高校の偏差値やレベルはどこからわかる?塾以外の高校受験情報源は

高校受験偏差値
この記事は約4分で読めます。

親御さんが現在住んでいる地域の地元の人でない場合も多いですよね。

昔から住んでいる人なら知っているような地元の高校の評判や常識も案外わからなかったりします。

高校受験のときに、とても困りますよね。

なので、受験情報のために塾に通わせるというご家庭もあるくらいです。

ただ、塾を利用したとしても、塾からの情報は非常に断片的なので、塾あり、塾なしいずれにしても、親御さんとお子さんが自分たちで高校についての情報をとりに行く必要があります。

塾なしでも十分情報は集められます。

スポンサーリンク

高校偏差値レベルを知るには塾以外の方法は

高校偏差値レベルを知るには塾以外の方法としては、まずは中学校からの高校入試説明会などがあると思います。

これは非常に重要で、お子さんの中学校からどんな高校へ何人くらい入っているのかなどのデータも教えてもらえますから、そこで、おおよその学校の名前をつかんでおきましょう。

そして次に、インターネット上の情報というのがまずは便利です。中学などで耳にした高校をいくつか検索してみると、学校のホームページの他、高校受験の掲示板などで偏差値が出ていることがあります。

この偏差値というのがくせものというか、わかるようでよくわからない数値になっています。どの学校がレベルが高そうか、レベルを下げるとどんな学校があるのか、程度の参考にはなりますが、お子さんが実際合格しそうかどうかを知るのはこれだけではできません。

そこで、参考になるのが、学校の実力テストと、学校外で受ける模擬試験、模試ということになります。

個人懇談などで志望校を先生に伝えると学校の実力テストの点数や順位などから、志望校として適切かどうか、学力レベルが届いているかなどの指導を受けることができます。

また、さらにわかりやすいのが、地元の出版社や塾が主催している有料の模擬試験や模試で、「高校受験 模試 (地名)」などで検索すると知ることができます。

中3特に後半になるとこういう模試を受ける人が増えますので、何度か受けておくとその順位や偏差値から、志望校の合格可能性などを知ることができます。

偏差値高校どこからわかる口コミも重要か

偏差値高校どこからわかるのかということについては先ほど書いた通り、ちょっと手間がかかりますが、模試などを利用して知るのが確実だと思います。

高校に関する口コミも重要かと思います。お子さんに合う高校かどうか、評判もインターネットでチェックしてみるといいですね。

ただ、一番よいのは、高校の学校説明会、オープンスクールなどに行って、実際の学校をみて、高校の先生とお話することです。

実際の高校生の雰囲気から校風がわかりますし、カリキュラムや補習などで高校の面倒見のよさがわかります。

これも面倒でも、時間がない中とは思いますが、できるだけ、親子で出かけ、複数の学校をまわって、行く可能性のある高校はすべて見学することをおすすめします。

多くの高校が集まる進路相談会なども高校の先生とお話できますし、個別に高校にアポイントをとって見学もさせてもらえることが多いです。

高校入試相談会、進学フェア、学校説明会などのキーワードに地名を加えて検索すると、地域の学校団体や、新聞社、出版社、塾などが主催する合同説明会の情報がよくでていますので、これもチェックしてみてください。

中学校からも各学校の高校説明会、合同説明会などの情報が出ていることも多いので、もちろんチェックしておくといいと思います。

スポンサーリンク

高校受験情報源親も探す必要あるのか

高校受験情報源としては今まで書いたもののほか、大手進学塾主催の入試説明会などもあります。

塾生の保護者に限らず一般の保護者も参加できるイベントを行っていることも多いので、地元の大手塾のホームページはいくつかチェックしておくといいと思います。

入試動向、出題傾向などの情報を得ることができます。

こういった高校受験のための情報は、子どもにまかせておいて、自分で決めればいいと思っている保護者の方も少なくないと思いますが、もう中3ですが、まだ中3でもあります。

大人の目線で見ると、高校の違った面も見えてくるので、義務教育をおえて、社会の入り口でもある高校選びは、できるだけ、親御さんもつきあってあげるのがおすすめです。

東大生に経験者が多い公文と同じ無学年式のすらら、学研教室を比較
2018年3月東京大学新聞社のアンケート調査によれば、東大生のおよそ3人に1人が公文式経験者だったといいます。 公文式はどんどん先取りで計算力がついたり、英検取得できたり、いろいろ良さそう! でも通学送迎の手間や時間の都合、費用面で始めるのに悩むこともありそうですね。また、学年相応の学習ができる学研教室と迷うことも多いでしょう。 公文式と同じく無学年制でどんどん先取りできるすららと公文と学研を以下比較してみましたので、迷っている方は参考にしてみてください。 うちの東大生の娘は小学生時代、公文も学研も利用しなかったですが、すららを知っていたら使っていたかも...と思います。 小学生時代悔いなく基礎学力を固めて、中学からの学習がスムーズにいくといいですね。
タブレット学習すらら評判は?忙しい親子におすすめの通信教育はコレ!
タブレット学習で有名で人気なのは、進研ゼミ、スマイルゼミ、スタディサプリなどかなと思います。わたしのおすすめは「すらら」です。子どもの家庭学習でいちばん悩むポイントは、今の時代、子どもも親もとても忙しい、時間がないということなんだ...

まとめ

高校受験のための情報は、子どもにまかせておいて、自分で決めればいいと思っている保護者の方も少なくないと思いますが、もう中3ですが、まだ中3でもあります。

大人の目線で見ると、高校の違った面も見えてくるので、義務教育をおえて、社会の入り口でもある高校選びは、できるだけ、親御さんもつきあってあげるのがおすすめです。

スポンサーリンク