高校受験は公立のみ?学費高い私立受けないのは無謀でかわいそうか?

高校受験
この記事は約4分で読めます。

高校受験公立のみで私立高校受けないという選択をするご家庭もあります。

学校との相性もありますし、地域差もありますし、経済的な問題も大きいと思います。

滑り止めの私立を受けさせないのは無謀かわいそうかと周囲の目を気にする保護者の方もいらっしゃるでしょう。

ただ、私立高校学費高い場合は、無償化を実施している地域や特待生などの方法もあるので、良い感触の学校があるなら、最初からあきらめずに調べてみることもおすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

高校受験公立のみは無謀子供がかわいそうか

高校受験公立のみは無謀子供がかわいそうかということですが、ほんとにどこを受験するのかというのはデリケートなプライベートな問題なので、各ご家庭の判断でよいと思います。

むりして私立にいかせても途中で学費が足りなくなって退学しては元も子もありません。

最近は公立高校も複数回チャンスがある地域が多いと思うので、1.5次募集、2次募集3次募集のスケジュールも頭に入れて、公立のみの受験もありだと思います。そういうご家庭も少なくはないのです。

ただ、やはり、行く高校がないという事態は避けたいので、よくある話としては、実力よりも1ランク、2ランク下の高校を受けて確実に合格させるという方針で受けさせることが多いというのは耳にします。

よりレベルの高い学校にチャレンジしたいお子さんにとっては、滑り止めなしでチャレンジするか、確実な高校を選ぶかで、厳しい選択を迫ることにはなると思います。

安心してハイレベル高をチャレンジするには、ある程度のレベルのすべりどめにいくつか合格しておくことで自信もつけられる面もあります。

高校説明会で親と子供の服装持ち物は?個別相談で何を相談質問する?
中学生の保護者「公立私立の高校の説明会に参加するときの親と子供の服装や持ち物はどうしたらよいのか。個別相談で何を話してどういう相談や質問をしたらよいのか知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・高校説明会親の服装、持ち物はどうする?子供本人は? ・高校説明会の個別相談で何を話す?必要なものは ・高校説明会ではよいところを探すのが重要ポイント 高校受験を控え、中3だけでなく、中1中2も含め中学生の多くが、夏から秋にかけて、高校説明会、学校説明会、オープンスクール、オープンキャンパス、高校見学、入試相談会などに参加されると思います。 実際に学校に行かれることもあるでしょうし、オンラインで参加されることもあるでしょうね。 高校説明会などに参加するときは、保護者も同伴されることが多いと思います。親御さんだけ参加という場合もありますね。 できれば親子でいっしょに行って、子供だけの目線ではなくて、親の目線で、子どもに合う学校をしっかり選びたいですよね。 わたしは娘二人の高校受験を経験しましたので、その経験もふまえて、参考情報をお届けしたいと思います。 塾や新聞社などが主催の合同進学相談会のようなものもあれば、個別の学校で見学会、学校説明会が開かれることもあります。 親子で参加することで、それぞれの目で志望校の学校の良さをチェックして、前向きな気持ちで志望校を決め、受験に臨めるようになるといいですね。 高校説明会に参加するのにあたって、迷うのが親の服装だと思います。また、持ち物や質問することなども知りたいですよね。以下の記事でお答えします。

高校受験私立受けない家庭どう思われるのか

高校受験私立受けない家庭どう思われるのかということですが、経済的な問題だけでなく、通える範囲で受けたい私立高校がないからという理由で公立のみの受験にされるご家庭もありますから、周囲の目を気にされる必要は全くないと思います。

お子さんとご家庭にとってもっともよい組み合わせで受験するのが一番です。

スポンサーリンク

私立高校学費高い無償化特待生などの制度も

私立高校学費高いと最初からあきらめてしまうのではなく、地域の無償化などの制度もしらべて、収入額が適合する場合は、公立とかかわらない学費で済むこともあるので、中学校や高校、役所などに相談してみてください。

私立高校には特待生などの制度もあるところもありますので、特に優秀なお子さんなら、滑り止めとして特待生をねらうという方法もあります。

お子さんには最初からうちは公立しか行かせられない、私立はダメだとあまりに言いすぎると、ほかの子は私立の滑り止めを受けられるのになぜだと反発するケースもあるときいています。経済的な問題はとても大事ですが、できるかぎりお子さんの希望にも沿ってあげるように親も努力したいところです。

中学3年生ということで、いままで塾なしで来られた方も塾や通信教材を使用を考えることもあると思います。

経済的に厳しい場合や、お子さんの学力が低い場合などは、学費の高い塾は迷いますよね。

一度おためしになってほしいのはすららという家庭学習教材です。

プロの塾講師のアドバイスもつきます。

相談しながら受験勉強もすすめられるので、家に居ながら個別塾に通っているようなサービスになっています。

公式サイトから無料体験できるので、よければいちどお試しになってみてください。

無学年制のインターネット通信教育すらら

まとめ

高校受験私立受けない家庭どう思われるのかということですが、経済的な問題だけでなく、通える範囲で受けたい私立高校がないからという理由で公立のみの受験にされるご家庭もありますから、周囲の目を気にされる必要は全くないと思います。

お子さんとご家庭にとってもっともよい組み合わせで受験するのが一番です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました