部活引退後の受験勉強はやる気アップする?中学生の高校受験生に期待!

中学生やる気
この記事は約3分で読めます。

部活引退後の受験勉強をお子さんにがんばってほしいと願っている親御さんは多いと思います。

成績アップやる気出ることにつながるといいですね。

日ごろ、部活をがんばっているけれども、その分時間が足りずにつかれきってしまって、勉強がついていけなくて、成績が上がらない、底辺をさまよっているなどのお子さんもいらっしゃると思います。

スポンサーリンク

部活引退後の受験勉強成績アップやる気出る?

部活引退後の追い上げで、やる気を出して成績が急激にアップするという期待をすることが多いと思いますが、わたしが現実に見聞きしたり、ネット上の口コミなどを見る限りは、成績のよくないお子さんが、部活を引退したからといってすぐに成績が上がる例というのは、正直あまりきかないです。

なので、忙しくても、中1から、コツコツと学習習慣を身に着け、ゆっくりでも、きちんと学習を続けてきた子というのが、部活引退後に大きく伸びるタイプだと思います。

親御さんもお忙しいでしょうが、中3になってあわてることのないように、中1から高校受験に向けて、日ごろの定期テスト対策をがんばるように、環境をととのえ、励ましてあげることが必要だと思います。

部活を引退するのを待っているのは遅いと考えたほうが良いと思います。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
高校受験3ヶ月で偏差値10上げる?半年で偏差値20上げる方法はある?
中学生の親「偏差値40台の子供を高校受験で偏差値55できれば60以上の高校に行かせたい。3か月で偏差値10以上上げる方法があれば知りたい。」 ・3ヶ月で偏差値10上げる方法とは?高校受験対策 ・半年で偏差値20上げる方法はあるのか?高校受験可能性広げる ・偏差値60以上の高校に行くにはどうすればよいか 1か月2か月3か月せめて半年で、中学生の子供の偏差値10とか20とか上げる方法を知りたい。欲を言えば2週間で偏差値10上げたい。 すごく短期間で、偏差値を爆上げしたい親御さん、生徒さんは多いと思います。中学3年生になっていればなおさらですよね。 偏差値60台のお子さんを偏差値10以上あげるというのは至難の業だと思いますが、偏差値30台、40台のお子さんなら、比較的短期間で、偏差値10から20程度上げることは可能性は十分あると思います。 親も子も覚悟が必要ですが、努力する値打ちはとてもあると思いますので、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

中学生部活引退時期遅くてもスイッチ入る?

中学生で、部活の引退時期が2学期以降になってしまうなど、とても引退時期が遅い部活もあります。

引退が実質ない場合もあるかもしれません。

なので、それを見越して、引退時期に関係なく、使える時間を上手に使って、忙しくても、学習量を確保できる、自宅学習教材は魅力があると思います。授業、演習、テストの良質な組み合わせが魅力のすららなどは部活が忙しく勉強が苦手なお子さんにもとても向いています。

 無学年制のインターネット通信教育すらら

中1、中2から高校受験を意識するのは決して早すぎることはありません。

中学生の成績が上がる勉強法!苦手を克服する人気の通信教育すらら
親は働き盛りで、中学生の子供は部活に勉強!親も子も忙しい中学生時代ですね。 お子さんの勉強嫌いや成績の伸び悩みは深刻な問題になると思います。 頭の良い子ほどやっても無駄なことをしたがらないのでやる気も出なかったりします。 必要なことだけ学習できると直感的に理解できるタイプの通信教育は受け入れられやすいかもしれません。 学年相当の学習をしながら、無学年でさかのぼり学習もして、基礎学力の補強もしていけるのが、通信教育「すらら」の最大の魅力です。 すららの世界をちょっとご紹介したいと思います。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
自宅学習の教材選び!中学生の通信教育はデジタルか紙か?
自宅学習教材を探すときに、通信教育やネット塾に興味を持つ保護者やお子さんは多いと思います。 通信教育というと定期的に教材が届いて添削がされるイメージがありますが、現在はそれに加えてデジタル化されたオンライン塾といった形の通信教育も増えています。 通信教育の主な種類と特徴を知って、お子さんのタイプに合うものを選ぶのがいいですね。
スポンサーリンク

受験生部活引退からの追い上げ期待できる?

部活引退後の追い上げで、やる気を出して成績が急激にアップするという期待をすることが多いと思いますが、わたしが現実に見聞きしたり、ネット上の口コミなどを見る限りは、成績のよくないお子さんが、部活を引退したからといってすぐに成績が上がる例というのは、正直あまりきかないです。

なので、忙しくても、中1から、コツコツと学習習慣を身に着け、ゆっくりでも、きちんと学習を続けてきた子というのが、部活引退後に大きく伸びるタイプだと思います。

親御さんもお忙しいでしょうが、中3になってあわてることのないように、中1から高校受験に向けて、日ごろの定期テスト対策をがんばるように、環境をととのえ、励ましてあげることが必要だと思います。

部活を引退するのを待っているのは遅いと考えたほうが良いと思います。

中学生が部活と塾を両立させる?送迎親の負担や塾と通信教育の使い方
中学生になると、周囲で塾通いされるお子さんが増えてくるのもあり、通塾をご検討されるご家庭も多いと思います。 そこでよく悩むのが、塾と部活の両立ですね。よくある大手集団塾のカリキュラムだと、拘束時間が長すぎたり、日時の融通が利かなくて、通塾をあきらめたりもありがちです。 そこで、自分のペースで家庭の事情に合わせて利用できる個別指導塾は人気を集めています。
高校受験で第一志望と併願校決め方は?高校学校説明会や見学行く意味
中学生の保護者「私立公立の高校学校説明会や見学に行く意味は何?高校受験で第一志望と滑り止めの併願高校の決め方をいつどのようにするのか知りたい。」 ・高校受験の学校説明会や見学に行く理由といつから行くか ・高校受験第一志望と併願高校の決め方と時期は? ・高校受験滑り止めの私立公立高校の決め方 公立中学校の中3になると、中学校から高校のオープンキャンパス、見学会、学校説明会のお知らせをたくさんもらうようになります。 中3で初めて高校を意識して見に行く人も多いですし、それで十分間に合うという人も多いのですが... わたしのおすすめは、中1中2からできるだけ受ける可能性のある高校を実際に見ておくことです。 中1中2から高校受験を意識して勉強するようになるのでおすすめです。また、中3で成績が急降下した場合や、第一志望や併願校に落ちた場合にも対応しやすくなります。 詳しくは以下の記事で解説します。

まとめ

受験勉強は特に成績の低い生徒の場合、部活引退後の急激な成績アップに期待するのは難しいケースが多い。中1、中2から、忙しい部活と併せて無理なくこつこつ勉強できる環境づくりをするのがおすすめ。

スポンサーリンク