小学生の勉強

公立トップ高校を目指す小学生に塾は必要か 高校受験の英語いつから

長女は地元で公立トップ校と呼ばれる高校に通いました。 公立小、公立中からの高校受験でした。 小学校高学年になると、中学受験をしない場合で、成績のよい子の親御さんは、高校受験に目を向けることが多いと思います。 我が家のケースをご紹介しますので、参考になれば幸いです。
中学生の勉強

高校受験の過去問はいつから取り組む 繰り返しやるのは意味がある?

中3になって高校受験をめざして勉強していると、赤本(過去問)をいつから取り組むのかが気になってくると思います。 特に進学校を目指す場合は、赤本をする時期に悩むと思います。 高校受験を経て志望校に入学した娘についての経験をご紹介します。
中受なし勉強法

公立中学の入学にかかる費用 我が家の例と平均 お金のかかる部活は

次女が小6の際、中学入学説明会(公立)に行ってきた時の話です。 長女もお世話になった同じ中学校です。 長女と次女では体格も違うので、お下がりなどはできません。 中学で必要なものはすべて新品で買いそろえになります。 教育費ってほんとうにかかりますから頭が痛いですね。
中受なし勉強法

三者面談 高校1年から大学受験の話がある?母親の服装はどうする?

長女が高校1年生のとき三者面談で高校に出かけた際の話です。 娘の通った高校は公立高校で、その都道府県では進学校といわれているところです。 専門学科と普通科に分かれており、娘は専門学科のほうに所属しています。 国公立のハイレベルのクラスを目指すコースです。 高校の三者面談でどういう話が出るのかをご紹介したいと思います。
中学生の勉強

高校受験の三者懇談はどんな話?三者面談中学3年なら塾のほうがよい?

うちの子は中学受験させていないので、普通の地元公立中学に行きました。 長女のときの、中学の三者面談がどんな感じだったかご紹介しようと思います。 中学1-2年の間は、春の家庭訪問と夏休み前、冬休み前の3回の個人懇談の機会がありました。 成績評価の報告のほか、クラスや部活、学校行事への参加などについての子供の様子を担任から伝えてもらいました。 中学1-2年の間はまだ、具体的な高校受験の話は出ませんでした。
タイトルとURLをコピーしました