中学生が部活と塾を両立させる?送迎親の負担や塾と通信教育の使い方

高校受験
この記事は約3分で読めます。

中学生になると、周囲で塾通いされるお子さんが増えてくるのもあり、通塾をご検討されるご家庭も多いと思います。

そこでよく悩むのが、塾と部活の両立ですね。よくある大手集団塾のカリキュラムだと、拘束時間が長すぎたり、日時の融通が利かなくて、通塾をあきらめたりもありがちです。

そこで、自分のペースで家庭の事情に合わせて利用できる個別指導塾は人気を集めています。

スポンサーリンク

中学生が部活と塾を両立させるためには

中学生が部活や習い事と塾を両立させるには、部活、習い事、塾のいずれもそれぞれにあわせて時間調整をすることと、親御さんの送迎の都合をつけること、体力的な負担に無理がないようにすることなど、いろいろ考える必要があります。

個別指導塾だと、自分のペースや体力都合の良い日時などでスケジュールを組めるので、比較的気持ちの負担を少なくして始めることができます。

スタンダードなどの塾は先生との相性も相談できるので、安心です。

スタンダード

また、集団塾と違って、個別に学力チェックの上、必要なカリキュラムを組んでもらえるのも無駄がなくてよいと思います。

全国展開している個別指導塾スタンダードは直営で、先生の質や研修にも力を入れており、レベルの高い指導を期待できると思います。また、料金が良心的なのも魅力です。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。

塾中学生送迎の親の負担をなんとかしたい

大手集団塾の多くは、部活の終わった時間から授業を始めるので、拘束時間が長く、遅くなりがちです。

特に遠方だったり、女子生徒だったりすると、送迎の親の負担も相当なものになります。

また、お子さんの体力的にもなれるまで相当大変です。

個別指導の場合、たとえば、スタンダードなら、あらかじめ希望を伝えておけば、オンライン個別指導も可能ですし、時間帯を早くして女子生徒でも安心して帰宅できる時間に終わらせるなどもできるので、送迎の負担を軽くすることが可能です。

送迎ができないから通塾をあきらめていたような場合にもスタンダードなら対応してくれます。

スポンサーリンク

中学生忙しい塾と通信教育の使い方は?

オンラインで学習できる通信教育教材だとすららなどのきめこまかいサービスのものを利用するのもよいでしょう。

ただ、直接、個別に先生に指導してもらいたいであるとか、親以外の大人に接する時間を増やしてやりたいなどの考えがある場合には、個別指導塾はとても魅力があると思います。

とくにスタンダードは、普段通塾していても、希望すればオンライン指導に切り替えたりもできるので、忙しい時や送迎のできないとき、感染症などが心配な時にも柔軟に対応してくれるのが魅力です。

すららとスタンダードの両方を資料請求してみて比べてみるのもおすすめです。

スタンダード すらら 公式サイト

まとめ

個別指導塾だと、自分のペースや体力都合の良い日時などでスケジュールを組めるので、比較的気持ちの負担を少なくして始めることができます。塾と部活の両立も容易です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました