塾行ってるが成績下がった中学生は高校行けないのか?親はどうする?

高校受験
この記事は約5分で読めます。

中学校で、定期テストや実力テストの順位がでる学校と出ない学校があります。

いずれにしても、自分の子が学校の中で何番くらいかは気になるところですよね。

おおよその順位や偏差値を知るために塾を利用する人も少なくないと思います。

塾行ってるが成績下がった場合もあったりして悩みもいろいろですよね。

スポンサーリンク

塾行ってるが成績下がったとき辞める?転塾?

順位が出ない学校も、子供たちはお互い点数を聞きだしあって、上位10位くらいに入る子はなんとなく知れ渡っているものです。

そんな中で耳にするのは、中1の最初のテストで、上位10位以内の子というのは、中学3年間、おおむねその成績をキープすることが多い、上位10位くらいまではあまり順位が動かない、という噂です。

噂レベルではあるのですが、実際わたしの知っている優秀なお子さんの何人かも、こういうタイプでしたので、信ぴょう性はあるなと感じます。

中学の最初から10番以内に入っているということは、小学校の学習内容がしっかり頭に入っているということがベースにあるのだと思います。

中1の最初のテストで、まあまあの成績、順位だった、もしくは、あまりできなかった、というお子さんは、小学校時代の学習内容の定着にむらがある可能性があると思います。

小学校の基礎がきちんと定着していないと、中学校の内容が、理解しにくい、定着しづらくなるのです。

塾にいっているがなかなか成績が上がらない、もしくは成績が下がったというお子さんの例をよく耳にします。

よそのご家庭にアドバイスするわけにもいかないので、口には出しませんが、「小学校のどこかでつまづいているんだろうな」とわたしは思うのです。

だからいくら塾で学年相当の学習をしても、身が入らず、おもしろくなくなって、勉強嫌いになるという悪循環を作り出していることが多いと思うのです。

10までの加減乗除、100までの数唱、アイウエオ順、ひらがな、カタカナ、漢字、アルファベット、ローマ字、音読などの本当に基本的な部分で、案外できてないところがあったりします。

だから、塾を変わる、転塾するなら、お子さんのつまづいている部分を一緒にさがしてくれる塾や家庭教師を探すのがいいですね。

ただ、案外子供に合う先生を見つけるのは難しいですし、塾や家庭教師は時間数を多くとるほどお金もかかります。

そこで、自分の実力に合う所から勉強をはじめることができる自宅学習教材を、一度試してみるとよいと思います。

すららという通信教育サービスですが、塾講師のフォロー付きで、無学年制のオンライン教材です。自分に合った学習計画を立てて、勉強することが出きます。

 無学年制のインターネット通信教育すらら

中学生成績悪い親がしてあげられるのは環境づくり

中学生で成績が悪く、勉強しない、できないのは、自分からやりはじめないとしかたない、と、お子さんまかせの保護者の方も多いと思います。

しかし、もう中学生ですが、まだ中学生、しかも、勉強が遅れて困っている子をほっておくと、ますます困った状況に追い込まれてしまいます。

親がしてあげられるのは、学習する環境づくりだとわたしは思います。

いますぐ、お子さんに合う塾や通信教育を探してあげてください。

わたしのおすすめは、無学年制で自分のできるところから学習をはじめることができる通信教育サービス「すらら」ですが、「すらら」を導入した塾というのも評判がよいので、家の近くで探してみるのもいいかもしれません。

もちろん、塾だと、自宅教材よりは高くつきますが、「すらら」をうまくつかいこなした塾独自のサービスを受けることができます。

「すらら」を自宅受講するなら、「すららコーチ」という塾講師のフォローを受けられるので、このサービスでも十分役立つと思います。

塾なしですららのみというのもおすすめです。

スポンサーリンク

成績悪い高校行けない志望校に行くためには

成績悪いと高校に行けないと思う、お子さんや保護者の方も少なくないと思います。

現実には、よほどの非行でもないかぎり、学力の低いお子さんでも行ける高校は探せばあります。

なので、親御さんは、お子さんに合う教育内容で、お子さんの学力に見合った高校を一生懸命探してあげてほしいです。そして、お子さんといっしょに見学しましょう。

全日制の高校が厳しい場合は、定時制、通信制の高校という選択肢もあります。

まずは、高校生活に明るい見通しを親子でもって、学習意欲を継続することがとても大切です。

高校の学校説明会や見学会、オープンスクールなどに参加するのは、お子さんの受験勉強のモチベーション、やる気アップにもつながるので、とてもおすすめです。

親子でいろんな学校のよいところを見つけて、憧れを持つことができるといいですね。

また、保護者としては、学校が清潔か、生徒の様子はまじめそうか、カリキュラムや学費は子供に合っているかなどを冷静に見極めるのも大事です。

インターネット上の情報の他、塾や中学校の先生にも相談して、お子さんに合う高校の情報をしっかり集めるのがおすすめです。

行きたい高校がみつかればお子さんのやる気スイッチがしっかり入ることもあります。

高校受験で第一志望と併願校決め方は?高校学校説明会や見学行く意味
中学生の保護者「私立公立の高校学校説明会や見学に行く意味は何?高校受験で第一志望と滑り止めの併願高校の決め方をいつどのようにするのか知りたい。」 ・高校受験の学校説明会や見学に行く理由といつから行くか ・高校受験第一志望と併願高校の決め方と時期は? ・高校受験滑り止めの私立公立高校の決め方 公立中学校の中3になると、中学校から高校のオープンキャンパス、見学会、学校説明会のお知らせをたくさんもらうようになります。 中3で初めて高校を意識して見に行く人も多いですし、それで十分間に合うという人も多いのですが... わたしのおすすめは、中1中2からできるだけ受ける可能性のある高校を実際に見ておくことです。 中1中2から高校受験を意識して勉強するようになるのでおすすめです。また、中3で成績が急降下した場合や、第一志望や併願校に落ちた場合にも対応しやすくなります。 詳しくは以下の記事で解説します。
高校説明会で親と子供の服装持ち物は?個別相談で何を相談質問する?
中学生の保護者「公立私立の高校の説明会に参加するときの親と子供の服装や持ち物はどうしたらよいのか。個別相談で何を話してどういう相談や質問をしたらよいのか知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・高校説明会親の服装、持ち物はどうする?子供本人は? ・高校説明会の個別相談で何を話す?必要なものは ・高校説明会ではよいところを探すのが重要ポイント 高校受験を控え、中3だけでなく、中1中2も含め中学生の多くが、夏から秋にかけて、高校説明会、学校説明会、オープンスクール、オープンキャンパス、高校見学、入試相談会などに参加されると思います。 実際に学校に行かれることもあるでしょうし、オンラインで参加されることもあるでしょうね。 高校説明会などに参加するときは、保護者も同伴されることが多いと思います。親御さんだけ参加という場合もありますね。 できれば親子でいっしょに行って、子供だけの目線ではなくて、親の目線で、子どもに合う学校をしっかり選びたいですよね。 わたしは娘二人の高校受験を経験しましたので、その経験もふまえて、参考情報をお届けしたいと思います。 塾や新聞社などが主催の合同進学相談会のようなものもあれば、個別の学校で見学会、学校説明会が開かれることもあります。 親子で参加することで、それぞれの目で志望校の学校の良さをチェックして、前向きな気持ちで志望校を決め、受験に臨めるようになるといいですね。 高校説明会に参加するのにあたって、迷うのが親の服装だと思います。また、持ち物や質問することなども知りたいですよね。以下の記事でお答えします。
高校受験3ヶ月で偏差値10上げる?半年で偏差値20上げる方法はある?
中学生の親「偏差値40台の子供を高校受験で偏差値55できれば60以上の高校に行かせたい。3か月で偏差値10以上上げる方法があれば知りたい。」 ・3ヶ月で偏差値10上げる方法とは?高校受験対策 ・半年で偏差値20上げる方法はあるのか?高校受験可能性広げる ・偏差値60以上の高校に行くにはどうすればよいか 1か月2か月3か月せめて半年で、中学生の子供の偏差値10とか20とか上げる方法を知りたい。欲を言えば2週間で偏差値10上げたい。 すごく短期間で、偏差値を爆上げしたい親御さん、生徒さんは多いと思います。中学3年生になっていればなおさらですよね。 偏差値60台のお子さんを偏差値10以上あげるというのは至難の業だと思いますが、偏差値30台、40台のお子さんなら、比較的短期間で、偏差値10から20程度上げることは可能性は十分あると思います。 親も子も覚悟が必要ですが、努力する値打ちはとてもあると思いますので、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

塾を変わる、転塾するなら、お子さんのつまづいている部分を一緒にさがしてくれる塾や家庭教師を探すのがいいですね。

塾講師のフォロー付きで、無学年制のオンライン教材すららもプロのアドバイス付きでおすすめです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました