中学生の勉強

中学生の勉強

中学生多すぎる夏休みの宿題計画表!親が手伝う自由研究終わらせるコツ

中学生の親「夏休みの宿題が多すぎる。終わらないのではないかと心配。理科の自由研究や美術、技術家庭科の作品作り、家事や調理のレポートも心配。親が手伝うべきか?簡単に終わらせる方法は?」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・中学生の夏休み宿題計画表!親が手伝う予定は休みの前半に ・中学生多すぎる夏休みの宿題は理科と家庭科からやる ・夏休みの宿題親が手伝うコツはアウトプットの枠を作ること 私は娘二人を公立中学校に行かせましたが、毎年夏休みの課題の多さには本当にブルーになりました。 親が管理し、手伝わないと終わらないのです。うちの子たちはまじめな方ではありましたが、まじめにやれば終わるというものでもなかったです。 子供任せには到底できませんでした。 周囲の親御さんも実は親や祖父母がかなり課題を手伝うというご家庭が結構多かったです。 中学生の夏休みは、部活、習い事、帰省やレジャー、そのほかの特別活動おまけに塾など、いろいろ予定も入ってきがちです。 夏休みになると平常の倍忙しく、イレギュラーなスケジュールの把握に目が回ったものです。 いろいろ失敗もしてきたわたしの個人的な経験からですが、 以下の記事では、とにかく宿題を標準以上のレベルで、簡単には終わらないけど、確実に終わらせるコツをご紹介します。 作業量を読んで行動するのが大事です。
中学生の勉強

中学生効率のいいテスト勉強方法!定期テスト5教科平均400点以上とる!

中学生の保護者「定期テストで5教科400点平均80点以上取るための効率のいいテスト勉強方法を知りたい。何日前から1日何時間勉強する必要があるのか?」 ・中学生の効率のいいテスト勉強方法は先生へのヒアリングから ・中学生のテスト対策スケジュール計画表は二週間前から ・テスト勉強は何日前から1日何時間勉強する必要がある? この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 中間期末の定期考査で惜しいんだけど80点台90点台をなかなか出せない中学生のお子さんも多いと思います。 親が見ていると時間の使い方にムダがあり、勉強時間も少なく、勉強の仕方もいい加減に見えるでしょう。 ただ、お子さん自身も成績をよくしたいとは思っています。 やり方がわからずに困っているのはお子さんなのでしょう。 なにより、テストの点数が悪いと親に怒られ嫌な顔をされるのが嫌だと、中学生のお子さんはよくおっしゃいます。 以下の記事では、中1中2中3の中間期末対策で、中学生が効率よく効果的にテスト勉強を進める方法がわかります。 軌道に乗れば、テストで450点取る、平均90点以上取ることも可能です。 親御さんも協力して、次回の定期テストで成績をアップしましょう。
中学生の勉強

中学生定期テストの時事問題対策おすすめサイト3選!90点以上めざす!

中学生の保護者「中間期末など定期テストで時事問題が出るらしいが対策や勉強方法が知りたい。理科社会や副教科の体育音楽美術技術家庭などで時事問題を出すといわれている。配点はどれくらいか。どれくらい時間をかけるべき?勉強の優先順位は?」 ・中学生が時事問題を勉強する理由!定期テストで90点以上ねらうなら ・最近の時事問題を勉強できる中学生向けおすすめサイト3選! ・新聞で勉強できるのは時事問題だけじゃない!漢字や国語力アップ うちの二人の子供は公立中学出身ですが、毎回中間期末の定期テストでは、時事問題対策というのがありました。 理科社会や副教科の体育などでは定番の出題内容でしたね。オリンピックとか確実に出ます! なので、家族でテレビのニュースを見たり、新聞を読んでいると、「これ、次の定期テストの時事問題で出そうだよね」などという会話が良くありました。 実際、時事問題というのは定期テストでどれくらい重要なのかというと、まずは授業理解が前提とは思いますので、比重は高くないかもしれませんが、 毎回確実に数点はとれるため、親子で対策をしていました。 案外親子で楽しみました。 以下の記事を読んでいただけると、時事問題を対策した方が良い理由や勉強の仕方などをわかっていただけると思います。 90点以上高得点を狙うなら時事問題対策をしましょう。
中学生の勉強

高校受験で不登校は不利?出席日数と内申点、当日の合格点の対策は?

中学生の保護者「不登校の子どもが高校受験で不利ではないかと心配。出席日数や調査書の内申点、そして学力面を考えると合格できる高校がないかも。勉強のやる気をアップさせる方法や不登校の入学枠のある高校情報など知りたい」 ・高校受験で不登校登校拒否が不利になる場合とは ・不登校でも高校受験で出席日数内申点と当日の合格点をクリアする方法 ・高校受験で不登校枠を設けている高校はあるのか 中学生で不登校のお子さんがいると、高校受験で不利になるのではないかと心配になることもあると思います。 中学校から手厚く高校入試の情報があるとは限らないので、親御さんが自分で情報を集めるのも大事ですよね。 不登校が長期化する可能性も考えて、対策をとっておくと安心だと思います。 何が不利になり、どう行動すればよいのかが見えてくると動けるようになりますよね。
中学生の勉強

高校受験3ヶ月で偏差値10上げる?半年で偏差値20上げる方法はある?

中学生の親「偏差値40台の子供を高校受験で偏差値55できれば60以上の高校に行かせたい。3か月で偏差値10以上上げる方法があれば知りたい。」 ・3ヶ月で偏差値10上げる方法とは?高校受験対策 ・半年で偏差値20上げる方法はあるのか?高校受験可能性広げる ・偏差値60以上の高校に行くにはどうすればよいか 1か月2か月3か月せめて半年で、中学生の子供の偏差値10とか20とか上げる方法を知りたい。欲を言えば2週間で偏差値10上げたい。 すごく短期間で、偏差値を爆上げしたい親御さん、生徒さんは多いと思います。中学3年生になっていればなおさらですよね。 偏差値60台のお子さんを偏差値10以上あげるというのは至難の業だと思いますが、偏差値30台、40台のお子さんなら、比較的短期間で、偏差値10から20程度上げることは可能性は十分あると思います。 親も子も覚悟が必要ですが、努力する値打ちはとてもあると思いますので、ぜひ以下の記事を参考にしてみてください。
中学生の勉強

高校受験の偏差値って何?中学生が偏差値を知るためのテスト模試は?

中学生の保護者「高校受験の偏差値というのがよくわからない。わが子の偏差値と高校の偏差値をどうやって知ることができるのか。偏差値の分かるテストで合格の可能性がわかるのか」 ・高校受験で偏差値とは何?入試でどう役に立つのか ・高校と中学生本人の偏差値を知る方法!模試や模擬テストを探す ・成績オール3ならどの偏差値の高校を目指すのが良いのか?目安は? 中学生の子供が高校受験を意識し始めるようになると、高校や本人の偏差値というのが話題になります。 以下の記事では偏差値というのがどういうもので、どのように受験に役立つかを解説します。 偏差値というのはあくまで目安なので、おおむねざっくりと参考にする程度でよいのですが、高校受験直前の入試形態に近い模試では、偏差値の1-2の違いで志望校を判断する可
中学生の勉強

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す

中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
中学生の勉強

中学生の成績オール5のとり方!中学校の通知表付け方は1学期は厳しめ?

中学生の保護者「中学生の子供の成績をできるだけオール5に近づけたい。テストの点を上げる方法とそれ以外にすべきことは何かを知りたい」 ・中学生成績オール5の子はどこが違う?テスト提出物態度 ・中学校通知表付け方は順位ではなく絶対評価って本当? ・通知表1学期は厳しめにつける?2学期3学期で挽回する? テスト提出物授業態度など、みな同じようにがんばっているように見えるのに、なぜ、成績の差がつくのでしょうか。 そんなに学習時間が多いようではないのにしっかり定期テストの点を95点以上キープできる不思議なお子さんもいますよね。 また、定期テストでは90点くらいとれていても通知表で4や3になってしまうお子さんの親御さんは納得いかないと思います。 オール5かそれに近いお子さんたちの行動パターンから、どうやってそれに近づくかを考えてみました。
中学生の勉強

高校受験で第一志望と併願校決め方は?高校学校説明会や見学行く意味

中学生の保護者「私立公立の高校学校説明会や見学に行く意味は何?高校受験で第一志望と滑り止めの併願高校の決め方をいつどのようにするのか知りたい。」 ・高校受験の学校説明会や見学に行く理由といつから行くか ・高校受験第一志望と併願高校の決め方と時期は? ・高校受験滑り止めの私立公立高校の決め方 公立中学校の中3になると、中学校から高校のオープンキャンパス、見学会、学校説明会のお知らせをたくさんもらうようになります。 中3で初めて高校を意識して見に行く人も多いですし、それで十分間に合うという人も多いのですが... わたしのおすすめは、中1中2からできるだけ受ける可能性のある高校を実際に見ておくことです。 中1中2から高校受験を意識して勉強するようになるのでおすすめです。また、中3で成績が急降下した場合や、第一志望や併願校に落ちた場合にも対応しやすくなります。 詳しくは以下の記事で解説します。
中学生の勉強

高校説明会で親と子供の服装持ち物は?個別相談で何を相談質問する?

中学生の保護者「公立私立の高校の説明会に参加するときの親と子供の服装や持ち物はどうしたらよいのか。個別相談で何を話してどういう相談や質問をしたらよいのか知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・高校説明会親の服装、持ち物はどうする?子供本人は? ・高校説明会の個別相談で何を話す?必要なものは ・高校説明会ではよいところを探すのが重要ポイント 高校受験を控え、中3だけでなく、中1中2も含め中学生の多くが、夏から秋にかけて、高校説明会、学校説明会、オープンスクール、オープンキャンパス、高校見学、入試相談会などに参加されると思います。 実際に学校に行かれることもあるでしょうし、オンラインで参加されることもあるでしょうね。 高校説明会などに参加するときは、保護者も同伴されることが多いと思います。親御さんだけ参加という場合もありますね。 できれば親子でいっしょに行って、子供だけの目線ではなくて、親の目線で、子どもに合う学校をしっかり選びたいですよね。 わたしは娘二人の高校受験を経験しましたので、その経験もふまえて、参考情報をお届けしたいと思います。 塾や新聞社などが主催の合同進学相談会のようなものもあれば、個別の学校で見学会、学校説明会が開かれることもあります。 親子で参加することで、それぞれの目で志望校の学校の良さをチェックして、前向きな気持ちで志望校を決め、受験に臨めるようになるといいですね。 高校説明会に参加するのにあたって、迷うのが親の服装だと思います。また、持ち物や質問することなども知りたいですよね。以下の記事でお答えします。
中学生の勉強

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【後編】親ができること9つ

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 こちらの記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 この記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには 学年トップの成績をとるために中学生本人ができることを前編の記事で解説しました。以下、後編では、親ができることをそれぞれわかりやすく解説します。 いろんな意味で環境をととのえてあげて、子供が勉強しやすくしてあげることを1つでも実行していただけると、効果が実感していただけると思います。
中学生の勉強

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
タイトルとURLをコピーしました