提出物出さない中学生は大丈夫?宿題課題が間に合わない!内申点影響は

高校受験
この記事は約4分で読めます。

中学生になると、定期テストと同時にワークやプリント、ノートなどの提出物、宿題、課題が課せられることが多いと思います。

親も驚くほどの量だったりしませんか。

そのため、提出物をやる気がない、出さない、息子さん、娘さんに悩んでいらっしゃる保護者の方も多いのではないでしょうか。

口うるさく注意しても難しい年頃でもあり、なかなか気持ちが通じなくて困ることもあるのではないかと思います。

しかし、ちょっと踏みとどまって、なぜ、お子さんが提出物をやらないのかを考えてみる必要があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

提出物出さない中学生宿題課題間に合わない

提出物出さない中学生、宿題課題間に合わないということ、実はよくあることだと思います。

完全に出さないというよりは、中途半端なことが多いようです。

また、やっているつもりでも、内容が不十分だったり、やり方が雑だったり、途中までしかできてないなどのこともよくあることです。

そして、せっかくやった提出物なのに、学校に持っていくのを忘れたり、出すのを忘れたり、なくしてしまったりなども、実はよく聞きます。

やってはいるけど間に合わなかったというのもありますね。

提出物をやらない、またはやっても不十分、そして、やっても出さない、間に合わないなどの困りごとが起きるのは、多くの場合、お子さんが学校の授業についていけないことに原因があるのではないかと思います。

学校の授業で理解できていないので、課題のワークやプリント、ノート作成が困難に感じ、やるのがおっくうになってしまう、やってもやっつけになってしまう、まじめにやってないので、思い入れがなく出すこともいい加減になってしまうことが起きるのではないかと思うのです。

もちろん間に合わせでもなんでも目前の提出物はやってもらなくてはいけませんが、並行して、お子さんの学力を上げ、授業の理解力を上げる学校の進度に追いつくことを考える必要があると思います。

定期テスト提出物やりたくないやる気なし

定期テスト提出物やりたくないやる気なしの原因として、さきほど書きましたように、学力不足が根底にあることが多いと思います。

特に、国数英の3教科は積み上げて学習する内容なので、一度つまずくと、そこから先に進みにくくなることが多いです。

中学生で、提出物にやる気がなくて、定期テストでも、平均以下しか点が取れてないような場合、なかなか思ったように成績が上がらない場合は、前の学年や小学校の内容までさかのぼって、弱みをつぶしていくのが結果的には早道だと思います。

しかしお子さんのつまづきポイントを個別に探し出すのはなかなか大変ですよね。

そこで、おすすめの自宅学習教材があります。

すららというデジタル教材で、タブレットやパソコンで3教科を学習します。

無学年制のインターネット通信教育すらら

塾より安価で、毎日学習習慣がつきます。

無学年制でさかのぼり、先取り学習もでき、学力診断テストでお子さんに最適な学習メニューをつくってくれます。

英数については教科書と範囲を登録するとオリジナルの定期テスト対策もできるようになっています。

スポンサーリンク

中学生内申点提出物期限守れない影響は

中学生内申点提出物期限守れない影響はということですが、提出物を出さないのは大きな減点になるので、いくら中間期末の定期テストでよい点をとっても、内申点、通知表の成績としてはよくないということになりがちです。

大変おおきな影響があるといえます。

遅れてでも出すほうが少しはましでしょうが、やはり期限をまもれないのは減点にはなるでしょう。

また、例えばワークなら、内容もきちんと自分で解いて、丸付けをして、解き直しをして、正解を書き込んでおく、丁寧な字を書く、すべてのページをやっておくなどは最低限必要なことです。

もう中学生ですが、提出物を出せないお子さんなら、まだ育ち残した部分があるということなので、自分でできるようになるまでは親御さんが管理して、きちんとやりきるようにうながすのがよいと思います。

提出物のリストをよくみえるところに張り出して、1つ1つできたかどうかを親子でチェックしていくなどわかりやすい方法が良いですね。

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。
中学生多すぎる夏休みの宿題計画表!親が手伝う自由研究終わらせるコツ
中学生の親「夏休みの宿題が多すぎる。終わらないのではないかと心配。理科の自由研究や美術、技術家庭科の作品作り、家事や調理のレポートも心配。親が手伝うべきか?簡単に終わらせる方法は?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学生の夏休み宿題計画表!親が手伝う予定は休みの前半に ・中学生多すぎる夏休みの宿題は理科と家庭科からやる ・夏休みの宿題親が手伝うコツはアウトプットの枠を作ること 私は娘二人を公立中学校に行かせましたが、毎年夏休みの課題の多さには本当にブルーになりました。 親が管理し、手伝わないと終わらないのです。うちの子たちはまじめな方ではありましたが、まじめにやれば終わるというものでもなかったです。 子供任せには到底できませんでした。 周囲の親御さんも実は親や祖父母がかなり課題を手伝うというご家庭が結構多かったです。 中学生の夏休みは、部活、習い事、帰省やレジャー、そのほかの特別活動おまけに塾など、いろいろ予定も入ってきがちです。 夏休みになると平常の倍忙しく、イレギュラーなスケジュールの把握に目が回ったものです。 いろいろ失敗もしてきたわたしの個人的な経験からですが、 以下の記事では、とにかく宿題を標準以上のレベルで、簡単には終わらないけど、確実に終わらせるコツをご紹介します。 作業量を読んで行動するのが大事です。

まとめ

提出物をやらない、またはやっても不十分、そして、やっても出さない、間に合わないなどの困りごとが起きるのは、多くの場合、お子さんが学校の授業についていけないことに原因があるのではないかと思います。

前の学年や小学校の内容までさかのぼって、弱みをつぶしていくのが結果的には早道だと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました