新中1の春休み過ごし方!塾の春期講習?通信教育?実力テスト対策勉強法

高校受験
この記事は約5分で読めます。

現在小6で新中1となるお子さんのいらっしゃるご家庭では、小学校の卒業式の準備とともに中学校への入学準備も気になっているところだと思います。

教科も増えて学習範囲が広く、深くなり、今まではなかった中間期末などの定期テストの結果が、高校入試の内申に直結することなどもご心配のことでしょう。

中学入学を機に塾に行かれるお子さんも増えますが、わたしの子どもの周囲では、中1ではまだ塾に行かないというお子さんも多いです。

春休みはどう過ごすのが良いでしょうか。

スポンサーリンク

新中1春期講習から塾か通信教育か

公立小学校から公立中学校に進学する場合は、多くの小中学校で小中一貫教育などの流れがあり、小学校から春休みの宿題が出て、中学校に提出するようにいわれることも多いです。

しかし、量的にも多くはなく、ざっとした基本的な問題の復習という感じの宿題が多いのではないでしょうか。

新中1で、最初から授業にしっかりついていけて、最初の中間テストでしっかり点をとろうと思うと、それなりにていねいに小学校時代の学習内容を復習しておくのが安心です。

塾を利用する予定なら春期講習から行かれるのもよいでしょう。

また、各種通信教育も、春休み、新学期のスタートということで、切りが良く、始めやすい時期といえます。

最近人気のタブレット学習がありますが、わたしはそのなかのすららというデジタル教材がおすすめです。

すらら 公式サイト

タブレットもパソコンも使えます。

すららはよいところは、無学年制で、先取りもさかのぼりも学習できるということです。

学力診断テストでお子さんの学力をチェックし、ヌケモレのあるところをどう学習したらいいかをわかりやすく提示してくれる画期的なシステムになっています。

お子さんに必要なところだけ学習すればよいので、無理無駄なく効率的に小学校の復習ができ、中学校の予習もできます。

塾と違って日時曜日の制限がないので、毎日勉強できますし、その分問題を多く解くことができて演習量が増えます。

演習量をしっかりこなすことで、学力の定着をはかることができます。

小学生から目指す地方公立トップ高校の受験勉強法!通信教育のメリットは?
中学受験しない小学生の保護者「公立中学から公立トップ高校の受験を考え中。中学から塾に行かせる予定。小学校の間の家庭学習方法を知りたい。おすすめの通信教育や市販教材は?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・公立トップ高校合格までの実行項目と成績の目安 ・公立トップ高校に合格した小学生の家庭学習・勉強方法 ・中受しないで公立トップ高校めざす小学生に通信教育のメリット わたしの娘二人は、同じ地方公立トップ高校に進みました。次女は在学中で、長女は東京大学文系に進学しています。 難関私立高校や公立トップ校クラスになると、小学生から高校受験は始まっていると思っていいと思います そこで、今回は、小学校時代塾に行かずに、公立中学から公立トップ高校に進むための流れや実行項目、おすすめ教材などをご紹介しようと思います。 小学校時代塾なしでも、子どもを公立トップ高校に合格させることが可能であることを実感していただけると思います。 小学校の間の家庭学習方法や通信教育、市販教材などをいろいろと探していらっしゃる親御さんはぜひお読みください。 最近ではよいオンライン通信教育があることも知っていただければ幸いです。
高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す
中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
小6勉強しないできない子の勉強方法とやる気UP!中学入学の準備開始
小学6年生の親も悩んでいますが、子も悩んでいます。 公立中学に進む子は、身近なお友達の塾通いや通信教育をみて内心焦っていたり、より難しく量も増える中学の学習に対して恐れも感じていたりします。高校受験もいよいよ現実味を増してきて、周囲のご家庭の動向もますます気になりますよね。親も、子もです。 中学で求められるものをしっかり把握し、できる対策をいまから進めていくことで、親子とも不安を解消していきましょう。 うちの二人の娘は、小学校までは塾も通信教育もなしで公立中学に進み、最初の中間試験からほぼ、トップクラスの成績をキープできました。 必ずしも小学校時代最初から勉強ができたわけではありません。いろいろと子どもに合う方法を親子で試行錯誤してきました。 そんななかで親として気づきや学びがあり、高学年からでも効果のある方法がありますので、お伝えしてすこしでも安心材料にしていただければと思います。

新中1春休み勉強法過ごし方不安や期待も親子で

新中1春休み勉強法は、市販の薄い問題集などで、小学校の学習内容を復習するのもよい方法ですが、丸付け採点など、本人がしたり保護者がしたりするのも案外面倒で、正確な採点はむずかしいこともあります。

また、お子さんの得意不得意な部分はそれぞれ違うので、単元によっては問題が多すぎたり、逆に少なすぎたりということが起きてしまうと思います。

これは、塾に行っても同じことが言えます。わかりきっていることをくどくどと習うのはうっとうしいものですし、逆にわからないことを自分だけ深堀りして聞きたくても集団塾では難しいことが多いです。

そこで、お子さんにぴったり合ったオーダーメードの学習塾といえるのは、さきほどご紹介したすららです。

お子さんに必要なところだけ勉強すればよいですし、必要なところは演習量も多くこなし、レクチャー(授業)も繰り返し受けることが出きます。

お子さんの学力チェックを踏まえて、お子さんにちょうどいいレベルから勉強し始めることができるのもよいところです。

アニメの双方向性の授業で、勉強が苦手なお子さんにも飽きずに取り組める工夫がされています。

いままで、塾や通信教材で合うものがなかった、というお子さんにこそ、すららは試していただきたい教材です。

中学校での新生活を不安と期待で待つ春休みになりますので、親子でしっかり話し合う時間も必要でしょう。

また、自宅で時間を上手に使い、しっかり遊んでしっかり学び、心の栄養を蓄えておくようにするのがおすすめです。

なお、春休みに中学入学のお祝いとしてスマホを買い与えるケースがよくありますが、正直あまりおすすめできません。

スポンサーリンク

新中1実力テスト新入生学力テストの準備は

中学に入学すると、多くの場合、入学直後に何らかの国語と算数(数学)の学力テストが行われると思います。

通常このテストは通知表(内申)には影響しませんが、スタートでつまずかずにできるだけよい点を取って、お子さんには自信を持ってほしいですよね。

テストでよい点が取れると意欲も出ますし、勉強も好きになると思います。

なお、中学校の通知表、内申の評価評定については、あらかじめ親子である程度把握しておいた方が、よい成績につながりやすいと思います。

すららは自由に範囲を指定して自分でテストをつくって受けることができるので、春休みだと小学校の総復習や高学年の範囲などのテストを作ってなんども練習するのもよいですね。

案外基本的な部分にヌケモレがあることに気づくかもしれません。これは新中1の段階でヌケモレを把握しておいて、きちんと復習していくことができるので、この段階でわかってラッキーだということなのです。

すららは塾よりもリーズナブルなのも魅力です。

プロの塾講師のアドバイスやフォローもついており、親向けのフォローも丁寧なのがとてもいいと思います。

※すららが5教科対応になりました!※
理科社会は小3から中3の範囲
英語は中1から高3の範囲です。

すららは公式サイトから簡単に無料体験できるので、ぜひお試しください。

無学年制のインターネット通信教育すらら

まとめ

お子さんにぴったり合ったオーダーメードの学習塾といえるのは、すららです。

お子さんに必要なところだけ勉強すればよいですし、必要なところは演習量も多くこなし、レクチャー(授業)も繰り返し受けることが出きます。

スポンサーリンク