中学生の勉強

中学生の勉強

高校受験中1中2からできること!成績悪い場合も公立トップ高校を目指す

中学1年生2年生の保護者「高校受験で中1中2からできることはなにか。成績悪いができれば公立トップ高校や偏差値上位高校などの難関校進学校を目指したい。」 ・高校受験中1中2からできること。成績が悪い場合は ・公立トップ高校を目指すのに必要な内申点と当日点 ・高校受験の志望校高望みと現実の着地点は 中1中2中3のそれぞれの成績(内申点)がどう高校受験に直接影響があるかは、中学校や塾でも説明があると思いますが、地域や高校によって違うことがあります。 自分のお子さんの志望する公立高校の制度や、私立高校の内申の選考方法をそれぞれよく確かめることが必要です。うちの子供の場合は中学3年間の内申点が高校受験に必要でした。 中3の成績だけが内申として影響がある地域もあるようですが、中3の初めにはある程度現実的な志望校を絞っておく必要がありますし、塾や中学の先生も中1中2の成績を参考に指導してきます。 また、現実問題として、中3から突然成績がよくなることも多くはありませんので、ある程度以上のレベルの高校を志望するなら、中1中2からの対策は当然欠かせません。 成績があまりよろしくない場合、悪い場合はなおさら気づいた時点で対策が必要になってきます。 この記事では、中学に入ってから成績が振るわない場合も、レベルの高い高校をあきらめたくないという方のために行動案をご提示します。
中学生の勉強

高校受験で第一志望と併願校決め方は?高校学校説明会や見学行く意味

中学生の保護者「私立公立の高校学校説明会や見学に行く意味は何?高校受験で第一志望と滑り止めの併願高校の決め方をいつどのようにするのか知りたい。」 ・高校受験の学校説明会や見学に行く理由といつから行くか ・高校受験第一志望と併願高校の決め方と時期は? ・高校受験滑り止めの私立公立高校の決め方 公立中学校の中3になると、中学校から高校のオープンキャンパス、見学会、学校説明会のお知らせをたくさんもらうようになります。 中3で初めて高校を意識して見に行く人も多いですし、それで十分間に合うという人も多いのですが... わたしのおすすめは、中1中2からできるだけ受ける可能性のある高校を実際に見ておくことです。 中1中2から高校受験を意識して勉強するようになるのでおすすめです。また、中3で成績が急降下した場合や、第一志望や併願校に落ちた場合にも対応しやすくなります。 詳しくは以下の記事で解説します。
中学生の勉強

高校説明会で親と子供の服装持ち物は?個別相談で何を相談質問する?

中学生の保護者「公立私立の高校の説明会に参加するときの親と子供の服装や持ち物はどうしたらよいのか。個別相談で何を話してどういう相談や質問をしたらよいのか知りたい」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 ・高校説明会親の服装、持ち物はどうする?子供本人は? ・高校説明会の個別相談で何を話す?必要なものは ・高校説明会ではよいところを探すのが重要ポイント 高校受験を控え、中3だけでなく、中1中2も含め中学生の多くが、夏から秋にかけて、高校説明会、学校説明会、オープンスクール、オープンキャンパス、高校見学、入試相談会などに参加されると思います。 実際に学校に行かれることもあるでしょうし、オンラインで参加されることもあるでしょうね。 高校説明会などに参加するときは、保護者も同伴されることが多いと思います。親御さんだけ参加という場合もありますね。 できれば親子でいっしょに行って、子供だけの目線ではなくて、親の目線で、子どもに合う学校をしっかり選びたいですよね。 わたしは娘二人の高校受験を経験しましたので、その経験もふまえて、参考情報をお届けしたいと思います。 塾や新聞社などが主催の合同進学相談会のようなものもあれば、個別の学校で見学会、学校説明会が開かれることもあります。 親子で参加することで、それぞれの目で志望校の学校の良さをチェックして、前向きな気持ちで志望校を決め、受験に臨めるようになるといいですね。 高校説明会に参加するのにあたって、迷うのが親の服装だと思います。また、持ち物や質問することなども知りたいですよね。以下の記事でお答えします。
中学生の勉強

公立中学で学年トップの子はどうしてる?【前編】成績up勉強方法9選

中学生本人 1年2年3年「公立中学で、学年トップになれる定期テスト、実力テストの勉強法を知りたい。中間期末で450点、できれば475点以上とりたい。」 中学生の保護者「公立中学生の子供が、学年1位の成績をとるために親ができるフォローや手伝い方を知りたい。」 この記事では、↑こんな疑問に答えます。 この記事の内容 【前編 この記事】 ・公立中学で学年トップになる9つの秘訣!定期テストで450点以上とる勉強法 【後編 こちらの記事】 ・中学生が中間期末で学年1位の成績をとるために親ができること9つ ・中間期末定期テストだけでなく実力テストや模試でもトップを目指すには わたしは、現在公立高校生と国立大学生の二人の娘の母親です。 子どもたちは公立の小学校中学校から公立高校に進学しました。中学時代は子供にしっかり勉強させ、学年トップ層の成績をキープするのにずいぶん気をもんだ経験があります。 今となって思うのは、中学生の子ども自身が自分でできること、親が手伝って伸びることの両方があったということです。 そこで、今回は学年トップの成績をとるために中学生本人と親ができることをそれぞれわかりやすく解説しようと思います。 対策については、実際に我が家で経験したことや育児の中でわたしが学んだことなので、1つでも実行していただければ、成績を伸ばせることが実感できるはずです。 定期試験で英数国理社の5教科500点満点で450点以上、できれば480点以上とりたい中学生本人や保護者の方はぜひお読みください。実力テストや模試についても触れています。 自宅学習でできることと、市販教材、塾や通信教育の使いどころなどを知っていただければ幸いです。
中学生の勉強

高校説明会行かないデメリットは?夏休みの高校見学出来なかった場合

夏から秋にかけて、高校入試を控えた中3生向けの高校説明会、オープンスクールなどが多くの学校で開催されます。 ただ、志望する高校説明会の日程が、学校行事や部活、模試や塾などと重なって、本人が出席できない場合も少なくありません。 高校説明会に本人もしくは保護者が行かないデメリット、出席のメリットについて考えてみました。
中学生の勉強

夏休み宿題提出しない評価は2学期に影響?親の手出し口出し手伝いは

夏休みには、小学校、中学校、高校ともに、それなりのボリュームのある宿題、課題が出されることが多いですよね。 宿題は自分でしなくてはいけないものなので、子どもにまかせておくという考えの親御さんもいらっしゃると思います。 声掛けだけはしようと「宿題やった?」ときいたら、「宿題やったよ」という返事が返ってきて安心しているというケースもあるでしょう。 ただ、お子さんの「宿題をやった」という内容は、親が見ると「到底やったとは言えない」レベルのものであるケースも多々あるのです。
中学生の勉強

高校受験の塾選び方はどうする?いつから通わせて費用はどれくらい?

中学に入ると、周囲のお子さんの多くが学習塾に通い始めるので、うちの子もどうしようかと考え始める保護者の方が多いと思います。 ママ友情報や新聞広告のチラシなどから近所の塾についていくつか耳にしていることも多いでしょう。 いくつか塾の候補がある場合、わが子に合う塾をどう選んだらいいのでしょうか。
中学生の勉強

中間テスト期末テストいい点数をとる方法親ができること提出物は?

中学校での中間期末の定期テストは、高校入試の内申点にもかかわってくるので、とても大切ですね。 内申は地域によって、中3だけの成績を反映することもあれば、中1から中3まですべての成績を反映することもあります。 中3だけの成績が内申に影響する場合も、中1、中2とつみあげていかなければ急に成績が上がるわけではないので、やはり、中1から頑張ることが必要になります。 いい点数を取る方法をしっかり実行して、がんばるのがよいですね。
中学生の勉強

友達が中学生でもいないできないは大丈夫?作り方と付き合い方

友達が中学生になってもいないできない子どもを持つ親は不安に思うこともあると思います。 同じクラスや部活などで仲良し、親友といえるような特定のお子さんがいると安心ですよね。 でも、中学校でそういう特別に親しいお友達がどうしても必要でしょうか。
中学生の勉強

部活を途中で辞めるデメリット内申点への影響は?勉強と優先順位は?

希望に胸を膨らませて入学した中学校で張り切って入部した部活だったのに、子供が途中で退部したいといいだした...親にとってはちょっとショックなシチュエーションですが、途中でやめたいといいだすことは少なくないときいています。 また、子供はどちらでもいいのだけど、親のほうが部活を辞めてほしいと内心思っているケースというのもあります。 いずれにしても、部活を途中でやめることは、親にも子どもにも大きなストレスになることが多いようです。 部活を途中でやめることについて、どう考えればよいのでしょうか。
中学生の勉強

中学の部活はスポ少出身者有利?後悔しない選び方と部活選びの失敗

お子様の中学入学おめでとうございます。 お子さんは、中学入学に当たって、新生活にわくわくされていると思いますが、中でも関心が大きいのが部活選び、クラブ探しなのではないかと思います。 みなさん、どうやって選んでいるのでしょうか。 お子さんの判断だけにまかせても大丈夫でしょうか。
中学生の勉強

高校受験塾なしでがんばる勉強法は?問題集やz会通信教育の利用は?

中学生と高校生の子供がおりますが、うちの子どもたちは中1から地元の大手進学集団塾に通わせています。 うちの上の子どもは地域の公立トップ校といわれる高校のひとつに入りましたが、こういった高校に入られるお子さんの多くは、うちの子が通ったような、大手進学集団塾を経験されていることが多いと聞いています。 ただ、もちろん、経済的、時間的な問題、相性の問題、親の方針などで、塾なしで高校受験され、成功される方もいらっしゃいます。 塾なしで高校受験にチャレンジする際にどういった勉強法が良いのか、塾に子供を通わせている立場で、塾のメリットをどうまねできるか、考えてみました。