インターネット学習塾のメリットは?映像授業など中学生向け講座選び

高校受験
この記事は約4分で読めます。

ネット学習塾、オンライン学習塾、などの言葉をよく耳にするようになりました。

自宅で学べる通信教育のタブレット教材として使用している方も多いですよね。

動画配信型、問題集型、ゲーム型などのタイプがありますが、それぞれ一長一短あるようです。

中学生が学べる講座としてはどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

ネット学習塾中学講座小学校から高校までの内容も

ネット学習塾中学講座はいろいろありますが、通常、学年もしくは、小学校、中学校、高校のくくりでそれぞれの範囲を勉強できることになっているものが多いと思います。

ただ、特に成績がなかなか上がらない、勉強が嫌い、学力が低いなどの場合は、実は、学年をさかのぼって復習する必要がある場合が多いです。特に中学生は小学校の基礎ができてないことが多いです。

自分がどこにつまづいているかがわかり、そこから学習できるネット学習塾すららがあります。

いわば自宅で受講できる個別指導塾といったものなのですが、デジタル教材なので、毎日日課として自分に合う時間で勉強できるのが魅力です。

理解、定着、確認といった、通常塾に求める学力定着のための教育内容がしっかり含まれています。

小学校、中学校、高校の内容をどこからでも、どこまででも自由に学習し放題です。

プロ講師のアドバイスを受けて、学習計画をたてたり、質問したりもできます。それも料金に含んでいます。

公式サイトはこちらです。

無学年制のインターネット通信教育すらら

映像授業中学生自宅で便利でも合わないケースも

映像授業のネット塾や普通の集団塾も中学生向けのものがありますね。

自宅で受けられるタイプの動画配信型の映像授業はとても便利で、自分に合うものだけ受講すればよいので効率がいいようですが、映像授業で理解ができても、演習で定着させ、テストで実力を確認するといった部分を自分でしなくてはいけないことが多いと思います。

また、映像授業は一方的にレクチャーをきくという面もあり、正直、集中できなかったり、眠くなったりということも聞きます。合わないケース、頭に入らないケースもあるといいます。

かなり自分で必要を感じて意識を高く利用しないと時間やお金の無駄になりかねないですね。

わたしのおすすめするすららは、アニメで、双方性のレクチャーを受けることができ自分でノートを取りながら学習スタイルで、手もしっかり使います。そのままドリルで演習、プリント、テストと定着、確認まで、することも可能です。

スポンサーリンク

塾映像授業のメリットデメリット

塾映像授業を無料で提供しているサイトもあり、苦手な科目や単元だけ上手に活用している人もいるようです。

有料のものも安価なものもあり、いつでも質の高い授業で学習できて、メリットも大きいと思います。

デメリットは、映像なので、いつでも見れると思うから見ないで終わってしまったりとか、映像授業が合わなくて眠くなってしまう、飽きてしまうなどのことも起こることがあるということです。

なので、そういうデメリットもあることもしりながら、無料もしくは安価な映像授業動画配信スタイルの塾はうまく活用するといいと思います。

わたしのおすすめするすららはアニメで授業をするので、授業に参加できる、双方向性の良さがあります。自分に合う計画をたてて、学習をすすめることも可能です。

無料で体験できるので、ネット塾をお考えの場合には、一度試してみてはいかがでしょうか。

オンライン通信教育すらら小学生体験談!中学受験しない子の勉強法に◎
中学受験しない小学生の親 「中学受験しない子の家庭学習方法や勉強法を知りたい。 小学生向けオンライン通信教育教材とかもアリ? 高校受験、大学受験の難関校を目指すのは可能?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学受験しない小学生がオンライン通信教育すららを1年利用した体験談 ・中学受験しない子の勉強法にすららの家庭学習をおすすめする理由 わたしの二人の娘は中学受験をしていません。二人とも公立小学校、公立中学から、地元の公立トップといわれる高校にすすみました。長女は東京大学文系にすすみ、次女は高校に在学中です。 娘たちは小学校時代塾なし、通信教育なしでした。 塾なしで後悔はありませんが、とにかくママ塾の我流で家庭学習させるのは市販教材の○付けや勉強を教えるのに手がかかり、時間がかかり、ムラも多かったです。 当時やっていた方法や使っていた教材よりも、最近はよい通信教育が出ていると知りました。 特に興味を持ったのは先取りもさかのぼりもできる無学年制のインターネット通信教育すららというもの。 何より親の手がかからず、無駄なく質の高い先取りやさかのぼり学習ができるところ、学習習慣がつきやすいのが魅力です。 中学受験しない子の家庭学習に向くと思いました。 実際に小学生で使っている方のお話をきいてみたいなと思っていたところ、すららを利用して1年ほどになるお子様のお父様【のびさん】にメールでインタビューすることができました。 のびさんのお子さん【つぐくん】は中学受験をする予定がない公立小学校の小学生で、将来はハーバードに行きたいという目標があります。 以下のびさん親子のすらら体験談をご紹介しますので、中学受験せずに難関校を目指す小学生時代の過ごし方として、すららを使って子供の力を伸ばせることをぜひ実感していただきたいと思います。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...
東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。

まとめ

成績がなかなか上がらない、勉強が嫌い、学力が低いなどの場合は、実は、学年をさかのぼって復習する必要がある場合が多いです。
映像授業は一方的にレクチャーをきくという面もあり、正直、集中できなかったり、眠くなったりということも聞きます。
すららはアニメで授業をするので、授業に参加できる、双方向性の良さがあります。無学年制で、自分に合うレベルから学習できます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました