは?
公立中学進学予定の小学生の保護者「中学受験しない小学生や中学生はいつから塾に行くべきか。必要性はどう判断するのか。高校受験塾なしで行かないのもあり?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 中学生の塾が必要?高校入試方法と子どものタイプ 高校受験のために小学生中学生の塾はいつから行くべきか 塾なしで高校受験?通信教育だけで公立トップ高校に合格! わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 自分の子育てや、お友達のご家庭などのお話を通して、塾の必要性は子供のタイプによって全く違うと感じています。 今となって思うのは、受験勉強の土台となる標準的な学力をつけるには、 塾の有無よりも、まずは短時間でも毎日のルーティン学習習慣をつけるのが何より大事 ということです。 そこで、今回は塾の必要性の判断の仕方や、毎日の学習習慣をつける対策をわかりやすく解説しようと思います。 高校受験に向けて、お子さんの通塾を迷っている小学生中学生の親御さんや、本当に受験勉強で大事な勉強法について知りたい方はぜひお読みください。 お子さんを伸ばす受験勉強の仕方が実感できるはずです。
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。

中学生勉強しない放っておくか手伝うのか

中学生勉強しない放っておくか勉強を親が手伝うのかということについてはそれまでの親子関係にもよるのでなんともいえないですが、

基本そのまま放っておくだけではよくはないと思います。

親が勉強をへたに手伝うとケンカになることもありますので、うまく手伝えない場合は、親身になってくれる個別指導塾を探すのが、まずは話が早いかと思います。

全国展開している個別指導塾のスタンダードは、親、子、それぞれとしっかりと話をし、学力診断もしたうえで、必要なカリキュラムを組んでくれるので、ストレスが少なく始めることができると思います。

先生との相性や変更も相談できるので、安心です。

オンラインと通塾を両方選べるし、使い分けもできるので、家庭や部活の事情に合わせて日時も選べ、続けやすいと思います。

個別指導としては料金も安い方だと思います。

一度資料請求、無料体験などしてみる場合はこちらから申し込めますよ。↓

スタンダード
スポンサーリンク

中学生勉強しないやる気を出させる方法

中学生勉強しないやる気を出させる方法は、まずはハードルの低いところから手を付けて得意科目を作り、「できた!」という小さな体験をいくつも積み重ねていくことです。その自信がやる気につながっていきます。

最初はあまり気負わずにまず、教科書を1ページ読んでみる、問題を1つ解いてみる、それを積み重ねていくことをイメージするのがいいです。

家庭学習で親もそういった点を意識して、5分でも机に向かったらほめるくらいのつもりでハードルを低くして、声がけを具体的に、一度にすることは1つだけ、といったやることの細分化を意識するといいと思います。

個別指導塾スタンダードの先生はプロなので、そういったやる気の引き出し方が上手です。

家庭でも気を配りつつ、塾でもプロの力を借りると親も安心できるし、子供もよい刺激を受けられそうですよね。

adhd勉強しないやる気がない子供の対策9選!集中力ない小学生中学生は?
勉強しない小学生中学生の保護者「勉強にやる気の出ない軽度adhdの子供はどうすれば集中できるのか?注意欠陥障害でじっとできない時やぼんやりしていることが多く家庭学習対策や教材を知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・勉強でやる気が出る家庭でのadhd学習対策とグッズ9選 ・adhd発達障害の子に向く集中力が持続できる通信教材 わたしはadhdとアスペルガーの診断済み発達障害当事者です。娘二人は未診断ですが、私に似たところがいっぱいあるので、グレーゾーンと思ってわたしなりに気を付けて勉強しながら育ててきました。 adhdは、当事者本人にとっても家族にとっても困り感がいろいろあると思うのですが、 中でもつらいのが、やる気が出ないということです。 やる気なんて実際存在しないので、とにかく勉強や仕事に手を付けてしまって作業興奮でやっていくしかないんですけど、 その最初の手を付けるところがとにかくつらいということがあったりします。 ただ、ちょっとしたきっかけで、案外あっさり手をつけられることもあるので、そういうヒントになりそうな対策を9つご提案したいと思います。 私や子供が実際に経験したことも含んでいるので、参考になることがあればうれしいです。 また、最後に発達障害のお子さんに向く教材もご紹介しています。

まとめ

中学生勉強しないやる気を出させる方法は、まずはハードルの低いところから手を付けて得意科目を作り、「できた!」という小さな体験をいくつも積み重ねていくことです。その自信がやる気につながっていきます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました