中学校定期テストで5教科400点とる勉強法!中間期末平均80点超える

高校受験
この記事は約4分で読めます。

中堅以上の公立高校、私立高校にお子さんが進学してほしいと思っている保護者の方は、目安として、中間期末などの定期テストで1教科80点以上、5教科で400点以上とってほしいと思っていらっしゃると思います。

いままでの学習内容がいまひとつ定着していなかったり、理解が不十分なヌケモレがないか、心配な面もあるでしょう。

週2週3で、集団型、個別型の塾に行かせても、目前の定期テスト対策がせいいっぱいで、個別にそれまでの基礎学力の振り返りなどはできないことが多いのではないでしょうか。

しかし、そのままにしておくと、土台がしっかりしていないので、中3、もしくは高校に入ってから苦労することになると思います。

スポンサーリンク

中学校定期テスト400点以上中間期末平均80点超える

中学校定期テスト400点以上中間期末平均80点超えるにはということですが、授業をまじめに受ける、わからないことはそのままにせず休み時間にお友達や先生に教えてもらう、ワークやノートづくりなどの提出用の課題は学校の休み時間なども利用して早めに進めておく、テスト前1週間は、教科書とワーク、プリント、ノートを繰り返し解き直し、音読や書き写しなどでしっかり頭に入れる、などが基本のテスト勉強の進め方になるかなと思います。

ただ、小学校、中1の国数英の学習内容の基礎が身についていないと、この最初の授業をまじめに受けて授業中に理解してしまうという工程でつまずいてしまうので、ここで差がついてしまうということになります。

まず、こういう学習の遅れがある場合は、学力チェックをし、遅れている部分を洗い出し、学習しなおす、という部分が不可欠になります。

で、なかなかこういうところにしっかりつきあってくれる塾や家庭教師はなかなか見つかりませんし、いたとしてもお金がかかります。

しかし、最近は安価でよい自宅学習教材が出てきたのでわたしは注目しています。

すららというデジタル教材なのですが、インターネット環境とパソコンもしくはタブレットがあれば受講できます。

無学年制のインターネット通信教育すらら

無学年制で、小中高の内容についてさかのぼって学習も先取り学習もできます。

定期テストの範囲を勉強しつつ並行して勉強の遅れを取り戻す学習もできるのです。

お子さんに必要な学習部分は自動的にテストで判別し、必要なところを学習できるオリジナルの教材になるようになっています。

いままで、塾や通信教材を試してみたけどだめだったというお子さんにこそお試しいただきたい教材です。

東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

定期テスト400点以上勉強法授業に追いつき定着するには

定期テスト400点以上勉強法授業に追いつき定着するにはということですが、先ほど書きました通り、まずは学習の遅れている部分を洗い出し、勉強しなおして追いつくということと、並行して、定期テスト対策の学習をするということが大事です。

国数英の基本を身に着けることができると、特に国語力がしっかりして来れば、理科社会は教科書を読んで授業を聞くだけで理解できるようになるので、自然に得点アップにつながると思います。

塾なしで自分で勉強させるにはもうそろそろ限界だけど、塾は早いのでは、向いていないのでは、経済的に難しいのではと考えるような場合には、さきほどご紹介したすららをぜひ試してみてほしいと思います。

スポンサーリンク

定期テスト計画表作り方まずは範囲表を親子でチェック

定期テスト計画表作り方ですが、まずは範囲表を親子でチェックするのがおすすめです。

成績のよくない子さんは、テストの範囲表をなくしてしまうようなことも少なくありません。

範囲表をもってきて、とたのんで、お子さんがすぐにもってきたら、それはほめてあげましょう。

で、定期テストの範囲がわかったら、教科書、ワークなどに付箋などでしるしをつけていきます。

テストまでの日数から、1週間前までにできるだけ課題、提出物をやってしまうように計画を立てます。

テスト1週間前からは、ワークの解き直し、教科書の音読、ノートプリントから重要事項を別紙に書きだす、などの定着の作業をするようにします。

お子さんにまかせず、計画票をつくってリビングに張りだしたりして、進捗状況を毎日声掛けしてチェックしてあげる必要があります。

計画通りにならなくても努力している部分はほめてあげて次につなげましょう。

親子でこういう学習計画づくりや計画の管理などが難しい場合もあるかもしれません。

その場合、さきほどご紹介したすららは、プロの塾講師のフォローアドバイスも料金に含まれているので、必要な学習計画をたて、実行していくのに助かる面が多いと思います。

中学生の成績が上がる勉強法!苦手を克服する人気の通信教育すらら
親は働き盛りで、中学生の子供は部活に勉強!親も子も忙しい中学生時代ですね。 お子さんの勉強嫌いや成績の伸び悩みは深刻な問題になると思います。 頭の良い子ほどやっても無駄なことをしたがらないのでやる気も出なかったりします。 必要なことだけ学習できると直感的に理解できるタイプの通信教育は受け入れられやすいかもしれません。 学年相当の学習をしながら、無学年でさかのぼり学習もして、基礎学力の補強もしていけるのが、通信教育「すらら」の最大の魅力です。 すららの世界をちょっとご紹介したいと思います。
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。

まとめ

定期テストの範囲を勉強しつつ並行して勉強の遅れを取り戻す学習もできる自宅学習教材もでてきました。

上手に使って、計画的に学習をすすめ、成績アップにつなげてください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました