中受なし勉強法

中受なし勉強法

小学生が作文や記述が苦手!書く力をつける勉強法?作文通信教育は?

小学生の保護者「子供が作文や記述問題の答えを書くのが苦手なので力を付ける勉強法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生が自分で考える力を身に着ける!書くことでアウトプット ・小学生向け作文通信教育で書く習慣や人に読んでもらう経験ができる 勉強の苦手な中学生、高校生の家庭教師をした経験があります。 文章を書くのが嫌いで、字を書くのが面倒だと感じる子供さんは結構多いという印象を受けました。 国語ワークの記述解答のところだけすっかり空欄で最初からやろうともせず、答えだけ丸写しの子、写しすらしない子、けっこういました。 小学生で文章を書くのが嫌いだと、その後の考える力、学力の伸びにも影響します。 考えること、作文を書くことが楽しいと感じる経験をさせてあげたいですよね。 文章を書く経験は、家庭でも手軽にできる方法はあるのですが、より子供に合う教材で、プロの先生に添削してもらうともっと力がつくと思います。 この記事では、家庭でできる取り組みや、人気の作文通信教育をご紹介しますので、きっとお子さんに合う方法が見つかると思いますよ。
中受なし勉強法

小学生保護者が小学校の個人懇談で先生に聞くことは?服装はどうする?

小学生の保護者「小学校の個人懇談で先生に聞くことや話すことは何?服装や気を付けた方がいいことは?」 ・小学校の個人懇談で聞くこと、話すこと ・小学校の個人懇談での服装や気を付けた方がいいこと 小学校の個人懇談の呼び方は学校によっても違うようで、2者面談、懇談会、個人面談、個別面談、教育相談などということもあるようです。 短い時間の中で、何を質問し、何をお話すればいいのか、困りますよね。 わたしも娘が二人いますが、小学校時代にやはり困ったものです。 なので、あらかじめ、ある程度質問や話すことを考えてメモしていった覚えがあります。 個人懇談については、いろんな考えがあると思いますが、 個人懇談をうまく活用して、すこしでも子供が先生に良く思ってもらって、かわいがってもらえるきっかけになればいいなとわたしは思っていました。 なので、親や子供からの先生への尊敬や感謝を伝える努力はするようにしていました。 この記事では、どう先生に先生への感謝を伝えるか、また、家庭で生かせる育児アドバイスや必要な情報をどうもらうか、コツやヒントをお伝えしたいと思います。 緊張して何をお話したのか分からないまま終わってしまうような個人懇談にはなりません。 この記事を読んでいただいたら、先生からのお子さんの好感度は確実にアップし、家庭で役立つ親へのアドバイスもしっかりいただくことができますよ。
中受なし勉強法

リビング学習で集中するために必要なもの!仕切りや机おすすめは?

小学生の保護者「リビング学習で子供が集中するのに必要なものはある?おすすめの仕切りや机などのインテリアを知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・リビング学習で集中するために必要なもの!仕切りなど ・リビング学習おすすめインテリア!折り畳み机やスタンディングデスク リビング学習ではダイニングテーブルや、ローテーブルなどを使うことが多いと思いますが、集中するには、何か視界を区切る仕切りがあるといいですよね。 また、リビングで使いやすい机などのインテリアも気になります。 最近ではよいグッズが出ていますのでご紹介します。 お子さんの集中力アップにつながるアイデア、見つかりますよ!
中受なし勉強法

リビング学習で散らかるのを防止!文房具収納に必要なものは?

小学生の保護者「子供にリビング学習させているが散らかるのが困る。文房具の収納など便利なグッズは?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・リビング学習で散らかるのを防止する文房具収納アイデア 子どもに宿題や家庭学習をさせて親が見守りしようとすると、自然とリビング学習になるご家庭も多いと思います。 学習に必要な文房具など勉強グッズが置きっぱなしになったりして散らかる のが悩みになりがちですよね。 この記事では、最近注目の文房具収納アイデアをご紹介します。 使いやすく、しまいやすくなりますよ! ご家庭に合ったグッズをうまく使うことで、より快適で効果のあるリビング学習を実現させることができます!
中受なし勉強法

小学生に効率の良い勉強法は?宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる!

小学生の親「子どもの勉強、宿題や家庭学習に時間がかかりすぎる。子どもの要領が悪いことに悩んでいる。小学生に向く効率の良い勉強法を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生 効率の良い勉強法①宿題はタイマーで集中! ・小学生 効率の良い勉強法②予習→授業→復習→テスト対策のサイクル なんでも丁寧にやることはいいことですが、必要なことを手早く済ませてしまう要領の良さも大事ですよね。拙速もまたよいということです。 勉強に時間がかかりすぎてしまう子はまた、だらだらと引き延ばしていつまでも進めることができないようなタイプの子もいます。 手を付けるのに時間がかかる、というタイプもいますよね。 いずれも、すこし親が手をかけて、勉強のリズムを付けてあげる必要があります。 以下ご紹介しますが、タイマーを使う方法は塾などでもよくやるやり方で、 すごく効果がありますよ。我が家でもよく使います。 また、お子さんの要領が悪いと感じるのには、授業理解に悩みがあるのかもしれません。 以下、効率よく問題を解決していく方法をご紹介します。
中受なし勉強法

小学生勉強できる子の親はどうしてる?頭がいい子の育て方かかわり方

小学生の親「子供が勉強できるようになる方法、頭がいい子の育て方を知りたい。勉強ができる子の親はどのように子供にかかわっているのか?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・頭がいい子=自分の頭で考える子を育てる10のことば ・勉強ができる子の親は子供から教わっている?! 頭がいい子っていろんな定義がありますよね。 成績が良い子勉強ができるだけではなくて、気が利く子、心がしっかりしている子、優しい子なども含みます。 いろんな意味で子供たちにはバランスよく頭のいい子になってほしいものですね。 頭がいい子=自分の頭で考える子として、育てる立場のかかわり方をアドバイスしてくれる良書を最近読みましたのでシェアしたいと思います。 10のことばというマジックワードが出てきます。すぐに実践できますよ。 親の普段の姿勢でおすすめの「子供からの教わり方」もご紹介します。 親が子どもの力を引き出す力を実感していただければ幸いです。
中受なし勉強法

小学生の自宅学習のやり方!低学年・中学年・高学年の小学校学年別対策

小学生の保護者「小学生の自宅学習のやり方を知りたい。学習習慣をつけるために低学年・中学年・高学年のそれぞれ小学校学年別の対策は?」 小学生自宅学習のやり方~やる気アップと学習習慣の付け方 小学校低学年・中学年・高学年の自宅学習!学年別対策 わたしの娘二人は公立小学校から公立中学にすすみました。中学受験はしていませんが、それぞれ高校大学で希望の進路に進んでいます。 小学生に塾なしで家庭学習させるのって、親が案外大変ですよね? わたしも同じでした。いろいろ回り道もありました。 二人の子育てを通して失敗もありましたが、むだなこともはっきりしました。 一方で、小学校時代の自宅学習で大事にしなくてはいけない点も見えてきました。 そこで、今回は、小学生の自宅学習のやり方で大事なポイントを優先順位をはっきりつけて、わかりやすく解説しようと思います。 対策については、優先順位をはっきりさせて実行していくことで、無理なく無駄なく小学生のお子さんの自宅学習をすすめられることが実感していただけると思います。 お子さんが中学に進んだ時に困らない学力と学習習慣をつけておくため、小学校時代の過ごし方を有効に使いましょう。
中受なし勉強法

小学生家庭学習の勉強時間と学年別目安!勉強時間帯は?朝学習と夜学習?

小学生の保護者「小学生の勉強時間について学年別の目安を知りたい。家庭学習の勉強時間帯は朝と夜どちらがいいのか?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・データでわかる小学生家庭学習の勉強時間と学年別目安 ・朝学習と夜学習!勉強時間帯による小学生への効果は? ・家庭学習習慣づける小学生の勉強スケジュール表を作成 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 娘たちは公立小学校から公立中学に進みました。 今となって思うのは、 小学校時代にもっとしっかり学習時間を確保して勉強を習慣づけていたら、受験でもう少し有利になったかも ということです。 そこで、小学校のお子さんの実際の学習時間のデータや目安、学習時間帯による効果、学習習慣をつける方法などをご紹介したいと思います。 子どもに何時間、何をどう勉強させたらいいのか迷われている方はぜひお読みください。 短時間でも毎日学習習慣がつく教材についても知っていただければ幸いです。
中受なし勉強法

小学生が冬休みに復習できる!勉強する教材は通信教育?市販ドリル?

小学生の保護者「冬休みに子どもの苦手科目をしっかりまとめて復習させたい。何をやればいいのか?おすすめの通信教育や市販問題集ドリルワークなどの教材を教えてほしい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・小学生冬休み復習!学校のテスト・教材の見直しが基本 ・冬休みに使う問題集は小学生なら通信教育か市販テキストか? ・冬休みに小学生が勉強するおすすめ教材はコレ! 私の娘二人は、公立小学校出身です。 毎年、終業式に2学期の通知表あゆみをもらうと、1学期よりは厳しめの評価がついていることが多かったですね。 なので、3学期に向けてどう冬休みに復習の対策をするか悩んだものです。 小1小2の低学年、小3小4の中学年もそうですが、特に小5小6の高学年になると、中学入学も控えて焦りました。 ただ、小学校の冬休みって、クリスマスにお正月、帰省や旅行、日帰りレジャーやイベントなどで、案外忙しいんですよね。 我が家の場合母親以外の家族は、「お正月くらいのんびりさせてやれ」という空気ですし。 母親のわたしもそうしてやりたいのはやまやまなんですけどね(苦笑)。 そこで、今回は、あわただしい冬休みに効率的に苦手科目の復習をする方法や教材について、わかりやすく解説しようと思います。 通信教材と市販教材のどちらを選ぶのがいいのかという点で、 通信教材をおすすめする内容になっています。 なぜ通信教材(教育)がよいのか実感できるはずです。 迷っている方はぜひお読みください。
中受なし勉強法

高校受験は塾が必要?小学生中学生はいつから行くべきか?塾なしは?

公立中学進学予定の小学生の保護者「中学受験しない小学生や中学生はいつから塾に行くべきか。必要性はどう判断するのか。高校受験塾なしで行かないのもあり?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 中学生の塾が必要?高校入試方法と子どものタイプ 高校受験のために小学生中学生の塾はいつから行くべきか 塾なしで高校受験?通信教育だけで公立トップ高校に合格! わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 自分の子育てや、お友達のご家庭などのお話を通して、塾の必要性は子供のタイプによって全く違うと感じています。 今となって思うのは、受験勉強の土台となる標準的な学力をつけるには、 塾の有無よりも、まずは短時間でも毎日のルーティン学習習慣をつけるのが何より大事 ということです。 そこで、今回は塾の必要性の判断の仕方や、毎日の学習習慣をつける対策をわかりやすく解説しようと思います。 高校受験に向けて、お子さんの通塾を迷っている小学生中学生の親御さんや、本当に受験勉強で大事な勉強法について知りたい方はぜひお読みください。 お子さんを伸ばす受験勉強の仕方が実感できるはずです。
中受なし勉強法

年長の勉強はどこまで?小学校入学準備の家庭学習と入学前に身に着けること

年長の子供の保護者「小学校の入学準備として、入学後困らないように、何をどこまで勉強しておけばいいのか知りたい。ほかにも生活、行動面で1年生になるまでの入学前に身に着けておくとよいことを知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・年長の勉強はどこまでやる?小学校入学前に家庭で学習すること ・小学校の入学準備身に着けるとよいことは?勉強以外の生活行動面 ・年長が勉強する教材おすすめは?タブレットやドリルなど わたしは娘二人を保育園から地元の公立小学校に行かせた経験があります。 今は高校生と大学生でふたりとも志望校に進んでおります。 年長の時に、いわゆる入学準備のための典型的な市販教材を書店で購入し長女にやらせましたが、本当に簡単なものなのに、まったくできなくて青ざめたものです。 今思えば、小学校1年生の入学時点では、勉強に関しては、自分の名前の読み書きと、ものの数を10くらい数えられればそんなに困ることもなかったのです。 そこで、今回は、小学校入学準備として、勉強面と、生活行動面についてお子さんが身に着けておくと役立つ必要十分なことをわかりやすくお伝えしようと思います。 実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、小学校で役立つことが実感できるはずです。 小学校入学を控えたお子さんのお父様、お母様はぜひお読みください。 何より、小学校低学年のうちは特に、親があせらずに、元気に学校に行けるだけで十分であることを知っていただければ幸いです。
中受なし勉強法

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。
タイトルとURLをコピーしました