小学生の作文の書き方教え方のコツ!文章力で子供の考える力を伸ばす

小学生の勉強
この記事は約9分で読めます。

小学生の保護者「小学生の子供への作文の書き方のコツ、教え方を知りたい。低学年小1小2小3と高学年小4小5小6で書き方の違いは?」

この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容
・低学年小学生の作文教え方書き方のコツ!最初はメモを親が作る
・高学年では型に対応したふせんで文章を書くと作文が簡単に
・文章力アップで子供の考える力を伸ばす鍛える

うちは高校生大学生の二人の子がいるのですが、

小学校までの乳幼児の時代に、

子どもに絵本をたくさん読み聞かせておけば、

自然と読む力も書く力も身につく

とどこかで思っていた部分がありました。

実際には子どもが小学校に入ってみれば、ほんとに文章を読む力も作文を書く力もなくて、唖然とすることが何度もありました。

今思うと最初はできなくて当たり前なんですね。

結局作文レポートの類は、小学校どころか中学校までかなり手伝った

思い出があります。

作文の親の手伝い方にもコツがあって、

最近よい方法を本で見かけましたのでご紹介したいと思います。

子どもの作文の手伝いは案外手軽にできますので、ぜひトライしてみてください。

作文が書けなくてうんうんうなっている子どもにイライラしなくて済みますよ。

スポンサーリンク

低学年小学生の作文教え方のコツ!最初はメモを親が作る

以下、低学年向けのアドバイスですが、作文の苦手な子であれば、学年に関係なく使える方法だと思います。

「小学1年生の困った!レスキューブック」主婦の友子育てBOOKSの中で、
東京学芸大学付属世田谷小学校教諭稲垣悦子先生の話として、
「文章をかける子は国語力が身につきやすい」という章があります。

その中で

作文力育成!ママメモ作戦
●大きめの紙を用意して、子どもの話をどんどんメモしていく。
●最後にママが、文章にして読んでみる。


という方法を紹介しています。

最初は親が手伝っていいんですね。

作文でこうして作るんだなということをだんだんと経験させていきます。

「3行メモ×5枚で800字作文がスイスイ書ける」松永 暢史著の中でもう少し具体的なやり方を見つけました。

小学校2年生の遠足の作文を例にしています。

最初は親がメモを作るのを手伝い、完成段階は子供が書くようにします。

質問の具体例としてはこんな感じです。↓引用

〈質問〉
どこへ行ったか?
どうやって行ったか?
どんなところだったか?
何が目に浮かぶか?
自由時間に何をしたか?
何がいちばんおかしかったか?  
どんな事件があったか?
結局、何がいちばん心に残るか?
友達の誰といっしょに行動したか?
お天気、弁当、その他 語っておきたいことがあるか?

こういう質問の答えをメモにして並べていって作文を書かせていくというやり方です。

付箋やブロックメモを使って1枚に1つメモしていけば、

いろいろ並び替えができそうです。

意外と簡単にできそうですよね。

おしゃべりがそのまま作文になっていきます。

書き上げた作文は家族で読んで、大いにほめてあげて楽しみましょう。

自分でできるようになるまでは、学年に関係なく、

こうやって親が手伝ってあげていいのではないでしょうか。

なお、小学校低学年の子への親のかかわり方は以下の記事でも書いています。↓

スポンサーリンク

高学年では型に対応したふせんで文章を書くと作文が簡単に

「東大式ふせん勉強法」清水章弘著の

「書くことで困らない!ふせんで記述分解」という章では、

高学年以上のお子さん向けに、付箋を使って、

意見・理由・経験・結論の型で書く方法を教えてくれています。

たとえば、ある意見に対し、自分の考えを200字で書きなさい、といったお題に対して、

大きめの付箋を使って、以下の形に箇条書きでメモを書いていくんですね。

※「東大式ふせん勉強法」清水章弘著より引用↑

この形ならば、普通の作文や読書感想文も書けますよね。

応用の利くすごく便利な型だと思います。

これも、嫌がる面倒くさがる子には、

メモ作りを親御さんが手伝ってあげて、

最後にお子さんに作文の形に書かせるなどのフォローもできますね。

なお、親の子供への勉強のかかわりについては以下の記事でも書いています。

小学生勉強できる子の親はどうしてる?頭がいい子の育て方かかわり方
小学生の親「子供が勉強できるようになる方法、頭がいい子の育て方を知りたい。勉強ができる子の親はどのように子供にかかわっているのか?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・頭がいい子=自分の頭で考える子を育てる10のことば ・勉強ができる子の親は子供から教わっている?! 頭がいい子っていろんな定義がありますよね。 成績が良い子勉強ができるだけではなくて、気が利く子、心がしっかりしている子、優しい子なども含みます。 いろんな意味で子供たちにはバランスよく頭のいい子になってほしいものですね。 頭がいい子=自分の頭で考える子として、育てる立場のかかわり方をアドバイスしてくれる良書を最近読みましたのでシェアしたいと思います。 10のことばというマジックワードが出てきます。すぐに実践できますよ。 親の普段の姿勢でおすすめの「子供からの教わり方」もご紹介します。 親が子どもの力を引き出す力を実感していただければ幸いです。
小学生の勉強内容とやり方!小学一年生~六年生に親が関わる勉強方法
東大に行った娘がいますが、小学生の初めは勉強させるのにとても苦労しました。 小学生を勉強好きにさせることは難しいのでしょうか? 小学生って家で何を勉強させたらいいのか、案外わからないものですよね。 学校で何を学んでいるかを親が把握することで、その目標に近づくスピードはぐっと増すというのはあるみたいですよ。 最初はふわふわと小学校に通っていた娘が、だんだん自分の口で授業で習ったことをしゃべれるようになるとテストなどでもしっかり点が取れるようになった経験があります。 親が関わって家庭学習をすすめることは中学で上位層に食い込む大事な足掛かりになります。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

文章力アップで子供の考える力を伸ばす鍛える

ちょっとした糸口から会話を重ねてメモを作っていけば、文章は書ける

と分かれば、お子さんも楽しんで作文を書けるようになるのがわかりますよね。

書く力、話す力を問われる時代ですので、

文章力アップを通じてお子さんの考える力も伸ばしてあげたいものです。

毎日何かしら書くと力がつきますので、

 小学生向け作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

のような作文のエクササイズを生活に取り入れてみるのもいいかもしれません。

ブンブンどりむについては以下の記事でも詳しく書いています。↓

小学生が作文や記述が苦手!書く力をつける勉強法?作文通信教育は?
小学生の保護者「子供が作文や記述問題の答えを書くのが苦手なので力を付ける勉強法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生が自分で考える力を身に着ける!書くことでアウトプット ・小学生向け作文通信教育で書く習慣や人に読んでもらう経験ができる 勉強の苦手な中学生、高校生の家庭教師をした経験があります。 文章を書くのが嫌いで、字を書くのが面倒だと感じる子供さんは結構多いという印象を受けました。 国語ワークの記述解答のところだけすっかり空欄で最初からやろうともせず、答えだけ丸写しの子、写しすらしない子、けっこういました。 小学生で文章を書くのが嫌いだと、その後の考える力、学力の伸びにも影響します。 考えること、作文を書くことが楽しいと感じる経験をさせてあげたいですよね。 文章を書く経験は、家庭でも手軽にできる方法はあるのですが、より子供に合う教材で、プロの先生に添削してもらうともっと力がつくと思います。 この記事では、家庭でできる取り組みや、人気の作文通信教育をご紹介しますので、きっとお子さんに合う方法が見つかると思いますよ。

まとめ:作文は慣れるまで親が手伝ってよし

作文というのは、書き手と読み手のおしゃべりの延長なんですね。

なので、親子の会話を楽しみながら、作文に慣れないうちは親がメモ作りを手伝ってあげていいと思います。

自分の話したことがメモになり、組み合わせて文章になっていくのを何度か経験していくうちにお子さんもコツをつかんでくれるようになるでしょう。

書けたものはちゃんと読んでほめてあげるのが大事です。

何かと機会を作ってお子さんが書く経験をするようにしてあげると考える力もつきますね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました