繰り返し計算ドリル学校用の活用法と小学生用市販教材無料プリント7選

小学生の勉強
この記事は約8分で読めます。

娘が東大を受けに行く新幹線の中で、つきそいのわたしが最後まで確認したのは「足し算と引き算」でした。「13-7は?」とかいって娘に計算させていました(笑)。

もちろん入試問題のレベルでは親の教えることなんてひとつもなかったんですが…

娘が、数学がわりと得意なのに、難しい計算の中の簡単な四則計算をぽろぽろっと間違えて点数を落とすことがあるのが最後まで気にかかっていました。

入試に向かうときは、本当に小学校の計算練習って大事なんだなって、この時に痛感していました。子供のころもっとやっとけばよかったと。

同じような心配をし始めている小学生の親御さんも多いと思うので、わたしがいま、小学生の子供がいたらやらせたい計算学習についてご紹介したいと思います。

大学受験のときに大船に乗った気持ちで子供たちを送り出せますよ!(ホントカナ?)

スポンサーリンク

繰り返し計算ドリル学校用の活用法

くりかえしけいさんドリル…ポチタマ、ガチャピン・ムック、ミッキー、リラックマ、スヌーピー、ドラえもんなどなどさまざまなキャラクターが登場する小学校定番のドリルがありますよね。

私の娘たちが小学生の時は、ポチタマだったと思います。特に使い方は学校から指示がなく、宿題などに出されていましたね。基本、学校管理で、宿題で必要な時に持ち帰る感じでした。

せっかくなので、学校の繰り返し計算ドリルを家に持って帰ったタイミングで、コピーしておいて再度子供にやらせるのもいいかもしれません。

漢字ドリルも繰り返すといいですね。2-3度やれば、しっかり活用できます。テスト対策にもいいですね。

ただし、演習量としては足りないですよね。

学校も宿題プリントなどで演習を追加しているはず。

また、学校のドリルが答えがなくて採点が面倒ならほかの教材をつかったほうがよいかもとも思います。

演習量を増やすという意味でも、家でほかの教材を使ったり、公文などに通って力をつけることも考えてもいいですね。

スポンサーリンク

おすすめ市販教材計算ドリル&無料計算プリントサイト7選

私カチママセレクトのおすすめ市販教材計算ドリル2つ&無料計算プリントサイト5つの合計7選をご紹介します。

使い方としては、朝学習に取り入れるとか、夜自宅学習の最初のウォーミングアップに使うなどでやるタイミングを決めておくのがおすすめです。

量は少なくても毎日やれるといいですね。平日だけでもやるとか。

○付けは面倒でも、親御さんがしてあげるのが、計算練習の習慣づけには大事かなと思います。子供も勉強のハードルが低くなって取り組みやすいです。

おすすめ市販教材計算ドリル2つ!

以下、2つは市販教材のご紹介です。コピーをして繰り返しさせるのもいいでしょうね。

1.チャ太郎ドリル小1 けいさん

新学習指導要領に対応。基本的な計算力がしっかりと身につく。
くり返し同じレベルの問題に取り組む問題配列。別冊解答は,本冊の縮刷りを掲載しているので,答え合わせがしやすい。

スタンダードで安心感のあるドリルです。ボリュームが多すぎないのもよさそう。数研出版です。

2.《一歩先を行く》リーダードリル〈算数〉小学1年の計算

基本的なドリルやプリントをある程度やったあとに、応用問題として取り組むといいかも。少しレベルが高いので1つ下の学年のものをあえて使ってもいいかもしれません。

中学受験を意識していますが、基礎計算力を付ける目的には受験なし組にも適していると思います。

おすすめ無料計算プリントサイト5つ!

以下、5つは無料プリントを印刷できるサイト。a4以上の紙を印刷できるプリンターがあると便利です。

3.A4ドリル

A4ドリル
小学校で習う四則演算(+,-,×,÷)の問題を自動生成・筆算(ひっさん)用にPDF化するサイトで!個人利用に限り無料で作成できます!

A4ドリルは「A4サイズで印刷できる」がコンセプト。四則演算を使った計算ドリルを自動生成、印刷できるようPDF化するサイトになっています。無料。

整数、小数、分数、帯分数などを選んで好きな設定枚数でプリントを作れます。答え有り無しを選べます。

4.kisox(キソックス)

kisox(キソックス)計算問題プリントの使い方・チュートリアル
kisox(キソックス)計算問題プリントの使い方&#1...

kisox(キソックス)は小中学生の計算問題プリントを無料で自動作成できるプログラム。100マス計算か、それ以外の計算問題かを選べます。

計算問題は5問、10問、15問と問題数を選べます。答えもついてきます。

5.小学生のための無料ドリル出来杉君

小学生のための無料ドリル出来杉君(国語・社会・英語・算数ドリルのプリント 問題集)

国語・社会・英語・算数ドリルのプリント問題集の無料サイト。小1から中3まで学年別の算数プリントを利用できます。答えはプリントの下の方に小さく表示されます。

6.算願(さんがん)

算願(さんがん) | 算数計算PDF問題ドリルの無料ダウンロード
PDF計算ドリル・算数ドリルの無料プリント教材ダウンロードサイト。小学校から中学校までの問題集。計算問題から文章題の算数プリントが大量にある。タブレット、iPhone、Androidスマホにも対応。

学習教材のプリントをダウンロードするサイト。小学生向けの教材がダウンロードできます。個人利用のみ無料で使用可能。解答もついてきます。問題が大量なのが魅力です。

7.算数 計算問題の練習 無料! Statoin-T.com【足し算、引き算、掛け算、割り算】

算数 計算問題の練習 無料! Statoin-T.com【足し算、引き算、掛け算、割り算】
算数 足し算、引き算、掛け算、割り算の計算問題の練習サイト。問題の自動作成プリント、ひっさん、分数の計算、百ます計算もあります!パソコンでできる計算ドリル、時間計測ゲームも!全て無料で利用できます!

パソコンが出題する問題に答えたり、パソコンが作成する練習プリントを印刷したりできるサイト。全てのコンテンツを無料で利用可能です。

計算ドリルや計算プリントにはデメリットも?

計算ドリルや計算プリントを親子で習慣にして取り組むのはほんとうに計算力がつきます。

使いやすい教材をえらぶといいですね。

ただ、正直、家庭で取り組むのにはデメリットもあります。

計算学習、なかなかうまくいきません。わたしも長女に小3小4の頃朝学習で計算させようとしましたが、長続きしませんでした…。

親の答え合わせと見守りが大変です。コピーやプリントアウトも手間がかかります。子供が自分でやるのはなかなか難しいですし…。

また、子供のレベルを見極めて問題を選んでさせるのが大変です。難しいです。

そして、時間をつくってやらせるのがまた大変。

というわけで、計算力をつけるために公文を利用するご家庭が多いのもうなづけます…。

もしくは、自動で○付けしてくれるインターネットの通信教育などを利用するといいかもしれません。

こちらのページに参考記事がありますので、もし、親子だけで計算を勉強するのは大変そうだなあと思う場合は、参考にしてみてください。↓

まとめ:計算練習は親の手間も見極めて取り組もう

せっかく計算力をつけようと親子で取り組んで、親の手間がかかりすぎて尻切れトンボになるともったいないですから、親子で続けやすい方法をよく探して取り組むのをおすすめします。

市販教材、無料プリント、公文、通信教材などの方法があります。

自動○付けしてくれる通信教材のすららの情報はこちら↓

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました