中学生は新聞読ませるべき?コラム活用で国語力アップするか?購読必要か

高校受験
この記事は約4分で読めます。

中高生新聞というのもあって、中学生高校生向けの内容で、これもよいもののようです。

我が家ではごく普通の地方紙をとっており、親子でそれを読んでいます。

中学生になるとだいぶ読めるようになってくるので、これで十分かなと思っています。

新聞をとる必要があるのか、国語力に反映されるのかはなんともいえませんが、語彙力を増やしたり、基礎教養、時事問題への関心などを考えると、新聞を定期購読する値打ちはあるとわたしは思います。

スポンサーリンク

中学生新聞読むと国語力がアップするか

中学生が新聞読むと国語力がアップするかということですが、いきなりはアップしないと思います。

まず、いきなり中学生は新聞を読んでくれないのではないでしょうか。

我が家では、小学生、保育園のころから、テレビ欄や4コマ漫画、子供向けのクロスワードパズルや間違い探しなどで、親が新聞を読んでいるときにかたわらに呼んで興味を持たせるようにしてきたので、自然にそれ以外の部分も読むようになりました。

読めない字や意味の分からない言葉も次々出てくるので、教えてやったり、辞書を引かせたりもよくしてきたと思います。リビングに広辞苑などの国語辞典があると便利です。

で、娘二人とも国語は得意です。本もよく読みます。

中学生にいまから新聞に興味をもってもらうなら、まずは子供向けのコーナーを読ませるとか、書評やエンタメのページを教えてあげるとか、1面の見出しだけでも音読させてみるとか、親が新聞を読むときにうまくさそってやって、新聞のどこかに興味をもたせるとよいと思います。

読売中高生新聞
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。

中学生新聞コラム社説読む必要があるか

中学生新聞コラム社説読む必要があるかということですが、コラムを読んだり写したりすると国語力がつくとよくいいますよね。

できればやるのがいいでしょうが、いきなり習慣づけは難しいことも多いと思います。

まずは親が読む習慣をつけ、中学生にも関心の持てる内容の時に、誘っていっしょに読んだりするところからはじめてはどうでしょうか。

大手の新聞ももちろんよいですが、地元の地方紙もなじみのある話題が多いので、子供も興味を持ちやすくおすすめですよ。

スポンサーリンク

中学生新聞活用方法購読したほうが良いのか

中学生新聞活用方法購読したほうが良いのかということですが、費用も掛かるため、これはご家庭によって異なると思います。

我が家では、新聞をとることで、家族全員どこかしら読みますので、値打ちがあると思って購読しています。

新聞に書いていることを親子の話題にすることも多いです。

ピンポイントに読むウェブ上のニュースと違って、紙の新聞は世間のことをいろいろ俯瞰して眺めることができますし、自分が検索しないような言葉が目に飛び込んでくることも多いので、メリットが大きいと感じます。

国語力をつけるのは、新聞や読書だけでなく、もちろん、学校の授業を大切にし、自宅教材でもしっかり演習をやりこむことが大事です。

国語力がしっかりすることで、数学や英語、社会や理科などの授業も理解でき、成績も伸びていきます。

国語を基礎からしっかり勉強する教材として、わたしはすららという自宅学習教材がよいと思っています。

新聞もよいのですが、国語力アップという点では、ぜひすららにも興味をもっていただきたいと思います。

多くの塾や学校で採用されている信頼性の高い教材です。

公式サイトから無料体験できるので一度覗いてみてください。

 無学年制のインターネット通信教育すらら

タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。

まとめ

親が読む習慣をつけ、中学生にも関心の持てる内容の時に、誘っていっしょに読んだりするところからはじめてはどうでしょうか。

大手の新聞ももちろんよいですが、地元の地方紙もなじみのある話題が多いので、子供も興味を持ちやすくおすすめですよ。

我が家では、新聞をとることで、家族全員どこかしら読みますので、値打ちがあると思って購読しています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました