中受なし東大合格体験談

中受なし東大合格体験談

長女の東大文系合格体験記!志望理由や受験決定時期&勉強法対策など

長女が東大の文系の学生です。 東京大学に現役で合格するというと、小さいころから東大を目指して難関中学に入り、私立の中高一貫で鍛えられて東大へというイメージが何となくありますが、うちはまったくそういうのには縁がない家庭でした。 公立中から、公立高から、東大は目指せるのかと悩むご家庭もあるのかもしれませんが、実際入ることができていますので、大丈夫だと思います。 東大のことをしっかり理解し、対策をできていれば入る可能性は十分あるのです。高校や塾をしっかり活用するのが大事です。 現役で入学した東大生の母親が経験した中で同じように悩み努力しておられるご家庭にお役に立てばと思い経験を書かせていただきます。 地方公立高校からでも東大に行くことはできます。
中受なし東大合格体験談

小学生から目指す地方公立トップ高校の受験勉強法!通信教育のメリットは?

中学受験しない小学生の保護者「公立中学から公立トップ高校の受験を考え中。中学から塾に行かせる予定。小学校の間の家庭学習方法を知りたい。おすすめの通信教育や市販教材は?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・公立トップ高校合格までの実行項目と成績の目安 ・公立トップ高校に合格した小学生の家庭学習・勉強方法 ・中受しないで公立トップ高校めざす小学生に通信教育のメリット わたしの娘二人は、同じ地方公立トップ高校に進みました。次女は在学中で、長女は東京大学文系に進学しています。 難関私立高校や公立トップ校クラスになると、小学生から高校受験は始まっていると思っていいと思います そこで、今回は、小学校時代塾に行かずに、公立中学から公立トップ高校に進むための流れや実行項目、おすすめ教材などをご紹介しようと思います。 小学校時代塾なしでも、子どもを公立トップ高校に合格させることが可能であることを実感していただけると思います。 小学校の間の家庭学習方法や通信教育、市販教材などをいろいろと探していらっしゃる親御さんはぜひお読みください。 最近ではよいオンライン通信教育があることも知っていただければ幸いです。
中受なし東大合格体験談

東大に行った子どもの小学生時代の勉強方法の後悔、親の反省点

中学受験しないで公立中学、公立高校に進んだ長女が東大文系にすすみました。塾なしの小学校時代、わたしのひとりよがりの「ママ塾」には後悔がいろいろあります。 中学からかかる塾代を考えると小学校時代はできるだけ塾なしで、でもできるだけ基礎学力をしっかりつけて…と考えて努力されている親御さんは多いと思います。わたしもその一人でした。 中学受験をする子が学ぶ難しい勉強に憧れてまねをするのではなく、難関高校合格を目指して、いまできることをたんたんとやることが実は大事なのだとわかるのに時間がかかりました。 わたしは失敗だらけの母親なんですけれども、それでもしてあげてよかったことはありますので、反省点やよかったことなどを現在小学生の子育て中の親御さんに役立てていただければ嬉しいと思います。 いろいろ反省することがあっても、結果的にうちの子は東大に受かっていますので、試行錯誤しながらも親が子どもをしっかり見て志望する進路を応援することがよい結果につながると知っていただきたいです。
中受なし東大合格体験談

中学受験しないで東大に入った長女の小学校時代の塾なし家庭学習

長女は中学受験しないで、普通の公立中学、公立高校から東大文系に現役で合格しました。小学校時代は塾なしで、いわゆるママ塾でしたが、手探りで一貫性もありませんでした。 中学受験させてやることができないで、将来良い大学に行かせることができるのか…何度も悩みました。 中学以降がんばれるためには、小学校時代に基礎力を付けることがとても大事です。そのために母親ができることはたくさんあると感じます。 私自身は国立大受験の経験もない私大出身の主婦なのですが、できるだけ勉強で困ることのないように育てたいとだけ思っていました。勉強ができると、学校が楽しくなると思うからです。 こんな母親の子供も公立から東大に行く例があるわけなので、中学受験しない、させないからと、難関高校難関大学をめざせないわけではないことをぜひ知ってほしいです。
中受なし東大合格体験談

中受なしで東大に入った長女の小学校時代の生活、習い事、過ごし方

中学受験しないで公立中学公立高校から東大文系に現役合格した娘の小学校時代の勉強以外の生活面や過ごし方についてご紹介したいと思います。 そんなに勉強に凝り固まっていたわけではなく、小学校時代は塾もいかずに割とゆったり過ごさせていました。 そんななかで、いちおうわたしなりに気を付けていたことなどをご紹介してお役に立てばうれしいなと思います。 小学校からトップ校を目指すと思うとつい勉強面に目が行きがちですが、小学校時代は特に、生活面や情緒面で気を付けてあげた方が中学高校と親子関係が楽になることもあると思うのです。
中受なし東大合格体験談

中学受験しない方がいい?子供が伸びる家庭学習と中受しないメリット

小学生の保護者の疑問「中学受験ってしないほうがいいのかな?中学受験のメリットとデメリットって何だろう?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない方がいい理由 ・中学受験のメリットとデメリット ・中学受験しなくても子供が伸びる家庭学習 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちが小学生時代、中学受験を考えて、経済的理由などで断念した経験があります。中学受験を諦めて高校受験に切り替えたのです。 今となって思うのは、中受をしないことで、よいこともたくさんあったということです。 そこで、今回は中学受験をしないで、子供の学力と可能性を伸ばすメリットや対策をわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、中学受験をせずに子供を伸ばせることが実感できるはずです。 中受をしない方針でお子さんの公立中学への進学を考えている方、中受を迷っている方はぜひお読みください。中学受験を諦めて高校受験に切り替えることのメリットもあることを知っていただければ幸いです。
中受なし東大合格体験談

中学受験のメリットデメリット~わが子に向くのは私立中学か公立中学か

何かを得ようとすれば、何かを捨てなくてはいけません。 素晴らしい教育環境を得るための中学受験も志望校に合格するまでには多くのものを失います。時間も、お金も、自由も、心身の負担も…。 なので、中学受験をお考えの保護者の方は、本当に中学受験がわが子にメリットがあるのか、悩んでいると思います。 わたしが子育てする中で見聞きした話や子供の友人の様子など、実際の中受組の事例から考えたメリットデメリットをご紹介しようと思います。 ちなみにわたしは自分の子に中学受験をさせていない立場です。なので公立中学のメリットデメリットもご紹介できます。 私の見聞きした事例が中学受験の迷いのヒントになれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました