自宅学習の教材選び!中学生の通信教育はデジタルか紙か?

おすすめ通信教育!
この記事は約4分で読めます。

自宅学習教材を探すときに、通信教育やネット塾に興味を持つ保護者やお子さんは多いと思います。

通信教育というと定期的に教材が届いて添削がされるイメージがありますが、現在はそれに加えてデジタル化されたオンライン塾といった形の通信教育も増えています。

通信教育の主な種類と特徴を知って、お子さんのタイプに合うものを選ぶのがいいですね。

スポンサーリンク

自宅学習教材中学生向き通信教育はデジタル?紙教材?

現在の通信教育、ネット塾の多くは以下のタイプのものになっています。

1.紙テキスト型
日ごろ勉強する問題集などの教材が定期的に届くタイプ。添削が組み合わされているものもある。
手を動かして書く習慣がつくのがメリット。

 

2.デジタル動画配信型
ネットで授業動画を自分で選んで視聴するタイプ。
力のある講師の質の良い授業で理解がすすむのがメリット。

3.デジタルオンライン問題集型
タブレット、パソコン上で、デジタルの問題集を解いて、丸付けが自動でされるタイプ。
即時に自分の強みや弱点がわかり定着するのがメリット。

4.デジタルオンラインゲーム型
携帯用ゲーム機などで、反復学習するタイプ。
お子さんの興味を引きやすく暗記などに向くのがメリット。

以上の4タイプに分けられますが、以上の4タイプのいくつかを組み合わせてメリットを引き出している教材、サービスもあります。

デジタルと紙教材のハイブリットタイプなどもありますね。

わたしは個人的には、デジタル教材だけでなく、紙教材も合わせて使うタイプが、一番よいと思っています。

高校受験は紙のテストで勝負するからです。日ごろから手を動かすのが必要です。

しかし、いずれも、自分に合ったものを選び、自分で続けていくのは、難しい面が多いというのが通信教育の弱点ともいうべきところです。

なので、理解、定着、暗記を体系的に自分に合った内容が勉強できる通信教育の開発が期待されてきました。

デジタル教材のそれぞれのよさにくわえて、ノートやプリントもしっかり使うタイプの新しい通信教材サービス「すらら」に最近注目が集まっています。

公式サイトはこちらです。

無学年制のインターネット通信教育すらら

無学年制で、学年の枠を超えて、自分に合う所から始められるのが魅力です。

高校受験自宅学習教材はフォロー体制で選ぶ

通信教育はいずれも、自分や親が学習進行をしっかり管理しないと、すぐに続かなくなってしまうよく聞くパターンに陥ってしまいます。

自分がどこまで学習したか簡単に記録ができ、学習予定をこなしていくのに自信が持てる流れにもっていくのが理想です。

そこで、学力チェックや学習目標など、学習のスタートから継続について、アドバイスしてくれるフォロー体制があると、安心です。

すららは、学年を小学校から高校までの学習内容を、学年の枠を関係なく学習でき、すららコーチという塾講師のフォローも受けることができます。

スポンサーリンク

高校受験自宅学習問題集学校のワーク以外市販通信

高校受験自宅学習問題集を自分で選びたいという方もいると思います。

学校のワーク以外市販や通信教材で評判がよいのは、進研ゼミやz会のワークが定期テスト対策に役立ったというのをよく耳にします。

市販教材では、学校の教科書準拠のものを定期テスト対策に選ぶことが多いようです。

受験前には、それぞれの志望高校の赤本(過去問題集)や、高校入試問題をあつめた電話帳のような大型問題集などを利用する人が多いと思います。

ただ、問題集の困った点は、ある程度自分で使ってみないと、自分に合うかどうかわからないというところなのではないかと思います。

子どもに合う問題集を探して、あれこれを買い込んだ結果、ひとつもやりこなした問題集がないということにもなりかねません。

時は金なりなので、自分から問題集を探すというよりは、自分に合うレベルの問題を提示してくれるデジタル教材をうまく使いこなしたほうがお金と時間の節約になることも多いのではないかと思います。

まずは、無料で試すこともできるので、いくつか通信教育を試してみるといいですね。

すららを無料体験した時の記事はこちらです。参考にしてみてください。

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。

まとめ

デジタル教材のよさにくわえて、ノートやプリントもしっかり使うタイプの新しい通信教材サービス「すらら」に最近注目が集まっています。

スポンサーリンク