小学校成績中学校で小学生の頃の成績あてにならないのか下がるのか

高校受験
この記事は約4分で読めます。

小学校のころのよくできる、は、中学校の勉強とは別物なので、あてにならないよ、という先輩ママの話をきいたことがあります。

小学校のころは賢かったはずなのに、中学に入ってからは、さほど上位ではない、もしくは平均以下、などのお子さんのケースはたしかによく見聞きします。

一方で、小学校のときにしっかり基礎学力をつけていた子は中学でもそんなに困らない、無理せず上位を維持できるという話もあります。

どちらのケースも本当だと思うのですが、自分の子どもについてどう見ればいいのか、考えてみました。

スポンサーリンク

小学校成績中学校で小学生の頃の成績あてにならない?

小学校成績よくても、中学校で小学生の頃の成績あてにならない、案外上位に行くのは難しいし、平均以下になる子もいるとよく耳にします。

一方で、小学校時代よくできて、そのまま中学校でもトップクラスを維持できる子がいるのですが、その差は、定期テストの勉強方法がわかっているかどうかで決まってくるとわたしは思っています。

なので、中1の最初の中間、最初の定期テストがとても重要になってくるのです。

小学校の単元ごとのテストと違って、範囲も広く、内容も多くなっています。

授業をより集中して聞いて、早めにワークなどの課題をすませておき、しっかりテスト勉強の時間演習量をとれる子が、中学では伸びます

で、その定期テストの勉強方法というのは、実は小学校時代にその基礎を身に着けることができるのです。

コツは、小学校の担任の先生に「できるだけテストの予告をして下さい。前日でもよいので。親子でテスト勉強しますから」といっておくことです。

そして、「形だけでもよいので」毎回テストの前は教科書を読んだり、ワークをやったりします。

そうやって「テストの前には勉強するものだ」という習慣を身に着けておくと、中学に入っても応用編ですから、楽に生活の中にテスト勉強をいれていくことができるのです。

勉強しなくても要領のよさで小学校時代単元ごとのテストでラクに90点100点をとっていた子は、テスト勉強をする習慣が身についていないので、中学で案外テストの点がとれないということがよくあると思います。

小学生の勉強内容とやり方!小学一年生~六年生に親が関わる勉強方法
東大に行った娘がいますが、小学生の初めは勉強させるのにとても苦労しました。 小学生を勉強好きにさせることは難しいのでしょうか? 小学生って家で何を勉強させたらいいのか、案外わからないものですよね。 学校で何を学んでいるかを親が把握することで、その目標に近づくスピードはぐっと増すというのはあるみたいですよ。 最初はふわふわと小学校に通っていた娘が、だんだん自分の口で授業で習ったことをしゃべれるようになるとテストなどでもしっかり点が取れるようになった経験があります。 親が関わって家庭学習をすすめることは中学で上位層に食い込む大事な足掛かりになります。
中学生の成績オール5のとり方!中学校の通知表付け方は1学期は厳しめ?
中学生の保護者「中学生の子供の成績をできるだけオール5に近づけたい。テストの点を上げる方法とそれ以外にすべきことは何かを知りたい」 ・中学生成績オール5の子はどこが違う?テスト提出物態度 ・中学校通知表付け方は順位ではなく絶対評価って本当? ・通知表1学期は厳しめにつける?2学期3学期で挽回する? テスト提出物授業態度など、みな同じようにがんばっているように見えるのに、なぜ、成績の差がつくのでしょうか。 そんなに学習時間が多いようではないのにしっかり定期テストの点を95点以上キープできる不思議なお子さんもいますよね。 また、定期テストでは90点くらいとれていても通知表で4や3になってしまうお子さんの親御さんは納得いかないと思います。 オール5かそれに近いお子さんたちの行動パターンから、どうやってそれに近づくかを考えてみました。

小学校成績良いと中学校に入っても良いのか下がるのか

小学校成績良いと中学校に入っても良いのかそれとも成績は下がるのかということですが、先ほど書いたように、小学校時代にテスト勉強の習慣ややり方を身に着けていると中学でもよいでしょうし、さらに伸びる可能性もあります。

そうでないと成績が下がることが多いと思います。

なので、テスト勉強について小学校時代意識していなかったご家庭では、ぜひ、お子さんに声をかけてあげて

一緒にテスト範囲の教科書をみてみたり、しるしをつけたりなどのお手伝いをしてあげるなどがおすすめです。

また、親が声をかけて勉強させるのが難しい場合などは、自分で取り組める自宅学習教材がお勧めです。

すららというデジタル教材なのですが、学校の教科書と試験範囲を登録しておくとオリジナルの模擬テストをつくってくれる機能などがあります。

弱点を自動判別して必要な学習内容を提示してくれるので、無理なく無駄なく学習できるのが魅力です。

公式サイトはこちらです。無料体験や資料請求ができます。

無学年制のインターネット通信教育すらら
スポンサーリンク

小学校成績は適当に付けられているのかどう見るか

小学校成績は適当に付けられているのかということですが、日ごろの学習態度やテストの点数などで、小学校の成績というのはきちんとつけられていると考えていいと思います。適当につけているわけではありません。

ただ、小学校の成績が良いかどうかばかりではなく、学習習慣が身についているか、学校活動にまじめに参加しているかなど、

日ごろの様子、面談の先生の言葉、通知表の所見などもしっかり参考にして、お子さんのタイプをよく観察することが保護者には求められていると思います。

小学校の学習も多岐にわたるので、何が身についているか何が不十分なのかをすべてチェックするのはなかなか難しいものです。

自動的に弱い部分をあぶり出し、学習に導いてくれるすららは弱みを補い、学習習慣をつけてくれる新しいタイプの教材になっています。

タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。

まとめ

勉強しなくても要領のよさで小学校時代単元ごとのテストでラクに90点100点をとっていた子は、テスト勉強をする習慣が身についていないので、中学で案外テストの点がとれないということがよくあると思います。

なので、テスト勉強について小学校時代意識していなかったご家庭では、ぜひ、お子さんに声をかけてあげて一緒にテスト範囲の教科書をみてみたり、しるしをつけたりなどのお手伝いをしてあげるなどがおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました