中学生が塾で成績が上がらない!親が口うるさいから?詰めが甘い?

親のかかわり方
この記事は約6分で読めます。

中学生の子どもに高いお金をかけて送迎の手間もかけ、塾にも通わせているのに、家では口うるさく言わないと勉強したがらず、成績も上がらない…ご自分のお子さんにそういう不満を持つ親御さんも多いと思います。

中1、中2でも気になるのに、中3になるとさらに親のほうが焦ってしまいますよね。

親だけに、わが子の勉強の仕方のアラが見えてしまい、詰めの甘さ、性格の欠点を責め立ててしまうのもよくある話です。

でも、お子さんはどう思っているでしょうか。責め立てられて、自信のある子に育つでしょうか。

スポンサーリンク

中学生塾成績が上がらない口うるさい親に子供は

中学生で、塾に通わせていたり、自宅用の教材でも親が手をかけて勉強させていたりするような場合、なかなか成績が上がらないと、お子さん自身も勉強がおっくうになるでしょうし、親もいらいらしがちですよね。

第1子は特に期待が大きい分、失望も大きくなりがちなのかなと思います。

わたしもそうでしたので(冷汗)。

きょうだいで勉強の出来を比べられてつらいとかいうお子さんもいるようで、胸が痛みます。

勉強の不出来をきっかけに生活態度のすべてを否定され続けたある中学生のお子さんは、「この世から消えてしまいたい」といいだしたそうで、そこで親がはっとしてあわてたという話もきいたことがあります。

わたしも子供が小さいころはいろいろ期待しすぎて、できてないことに怒りっぱなしのいやなお母さんでした。

子どもが3歳を過ぎるころから「ああ、うちの子はほかの子にくらべてなんでも遅いんだな」とだんだんわかりはじめました。

小学校に入るころには「1-2年遅れてもいいや。ちょっと遅れても育ち残しのないように遅れても身に着けさせるようにしよう」と思うようになり、よそのお子さんと自分の子を比べるのをやめて、よい意味でのんびり母さんになれたと思います。

わたしは自分の子が期待に応えてくれないということ、早めにあきらめがついて正解だったと思います。

子どもだけをみて、子供のためになることだけ見れるようになりましたから。

だから、小学校高学年、中学生、高校生になっても、期待に応えてくれない子供に怒り続けているお母さんというのは、ある意味諦めが悪いというか、よい意味では子供のことをあきらめていない、期待しているいいお母さんなんだと思いますが、お子さんにはつらいものがあるんじゃないかと思うんですね。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。

成績が上がらない子親が詰めが甘い性格責める

親としてはあれこれしてやっているつもりなのになかなか成績が上がらない子に対して、親が子供の詰めが甘い性格責める、十分勉強しきってない努力不足を責めるというのはよくある話のようです。

でも、責め立てて成績ってあがるでしょうか。わたしは成績の良いお子さんのご家庭でそういうタイプをあまりお見かけしないように思います。

成績が上がらない子というのは、成績の上げ方がわからなくて困っている子なんじゃないかと思うんですね。

中学生の子どもはみんな成績を上げたいと思っているものですよね。

なので、もっと努力しろとしかりつけるよりは、お子さんに合う勉強方法や教材を一緒に探してあげるほうが問題の解決としては近道なんじゃないかと思うんですよ。

いかがでしょうか。

そのためには、わたしのおすすめは、よくお子さんを観察し、おこさんのよいところ、苦手なことをよく思いうかべること。お子さんの好きなことをいろいろ考えてみること、です。

ゲームの好きなお子さんなら、タブレットやパソコンの教材と相性が良いかもしれません。

短時間しか集中力が続かないようなら、1つの単元を学ぶのに短い時間で済む教材が向いているかもしれません。

競争が好きなお子さんなら、学習の中にタイマーを取り入れて時間と競争させるのもいいでしょう。

字を書くのがきらい、苦手なお子さんなら、2B4Bなどのやわらかい鉛筆を使わせると書きやすいかもしれません。

受け身的なお子さんなら、教科書を親が読んであげれば、キーワードだけ答えさせるクイズ形式だと頭に入りやすいかもしれません。

甘えん坊のお子さんのために、テストやプリントの間違えた問題を切り貼りしてノートを親が作ってやれば、解き直しをしてくれるようになるかもしれません。

毎日少しでも勉強したら、ご褒美にチョコやココアを用意してあげるのも悪くないかもしれません。

お子さんに合う教材や塾ももっといろいろ調べて問い合わせすべきかもしれません。

親が口うるさく言うよりも、こうやって親が頭を使って、汗をかき、手を汚し、子供が勉強しやすい環境を作るためにどうしたらいいかだけを考えるほうが、お子さんにとっても親にとっても、実はとても楽なんじゃないかと思うんです。

怒る暇がなくなりますから。

実はうちの下の子は中1で、成績も悪くなくて、ずっと定期テストで5教科480点以上とっていたんですが、最近ちょっとおちて460点台になったんです。

もちろんわたしはがっかりしましたが、すぐに気持ちを切り替えました。よかったところだけほめ、あとはまたがんばろうねで、話は終わりました。

そして、なぜ、成績が下がったのか(今回は社会と理科がよくなかったです)、どうすれば上がるのかを考えることに気持ちを集中することにしました。

わたしのみたところ、やはり理科と社会の勉強時間がちょっと足りていなかったのではないかという印象がありました。他の宿題に時間をとられすぎていたのです。

なので、子どもには特にいってませんが、次の定期テストは、早めに宿題を終わらせ、理科社会に十分時間をかけられるように手伝ってやろうと思っています。

子どもを叱らないですむのはとても楽なんです。

子どもに合うものを探し、子どもが喜ぶことをしてあげる。子どもがいくつになってもそれが大事だとわたしは思います。

スポンサーリンク

個別指導成績が上がらない場合はデジタル教材も有効

集団塾だけでなく、個別指導や家庭教師もつけているのに成績が上がらないというような場合は、最近注目されているデジタル教材を試してみるのもよいかもしれません。

勉強時間も調節でき、料金も手ごろなので、塾との併用も考えられます。

わたしのおすすめはすららというデジタル教材なのですが、多くの塾や学校でも採用されている実績のあるデジタル教材です。

 無学年制のインターネット通信教育すらら

お手持ちのタブレットやパソコンをつかってWi-Fi環境で使用できます。

すららは英国数の3教科で、双方向性のアニメレクチャーで飽きることなく理解を深めることができ、ドリル、テスト機能で演習量も十分確保できます。

学力診断テストで、学び残しのある部分を洗い出し、どこを勉強すれば成績が上がるのかを明示してくれるので、無理なく無駄なく勉強できます。

東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

[quads id=2]

まとめ

もっと努力しろとしかりつけるよりは、お子さんに合う勉強方法や教材を一緒に探してあげるほうが問題の解決としては近道なんじゃないかと思います。

子どもに合うものを探し、子どもが喜ぶことをしてあげる。子どもがいくつになってもそれが大事だとわたしは思います。

スポンサーリンク