中学校の数学で通知表成績アップ!観点項目別上げる方法と勉強法

高校受験
この記事は約4分で読めます。

中学生のお子さんで、数学がもともと苦手、であるとか、中学になってできなくなってきた、などの場合があると思います。

通知表に厳しい評価がついているとお子さんも親御さんもつらいですよね。

数学の成績を上げるポイントとして、通知表の観点に注目してみるのも大事だと思います。

通知表の観点はそれぞれに内容があり、評価の対象となるもの、評価の比重がおおよそ決まっています。

お子さんが十分できていることは褒め、不十分なところは親子で克服していけるようにがんばってみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

中学校数学通知表評定評価観点先生は生徒のどこを見る

数学の観点は4つあります。観点、観点の内容、評価の対象となるもの、比重の順にご紹介します。

数学への関心・意欲・態度
数学に関心を持ち、意欲的に取り組んでいる。
定期テスト、レポート、グループ討議・発表
25%

数学的な見方や考え方
事象を数学的にとらえ、筋道を立てて考えることができる。
課題プリント、定期テスト、発表の内容・活動の様子等
20%

数学的な技能
正しく計算したり、表、グラフ、式、図に表したりできる。
課題プリント、定期テスト等
30%

数量や図形などについての知識・理解
数量・図形などの原理・法則を理解している。
課題プリント、定期テスト等
25%

観点別の評価を見ると、お子さんがどの部分が弱いのかが見えてきますね。

また、授業態度、生活態度なども見られていますので、所見欄も参考にするとよいと思います。

お子さんが努力しているところは上手にほめつつ、弱い部分をどう対策するか一緒に考えてあげるのが良いですね。

中学数学成績アップ項目は授業テスト提出物の関心意欲態度

どの観点でどこが評価されているかは先ほどご紹介した内容でわかっていただけたかと思います。

もっと具体的にどこがよくなかったか、どこはできているのか、など突っ込んで聞いてみたい場合は、教科担当の先生の所に聞きに行くのが一番いいでしょう。お子さんでも親御さんでもかまわないと思います。

評価が上がる行動を増やしていくと、通知表での成績アップのために、評価を積み重ねていくことができそうですよね。

・ノート、問題集などの提出物はていねいにきちんとやり、丸付け間違い直しまで完璧に終わらせて期限を守って提出する。
・授業態度はまじめに先生やほかの生徒の話をきき、積極的に手をあげて発言、発表もする。
・課題プリント、定期テストはできるだけよい点をとるように事前に勉強しておく。授業中の「ここは大事」「ここはテストに出る」という先生の話を聞きのがなさないようにする。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ
中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。
スポンサーリンク

中学数学勉強法成績を上げる方法やり方教材は内申にも直結

数学の成績を上げるには、積み重ねの教科でもあるので、いままで習ってきたことがきちんと身についていることが必要になります。

現在成績が振るわないとしたら、それはいままで学習してきたことにヌケモレがある場合が多いと思われます。

授業をよくきいて、提出物をしっかりしあげ、ワークなどで間違いやすい問題を繰り返し勉強する一般的な定期テスト対策と並行して、基礎学力をさかのぼって復習し、土台を固める作業も成績アップには欠かせません。

そういった勉強におすすめなのは、すららという自宅学習教材です。タブレットやパソコンで学ぶデジタル教材です。

英数については、教科書と範囲を指定すれば定期テストの模擬試験をつくることもできます。

学力診断テストで現在の実力をチェックし、ヌケモレのあるところを効率よく学習することもできます。

すららは公式サイトから無料お試しできます。

無学年制のインターネット通信教育すらら
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

まとめ

数学の成績を上げるには、積み重ねの教科でもあるので、いままで習ってきたことがきちんと身についていることが必要になります。

現在成績が振るわないとしたら、それはいままで学習してきたことにヌケモレがある場合が多いと思われます。

授業をよくきいて、提出物をしっかりしあげ、ワークなどで間違いやすい問題を繰り返し勉強する一般的な定期テスト対策と並行して、基礎学力をさかのぼって復習し、土台を固める作業も成績アップには欠かせません。

すららという教材がおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました