高校受験の志望校決定時期いつから?高校選び変更上げる?下げる?

高校受験
この記事は約5分で読めます。

先日、公立中学1年の子どもの保護者懇談会に行ってきました。

学年全体のもので、高校受験についての情報提供ということでしたが、複数の先生が教師としてではなく、親として経験した高校受験、大学受験について体験談をしてくださり、保護者の先輩としての御意見もいろいろあって、とても参考になりました。

うかがったお話の中から、一般的にも参考になると思われるご意見や情報をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

高校受験志望校決定時期高校選びいつから探す

高校受験の志望校を最終的に決定するのは原則中学3年の2学期の終業式で、どこを受けるのか決まっている状態にしておく必要があるそうです。

うちの子どもの中学では公立私立ともに願書は学校が取り寄せてくださいますので、志望校を取りまとめて願書を取り寄せ、年明けすぐに願書を本人に書かせて、保護者が受験料を払い、出願書類を出すという段取りがあります。

そのためには中3の2学期の終わりが志望校決定時期のぎりぎりのタイミングになるということです。これは地域によっても違う可能性があるので、あくまでそういう中学があるということで参考にしてください。

そして、中3の2学期の終わりに志望校を決めようとおもったら、中3の2学期後半までに、志望する高校についてネットや受験情報誌、パンフレットで調べる、高校見学、高校体験、説明会に行く、オープンキャンパスに行く、などの高校リサーチを済ませておく必要があるということになります。

先生方のお話しでは、志望校をどうするのか、見学に行かないのかなど親から何度も働きかけてもなかなか動かない子もいれば、自分から、行きたい大学を考えて逆算するとこの高校が良いと思うというようなことを調べる子もいて、子どもに任せておくと個人差が大きいということでした。

子どものタイプを見極めつつ、中1、中2の早い時期から公立、私立含めていろいろな高校を見て回っておくのがよいとのことでした。

中3になったら、志望する高校には、特に私立の場合、機会があれば何度も訪問しておくと、先生に顔や名前を覚えてもらって、学校から水洗のお話しがきたりすることもないわけではないそうで、有利になることがあるとのことでした。

わたしの経験からも志望校をある程度絞りつつ、複数回高校に行くことで、志望する理由が子どもの中ではっきりすることがあったので、中3では公立私立ともに志望校に複数回行って、実際に受ける高校を最終的に絞るというのがよいと思います。

そのためには、中1、中2からある程度高校を見て、情報を集めておく必要があるというわけです。

高校受験で第一志望と併願校決め方は?高校学校説明会や見学行く意味
中学生の保護者「私立公立の高校学校説明会や見学に行く意味は何?高校受験で第一志望と滑り止めの併願高校の決め方をいつどのようにするのか知りたい。」 ・高校受験の学校説明会や見学に行く理由といつから行くか ・高校受験第一志望と併願高校の決め方と時期は? ・高校受験滑り止めの私立公立高校の決め方 公立中学校の中3になると、中学校から高校のオープンキャンパス、見学会、学校説明会のお知らせをたくさんもらうようになります。 中3で初めて高校を意識して見に行く人も多いですし、それで十分間に合うという人も多いのですが... わたしのおすすめは、中1中2からできるだけ受ける可能性のある高校を実際に見ておくことです。 中1中2から高校受験を意識して勉強するようになるのでおすすめです。また、中3で成績が急降下した場合や、第一志望や併願校に落ちた場合にも対応しやすくなります。 詳しくは以下の記事で解説します。
高校説明会で親と子供の服装持ち物は?個別相談で何を相談質問する?
中学生の保護者「公立私立の高校の説明会に参加するときの親と子供の服装や持ち物はどうしたらよいのか。個別相談で何を話してどういう相談や質問をしたらよいのか知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・高校説明会親の服装、持ち物はどうする?子供本人は? ・高校説明会の個別相談で何を話す?必要なものは ・高校説明会ではよいところを探すのが重要ポイント 高校受験を控え、中3だけでなく、中1中2も含め中学生の多くが、夏から秋にかけて、高校説明会、学校説明会、オープンスクール、オープンキャンパス、高校見学、入試相談会などに参加されると思います。 実際に学校に行かれることもあるでしょうし、オンラインで参加されることもあるでしょうね。 高校説明会などに参加するときは、保護者も同伴されることが多いと思います。親御さんだけ参加という場合もありますね。 できれば親子でいっしょに行って、子供だけの目線ではなくて、親の目線で、子どもに合う学校をしっかり選びたいですよね。 わたしは娘二人の高校受験を経験しましたので、その経験もふまえて、参考情報をお届けしたいと思います。 塾や新聞社などが主催の合同進学相談会のようなものもあれば、個別の学校で見学会、学校説明会が開かれることもあります。 親子で参加することで、それぞれの目で志望校の学校の良さをチェックして、前向きな気持ちで志望校を決め、受験に臨めるようになるといいですね。 高校説明会に参加するのにあたって、迷うのが親の服装だと思います。また、持ち物や質問することなども知りたいですよね。以下の記事でお答えします。

高校受験志望校を下げる上げる変更タイミング

高校受験志望校を下げる上げる変更タイミングは個人差があります。

親が子どものタイプを見極め、どうしても変更する場合は、前向きな理由で志望校を変更するように声掛けをしてあげる必要があるでしょう。

3年の10月、11月ごろの模擬試験、実力テストなどで、おおむね合格可能性がデータとして出てくると思いますので、親として変更が妥当と判断する場合や、お子さんの希望があれば、お子さんとよく相談するのがいいですね。

少し無理をした高いレベルの公立高校にいったお子さんが、下の方の成績で合格した後、成績が伸びないまま大学受験を迎え、結局不本意な大学に行き、大学での勉強のモチベーションを保てないというような話はよく耳にします。

しかし、やりたいことがはっきりしていれば、すこし無理をした高校でもがんばりぬいて希望の大学に行きはりきっているというお子さんの例もききます。

同じ高校にいっても感じ方、過ごし方は個人差があるということです。

スポンサーリンク

失敗しない高校選び高校受験志望校高望みの是非

高校選びが成功、失敗したかどうかは、高校に入って3年過ごしてみないとわからないことだと思います。

高望みした高校に行ってよかったお子さんの例もききますし、すこしランクを下げた高校でトップクラスを守り、レベルの高い大学に行けて満足という例もききます。

一方で、高望みした高校にぎりぎり入れたものの、成績が伸びず、学校に行くのもおもしろくなくなって、不登校、留年や、不本意な大学への進学などの例もあります。

なので、高校ではどうなるかわからないからこそ、中学の間に、しっかり親子で高校を見て、納得して高校を選ぶということが大事になるのだと思います。

中学校の懇談会で先生の親としての体験談をうかがってわかったのは、経験豊富な公立中学の先生方も案外個別の高校情報にはうといということで、知りたい情報を手に入れるためには、親子で積極的に動く必要があるということでした。

また、中2の終わり時点の成績でおおよそ進路が決まるため、中3になってからがんばろうでは遅いということもわかりました。

中1、中2の間にきちんと成績をつみあげておくことで、進路の選択肢が増えます。

学校の勉強だけで十分なお子さんは正直少ないと思います。特に成績に不安のあるお子さんの場合は、学習の積み残しを解消するメソッドのある塾や学習教材がおすすめです。

勉強に遅れがあるお子さんに向いているとわたしが思う学習教材はタブレット教材、パソコン教材のすららというものです。

※すららが5教科対応になりました!※
理科社会は小3から中3の範囲
英語は中1から高3の範囲です。

公式サイトから無料体験できますので、よければお試ししてみてください。↓

 すらら 公式サイト

まとめ

中1、中2でしっかり成績を取りつつ、親子で高校の情報収集もはじめておくのがおすすめ。

中3で、進路選択の幅が広がり、志望校を的確に絞るための時間もとれるので、中3になってから勉強、情報収集ともに慌てないようにするのがよいです。

スポンサーリンク