タブレット学習中学生向け通信教育は?落ちこぼれ勉強の仕方が分からない

高校受験
この記事は約4分で読めます。

お友達がやっているタブレット学習、通信教材をお子さんからねだられて入会してあげる親御さんもいらっしゃると思います。

スマイルゼミ、進研ゼミなど有名なものもありますので、お子さんに合うタイプの教材であれば、しっかり活用してもらいたいですよね。

一方で、タブレット学習だとどこか頼りなく、学力アップになかなか結び付かないケースもあると見聞きします。

お子さんに合うタブレット学習教材選びはどうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

タブレットで勉強中学生落ちこぼれでも大丈夫か

タブレットで勉強中学生落ちこぼれでも大丈夫かということで、学習の遅れているタイプのお子さんの親御さんは特に心配だと思います。

大手のタブレット学習教材は、学年や学校の進度に合わせている内容になっており、さかのぼっての学習も入会時点までなどの制限があることが多いと思います。

小学校で習ったことや、中学に入ってからいままでの学習内容について、ヌケモレがある不安の大きい場合は、対応できる教材を選ぶことをおすすめします。

最近注目されているデジタル教材で、タブレットやパソコンなどで学習できるすららというインターネット塾のようなものがあるのですが、これは、多くの塾や学校で教材として取り入れられている定評のある教材です。

無学年制のインターネット通信教育すらら

塾教材にしてはめずらしく、自宅でも学習できるようにサービスが提供されています。

国数英について、小学校、中学校、高校と無学年制で学習できます。

お子さんがどこから学習すべきなのかは学力診断テストで洗い出してくれて、必要な学習計画も立てることができます。

いままで塾や通信教材を試してみたけどだめだったというお子さんにこそお試しいただきたい教材です。

英数については教科書と範囲を指定すれば定期テスト対策もばっちりできるので、基礎学力アップと定期テスト対策の両方を行うことができます。

無理無駄がなく、塾と違って毎日自宅で勉強できるのも習慣づけになっていいですよね。

タブレット中学生向けはパソコンのほうがよいのか

タブレット学習自体に疑問をもっている保護者の方も多いかもしれません。

中学生向けはパソコンのほうがよいのかということですが、どちらでも大丈夫だと思います。

ただ、すららはタブレットを使用する場合もキーボードを別付けにすることを推奨していますし、保護者がログインする画面はパソコンでないと使えない仕様になっているため、どちらかというと、パソコンのほうがよいのかなと思います。

また、別の理由で、中学生からパソコンを使用させる利点があります。

夏休みなどに作文、レポート、自由研究、新聞づくりなどで、いろいろ書き物や調べ物の宿題がありませんか?

こういったものの調べ物や下書きにパソコンを使わせることで、パソコンに慣れておくことができます。

高校生になると学校にもよりますが、パソコンをつかったレポートをいろいろ書かなくてはいけないことも増えます。

なので、家にパソコンがないお子さんは、学校に入ってから慣れるのにちょっと大変だときいたことがあります。

いま高校生のうちの娘には中学の時から自分用のノートパソコンを与えていますが、高校に入ってそれがとても役立っていると感謝していました。

さらに大学生になると、必ず必要になります。

なので、わたしは中学生からパソコンに慣れておくことはよい面も多いなと思うのです。

なお、すららを使う際はプリンターもあるとよいです。まとめプリントをダウンロードして利用できます。

スポンサーリンク

中学生勉強の仕方が分からない場合塾なしなら

中学生勉強の仕方が分からない場合塾なしならということですが、さきほどご紹介したすららは自分のできていないところから学習をすすめさせてくれるので、勉強の仕方がわからないということが発生しません。

プロの塾講師のアドバイスも料金に含んでいるので、相談しながら学習をすすめることも可能です。

なお、初月の受講料金は申込日によって日割り計算するので、いつ申し込んでも無駄がないのはありがたいですね。

すらら公式サイトはこちらです。無料体験もこちらから簡単にできますよ。

無学年制のインターネット通信教育すらら
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
高校受験3ヶ月で偏差値10上げる?半年で偏差値20上げる方法はある?
中学生の親「偏差値40台の子供を高校受験で偏差値55できれば60以上の高校に行かせたい。3か月で偏差値10以上上げる方法があれば知りたい。」 ・3ヶ月で偏差値10上げる方法とは?高校受験対策 ・半年で偏差値20上げる方法はあるのか?高校受験可能性広げる ・偏差値60以上の高校に行くにはどうすればよいか 1か月2か月3か月せめて半年で、中学生の子供の偏差値10とか20とか上げる方法を知りたい。欲を言えば2週間で偏差値10上げたい。 すごく短期間で、偏差値を爆上げしたい親御さん、生徒さんは多いと思います。中学3年生になっていればなおさらですよね。 偏差値60台のお子さんを偏差値10以上あげるというのは至難の業だと思いますが、偏差値30台、40台のお子さんなら、比較的短期間で、偏差値10から20程度上げることは可能性は十分あると思います。 親も子も覚悟が必要ですが、努力する値打ちはとてもあると思いますので、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。

まとめ

中学生勉強の仕方が分からない場合塾なしならということですが、さきほどご紹介したすららは自分のできていないところから学習をすすめさせてくれるので、勉強の仕方がわからないということが発生しません。

プロの塾講師のアドバイスも料金に含んでいるので、相談しながら学習をすすめることも可能です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました