オンライン学習塾すららと塾通信教育家庭教師の併用組み合わせは

おすすめ通信教育!
この記事は約3分で読めます。

オンライン学習塾すららは、さまざまなタイプのお子さんに合わせて自分に必要な学習を無駄なくできる自宅学習教材です。

5教科学べますので、高校大学受験にも対応しています。

スポンサーリンク

オンライン学習塾すららと一般の塾との併用は

一般的には、英国数主要3教科の勉強の遅れをとりもどすと、おのずと理科社会や副教科のペーパーテストの勉強方法も身につき、一緒に成績が上がっていくことが多いと思います。

理科、社会も大人がついて理解を助け、勉強させたいという場合などは、理科、社会は通塾型の個別塾などを併用するというのもいいかもしれません。

5教科、3教科などの集団塾や英数の2教科の集団塾などだと、すららと並行して受講するのはお子さんの負担になる場合もあると思うので、そういったばあいは、すららを教材として導入している塾も多くありますから、そういった塾を利用するという方法もあります。

ただ、時間もかかりますので、勉強が遅れているとか、英国数の成績アップを急ぎたい場合、できるだけ自宅学習で定期テスト対策、高校受験対策をしたいという場合は、自宅学習教材のすららにまずは専念するのがおすすめです。

すらら通信教育とその他の通信教育との併用は

進研ゼミやスマイルゼミなどは、9教科対応のテキスト付なので、魅力を感じる場合もあるでしょう。

ただ、すららと進研ゼミ、もしくはすららとスマイルゼミ、などの組み合わせで両方やろうとすると、時間的にどっちつかずになってしまう恐れも大きいですし、費用的にも塾と変わらなくなってしまいます。

通信教材を安くで利用したいと考えるなら、費用的に魅力があるのはスタディサプリです。

スタディサプリは安価で、自分に必要な部分だけ利用するという方法も可能なので、塾と併用している人も多いといわれています。

すららと併用するなら、すららで学習する以外の科目理科社会だけスタディサプリを利用して学習するなどは無駄もなくてよいと思います。

ただ、スタディサプリは映像で授業を受けるタイプなので、理解を助けてくれますが、定着、実力チェックという部分では、もちろん、自分で勉強しなくてはいけません。

スポンサーリンク

すららと家庭教師の比較と併用組み合わせは

すららと家庭教師を比較して悩む場合もあると思います。費用は家庭教師のほうがかかることが多いでしょう。

家庭教師の多くは学生アルバイトで、指導力にはそれぞれ差がある場合があると思います。

また、有力なプロの家庭教師は月謝が高額だったりします。

家庭教師会社の紹介だと、指定の教材一式の購入を求められることもあります。1年分などだと高額になったり、途中でやめたりもしづらくなりますね。

すららは自分の弱点を自分で見つけ、繰り返し学習できるシステムなので、そういう意味では、一般的な家庭教師よりも効率のいい学習が期待できます。

また、いつからでも始められ、合わなければ辞めることもできるので、高額な家庭教師より先に一度試してみる値打ちはあると思います。

すららの公式サイトはこちらです。簡単に無料体験できるのでぜひお試しください。

無学年制のインターネット通信教育すらら
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。

まとめ

オンライン学習塾すららと一般の学習塾、そのほかの通信教育、家庭教師などの併用は、すららの学習を軸にして不足分を補うような形であればよい場合もある。

ただ、一般的には主要3教科の成績アップをしっかりめざすだけで時間を使ってしまうと思うので、時間や費用にゆとりがある場合に併用を考えるのが良いと思われる。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました