本当に勉強の出来ない中学生は辛い!短期間子どもの学力アップ方法

勉強できない中学生
この記事は約4分で読めます。

ココには書けない、口に出しては言えないほどの悪い成績のお子さんを持つ保護者の方の悩みは深いと思います。

中学生で高校受験も目前なので切実ですよね。

それなりに手をかけお金もかけてきたのに、と首をかしげながらも現実をうけとめ、なんとか改善しようと焦るのは親ばかりで、子供は他人事のようやる気もなし…。

でも成績アップを望んでいるのは実は子どもさん自身だと思います。

良い方法を一緒に探して応援してあげましょう。

スポンサーリンク

中学生本当に勉強の出来ない子どもの学力アップ方法

わたしは以前、中学生や高校生の家庭教師、通信制高校サポート校のアルバイトなどをしたことがあります。

本当に勉強のできないお子さんをみてきました。

中学生、高校生になってもアルファベットどころか、あいうえお順や10までの足し算引き算もあやしい、カタカナもあやしい…そういうレベルのお子さんは実際存在します。

常識もなくて、ある高校生から社会の時間「天皇っていまも日本にいるの?」と質問されてひっくりかえりそうになったこともありますが、そういう子もいます。

ただ、家庭教師やサポート校を利用するご家庭というのは、やはり、お子さんに期待していて、送迎したり、お金をかけてもなんとか高校大学をでてほしいと一生懸命だったりもするのです。

そして、親があきらめなければきちんと高卒資格もとり、進学や就職もできるものだと思います。実際そういう例を多く見てきました。

わたしはそのときは目前のテキストや辞書などをつかって、できるかぎり指導するしかなかったのですが、そういうお子さんには本当に基礎、小学生レベルからしっかりやり直す必要は痛感していました。

とくに国数英は積み上げて学習する教科なので切実です。

定期テストの範囲だけ勉強しても、それまでの基礎ができていないと成績アップにはつながりにくいと思います。

それで、最近とてもよい教材ができて、驚いているんですね。

すららという自宅学習教材、一種のタブレット学習、パソコン学習なのですけれど、無学年制の教材で、学力診断テストに基づいて、お子さんに必要なところから学びなおしができるシステムになっているんです。

 すらら 公式サイト

中学生、高校生が小学生レベルから学びなおしもできるのです。もちろん、学力テストで自動的に、どこの単元でヌケモレがあるかはわかりますし、どこを勉強すれば成績が上がるかもわかるシステムになっています。

毎日利用できますし、無理なくむだなく学習できるところがとてもよいと思っています。

勉強出来ない辛いイライラするのは方法が合ってない

お子さんが勉強出来ない辛いイライラするということもあると思います。

お子さん自身も親御さんもつらいですよね。

つらいのはいまの勉強方法が合ってないためではないかと思います。

ついていけない学校や塾の授業に、わからないままやらなければならない宿題の山では、お子さんのやる気もうせてしまいます。

わかるところから勉強し始めるのが、やる気継続のポイントなのです。

できることは楽しいものなのです。勉強もできるとわかればもちろんやる気が出ます。

一度すららで、実際の学力を確かめて、必要なさかのぼり学習をしっかりすることをおすすめします。

英国数の3教科をしっかりやって国語力がつくと自然に理科社会も授業理解ができ、成績もついてくることが多いと思います。

発達障害の小学生中学生が勉強に集中できない!イライラ嫌がる対策は?
発達障害の小学生、中学生の保護者「子供が勉強に集中できない。勉強の途中でイライラして嫌がることも多い。良い対策を知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・発達障害で勉強に集中できない子へのかかわり方のヒント ・発達障害の勉強でイライラする対策は静かな環境づくりから ・発達障害で勉強を嫌がる子にオリジナルカリキュラムの教材 わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 わたし自身がADHDとアスペルガーの診断済み発達障害当事者で、娘二人は私に似たところもありますが、未診断です...。 発達障害の有無にかかわらず、子どもが勉強に集中できない時ってありますよね。 発達に凸凹があるタイプならなおさら得意な教科をもって自信をもってもらいたい、すこしでも勉強を好きになって楽しく学校に行ってほしいだけなのに...親の思いは空回りしがちです。わたしもそうでした。 子どものことをよく見て、子どもの個性に合う勉強方法を一緒に探してあげる そういう辛抱強さが必要なんですよね。 最近読んだ発達障害の本の中から、自閉症スペクトラムやADHD、LDなどの集中するのが難しいお子さんに対するかかわり方、環境の作り方のヒントをいろいろピックアップしてみたので、ご紹介したいと思います。 最後に発達障害のお子さんに向く教材もご紹介していますので、お楽しみに!
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
スポンサーリンク

短期間学力アップは難しいけど近道はある

短期間学力アップは難しいけど、英国数の基本の3教科をしっかり基礎から学びなおすと、それが結果的には近道になるのじゃないかと思います。

気づいた時点がもっとも最適な時なので、遅い早いにこだわらず、お子さんに合う勉強方法を一緒に探してあげてほしいと思います。

現時点で適当な塾や家庭教師通信教材など候補がない場合は、ぜひ、一度すららを検討してみてください。

料金のなかにプロ塾講師のアドバイスもふくんでいますし、とてもお得だと思います。

メールで保護者向けにアドバイスもくれますし、相談にも乗ってくれます。

子どもをどうほめていいかわからない場合なども、お子さんの良い点を定期的に知らせてくれるのです。

前向きな声掛けが増えると親子関係にもよい影響が出そうですよね。

子どもだけでなく、親も支えてくれるシステムになっているのもとても良い点だと思います。

なにより、学習の遅れているお子さんにはとても向いている教材だと思います。

すららは公式サイトから簡単に無料体験できるので、お試しになってみてください。

無学年制のインターネット通信教育すらら

まとめ

わかるところから勉強し始めるのが、やる気継続のポイントなのです。

一度すららで、実際の学力を確かめて、必要なさかのぼり学習をしっかりすることをおすすめします。

スポンサーリンク