中学校の理科成績アップ!通知表観点上げる対策は?評価で大切なこと

中学生成績アップ
この記事は約4分で読めます。

中学校の理科という教科で苦手感があり、成績が伸び悩んでいるお子さんもいらっしゃると思います。

今回の通知表の評価、評定はいかがでしたでしょうか。良い点はほめてあげ、できてないところは、親子で今後の対策を考える必要がありますね。

通知表の観点はそれぞれに内容があり、評価の対象となるもの、評価の比重がおおよそ決まっています。

うちの子どもの通う公立中学の通知表の観点を参考までご紹介します。

スポンサーリンク

中学校理科成績通知表観点項目所見成績付け方

理科の観点は4つあります。観点、観点の内容、評価の対象となるもの、比重の順にご紹介します。

自然事象への関心・意欲・態度
自然の現象に関心を持ち、意欲的に取り組んでいる。
提出物(ノート、レポート、ワーク)発言、授業への参加態度
20%

科学的な思考・表現
自然の事物・現象の中に問題を見出し、科学的に考え、表現している。
定期テスト、実験レポートの考察の内容、発言内容
25%

観察・実験の技能
観察・実験の操作を習得し、的確に整理して、科学的に考える技能の基礎を身に着けている。
実験・観察の技能、レポート、定期テスト
25%

自然事象についての知識・理解
自然の事物・現象についての知識を身に着け、基本的な概念や法則などを理解している。
定期テスト、小テスト
30%

通知表では、それぞれの観点にABC評価がついており、それを総合して5段階の評定が付けられています。

授業で行われていることに真摯に向き合っているかを細かく見られていることがわかりますね。所見欄も参考にされるといいと思います。

成績の付け方でよくわからない点は早めに教科の先生にお問い合わせして、次に改善することが大切だと思います。

ここをわからないままにしておくと、上がらないままなので、面倒でも手間をかけたいところです。

先生もよろこんでアドバイスを下さると思います。

また、レポートなど、夏休みの自由研究などもかなり重視されていると思われます。

2学期の理科の成績アップはまず、夏休みのレポート、自由研究に力を入れるのが近道ですね。

理科成績上げるアップ対策評価の対象からわかる

評価の対象となるものから、評価を上げる具体的な行動を考えてみることができると思います。

・ノート、レポート、ワークなどの提出物は、丁寧な字で、充実した内容で、期限内に提出を確実にする。
・授業態度はまじめにし、発言、発表を積極的に行う。実験、観察なども積極的に参加し、円滑な授業の進行に協力する。
・定期テスト、小テストは確実に点をとる。教科書や資料集、ワークをしっかり読み込み、頭に入れる。

そのほか、さきほども触れましたが、夏休みの自由研究など、長期休みの課題、提出物なども影響が大きいのでしっかり親子で取り組むことをおすすめします。

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
中学生の成績オール5のとり方!中学校の通知表付け方は1学期は厳しめ?
中学生の保護者「中学生の子供の成績をできるだけオール5に近づけたい。テストの点を上げる方法とそれ以外にすべきことは何かを知りたい」 ・中学生成績オール5の子はどこが違う?テスト提出物態度 ・中学校通知表付け方は順位ではなく絶対評価って本当? ・通知表1学期は厳しめにつける?2学期3学期で挽回する? テスト提出物授業態度など、みな同じようにがんばっているように見えるのに、なぜ、成績の差がつくのでしょうか。 そんなに学習時間が多いようではないのにしっかり定期テストの点を95点以上キープできる不思議なお子さんもいますよね。 また、定期テストでは90点くらいとれていても通知表で4や3になってしまうお子さんの親御さんは納得いかないと思います。 オール5かそれに近いお子さんたちの行動パターンから、どうやってそれに近づくかを考えてみました。
スポンサーリンク

中学理科テスト勉強と同時に大切なことは

中学の理科社会は、国数英と違って、範囲の限定された定期テストでは比較的点がとりやすいと言われています。

授業をしっかり理解し、教科書をよくよみ、ワークやノートまとめなどの提出物をしっかりやるなかで、頭に入れていくという流れになるのが普通です。

親御さんが教科書を読んで問題を出してあげ、お子さんにキーワードを答えさせる等の勉強につきあってあげるのもおすすめです。

問題は授業の理解力に差があるということで、ここは国語力、数学力などが関係してきます。

基礎的な国数の学力がしっかりしていると授業も頭に入りやすいのです。

国数英の学力に不安がある場合は、いままで積み上げて学習してきた中で、なにかしらのヌケモレがある可能性が大きいです。

対策としては、わたしのおすすめは自宅学習教材のすららというデジタル教材で、タブレットやパソコンで勉強できるものです。

無学年制のインターネット通信教育すらら

無学年制で、お子さんの学力をチェックし、必要な部分だけさかのぼって勉強できる画期的なシステムになっています。効率よく、基礎学力の弱い部分を固めていくことができるのです。

まとめ

中学の理科社会は、国数英と違って、範囲の限定された定期テストでは比較的点がとりやすいと言われています。

基礎的な国数の学力がしっかりしていると授業も頭に入りやすいので、しっかり基礎学力を固めることをおすすめします。

おすすめは自宅学習教材のすららです。

スポンサーリンク