プログラミング小学生中学生に必修の目的や意味は?習い事教室は必要?

プログラミング
この記事は約9分で読めます。

小学生中学生の保護者「プログラミングが小学生に必修になった目的や意味がいまひとつわからない。プログラミングでパソコンが得意になるのか?教室やオンライン塾、通信教育でプログラミングを習い事にする必要性は?」


この記事では、↑こんな疑問に答えます。

この記事の内容

・プログラミング小学生中学生に必修の目的は?将来はIT企業を目指す?
・プログラミングを小学生中学生に学ばせる意味!パソコン得意になる?
・プログラミング小学生中学生に習い事?教室オンライン塾通信教育は必要?

パソコンを普通に使いこなすのも案外大変なのに、いきなり小学校からプログラミング必修化ってどういうこと?と驚いた親御さんも多いと思います。

小学校は2020年度、中学校は2021年度からプログラミング教育必修化ということになっています。もう始まっているのですね。

先生ほんとにプログラミングなんて教えられるの?とか、パソコンが全部の学校に入れられる費用はうちの自治体大丈夫なの?とか、

いったい学校で何を勉強して、何ができるようになるの?高校受験や大学受験にも関係あるの?といった疑問がいっぱい沸き起こってきますよね。

ざっくりですが、現状を調べてみたので、できるだけわかりやすく解説します。

特別な家庭学習や受験対策は必要ないみたいですので、以下の記事を読んでご安心いただければと思います。

ただ、小学生からマイパソコンを持たせてやりたいな、とは思うかもしれません。

スポンサーリンク

プログラミング小学生中学生に必修の目的は?将来はIT企業を目指す?

プログラミングとはコンピュータに意図した処理を行わせること

まず、プログラミングとは何かというのが、最初正直わたしはぱっとわかりませんでした。

調べてみると、「コンピュータに意図した処理を行わせること」ということらしい。

コンピュータというのは、コンピュータが理解できる言語で指示してあげると、指示通り動いてくれる。

自分が思ったとおりの仕事をしてもらうために、いくつかの指示をうまく組み合わせて、できるだけ自分の思った動きに近づけていく。

というのが、プログラミングという作業です。

プログラミング学習必修化の背景は第4次産業革命到来?

で、なぜ、子供時代からのプログラミング学習が必修化したのか、というと、

小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について(1)文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課情報教育振興室

https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/05/21/1417047_001.pdf

から引用させてもらいますが、


「コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要。」

「情報化やグローバル化といった社会的変化が、人間の予測を超えて進展。
進化した人工知能 (AI) が様々な判断を行ったり、身近な物の働きがインターネッ
ト経由で最適化されたりする時代の到来 (第4次産業革命) が、社会や生活を大きく
変えるとの予測。」

というのが、その背景になっております。

便利なパソコンをそのまま使いこなして満足するんではなくて、

コンピュータやAIやいろいろな環境をうまくつかって、もっと世の中をよくしていく新しいものを作る仕事ができる人を増やしたい、ということなんですね。

プログラミング必修の目的は論理的思考力を身に付けること

引き続き

小学校プログラミング教育の趣旨と計画的な準備の必要性について(1)文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課情報教育振興室

https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/05/21/1417047_001.pdf

から引用しますが、プログラミング教育のねらいとしては以下のものが挙げられています。

「小学校プログラミング教育のねらい

※プログラミングに取り組むことを通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことは考えられるが、それ自体をねらいとしているのではない

①「プログラミング的思考」を育む
②・プログラムの働きやよさ、情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付く
・身近な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育む
③各教科等の内容を指導する中で実施する場合には、教科等での学びをより確実なものとする

「プログラミング的思考とは
自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力」

つまり、ざっくりいうと、プログラミング教育によって、論理的思考力を身に付け、問題解決能力をアップするのが目的なのだとわたしは理解しました。

そのためには、今の時代、パソコンスキルは欠かせないということです。

スポンサーリンク

プログラミングを小学生中学生に学ばせる意味!パソコン得意になる?

小中高でプログラミングをどう学ぶのか

新学習指導要領のポイント(情報活用能力の育成・ICT活用)

https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2019/05/21/1416331_001.pdf

から引用しますと、小中高でプログラミングをどう学ぶのかは以下の通り。

「新学習指導要領
「情報活用能力」※を「学習の基盤となる資質・能力」と位置付け、教科横断的に育成する旨を明記するとともに、小・中・高等学校を通じてプログラミング教育を充実
※ 「情報活用能力」は、コンピュータ等の情報手段を適切に用いて情報を収集・整理・比較・発信・伝達したりする力であり、さらに、基本的な操作技能やプログラミング的思考、情報モラル、情報セキュリティ、統計等に関する資質・能力等も含むもの(学習指導要領解説の要約)」

基本的な技能操作が入ってますから、パソコンのキーボードにさわったり、インターネットを活用するのには慣れることができそうですね。

「小学校 必修化
総則において、各教科等の特質に応じて、「プログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」を計画的に実施することを明記算数、理科、総合的な学習の時間において、プログラミングを行う学習場面を例示」

小学校では、算数と理科と総合学習でプログラミングを学習するんですね。パソコンは使わせるようですね。

「中学校 技術・家庭科(技術分野)
プログラミングに関する内容を充実(「計測・制御のプログラミング」に加え、「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」について学ぶ)」

中学では技術がプログラミング学習に充てられるということ。副教科ということですね。

「高等学校 情報科
全ての生徒が必ず履修する科目(共通必履修科目)「情報Ⅰ」を新設し、全ての生徒が、プログラミングのほか、ネットワーク(情報セキュリティを含む)やデータベースの基礎等について学ぶ
「情報Ⅱ」(選択科目)では、プログラミング等について更に発展的に学
ぶ」

高校では、プログラミングだけでなく情報活用能力などのアップもはかるようですね。

プログラミング学習の意味とは?何ができるようになるのか

小中高でのプログラミング学習をざっくり見る限りでは、

パソコンに慣れて一般的な使い方にある程度習熟するということと、コンピュータをつかって、何ができるのかという可能性を子供に考えさせ、感じさせ、興味を持たせること

が意味としてはあるのかなとわたしは思いました。

高校生の娘がいますが、高校の探究の授業のために、情報を集めて整理したり、文書をつくったりなど、たどたどしくパソコンと格闘しております。

まずはキーボード操作にもっと慣れてほしいな、という感じなんですけど、コンピュータにもっとこういう仕事をさせたい、そのために何が必要か、なんて考え始めたらほんとにすごいだろうと思います。

学校教育でどこまで可能性を広げられるかはまだ未知数ですが、国として踏み出したということなんでしょうね。

プログラミング小学生中学生に習い事?教室オンライン塾通信教育は必要?

プログラミング家庭学習はどうする?受験のために習い事も必要?

高校受験には副教科が内申点で関係してくるのですが、主要五教科で受験する高校受験の場合は特別にプログラミング対策はいらない感じですね。

大学受験は、情報が得意な人なら、受験科目になる場合もあるようなので、その場合は対策するといいですね。

学校でよい成績をとるためだけなら、あえて、家庭学習として特別にプログラミングをどうするか、考えるほどのこともないのかなというのが、わたしの印象です。

ただ、せっかくいろいろ学校で刺激を受けてくるので、今の時代、わたしなら、小学校から自分のパソコンを持たせるのもいいなと思います。

我が家の娘たちには中学からノートパソコンを与え、文書作成やインターネット活用に慣れさせていましたが、これからのお子さんたちは、もっと踏み込んだ活用を期待して、小学生から使わせるとよさそうと思います。

ゲームやネットに依存する可能性も高まるので、付き合い方は工夫がいりそうですけどね。

なので、受け身的なパソコンの使用に終わらないように、いろんなパソコンの使いこなし方、楽しみ方を知る必要があるとは思います。

そのためには、通信教育や通塾教室などでプログラミングを習い事とするのはとても値打ちがあると思います。

通塾タイプ、オンライン教室ともにプログラミング教室は魅力アップ

小中高の子供向けのプログラミングスクール、調べてみると、案外たくさんあり、驚きました。

プログラミングオンライン教室もありますし、もちろん通塾型のオフラインの教室もあります。

わたしはピアノやそろばん、工作、習字など、手をしっかり使う習い事は、頭を鍛えると常々思っているのですが、

ロボットなどモノづくりを通してプログラミング的思考を深める教室

パソコンの基礎スキルをしっかり習熟させて将来のエンジニアを目指す教室など、

手も頭も鍛える魅力のある教室がたくさん存在しているのです。

無料体験や、安価な体験授業を行っている教室もたくさんあるので、興味のあるご家庭ではぜひお試しになってみるといいと思います。

ゲーム好きなお子さんが、ゲーム作りの好きなお子さんに変わったら、うれしい驚きになりそうですよね。

まとめ:魅力のあるプログラミングは習い事としてもよい選択

コンピュータやAIやいろいろな環境をうまくつかって、もっと世の中をよくしていく新しいものを作る仕事ができる人を増やしたいというのが、プログラミン学習必修化のねらい。

受験に直結する学習として家庭で特別に対策は必要ないが、これからのスキルとして魅力のあるプログラミングは習い事としてもよい選択。良い教室も増えており、無料体験などしてみる価値もある。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました