高校受験

高校受験

期末テスト中1で平均点以上とる9教科対策!定期考査いい点を取る方法

中学生がテストでいい点を取る方法を探している保護者の方も多いと思います。平均点以上は押さえたいですね。 さらに、5教科で450点平均90点以上で、できれば9教科でもそれぞれ90点以上とれるとよいですよね。 なかなか難しいようですが、実際毎回それだけの点数をとれているお子さんも存在するわけなので、ぜひ、中1の最初の中間期末から90点超えをめざしてほしいと思います。親御さんの協力も必要です。 5教科、9教科といいますが、まず、固めなくてはいけないのは英国数の3教科です。 3教科を抑えたうえで、理科、社会、音楽、保健体育、技術家庭、美術の対策をしていきましょう。
高校受験

塾なしで高校受験!中学生が塾に行かないで公立高校に合格可能?

子どもさんが中学生になると、周囲のお友達で塾に行きはじめる人が増えると思います。 中学入学当初は最初は様子見で、塾に行かせない場合も、定期テストの結果が出たり、夏休みなどの夏期講習が始まったりなどのきっかけで、子ども自身や親が塾に興味を持つことが多いようです。 ただ、塾なしで高校受験される方も案外多いとききます。 皆さん、ご家庭でどう対策しているのでしょうか?
高校受験

通知表が下がった!1や2の最悪な内申…中学生の親は先生へ相談?

そろそろ通知表、通信簿が気になる時期ですね。 学期末終業式を迎え、通知表を中学校からいただいて帰った中学生も多いですよね。 保護者としては、通知表が前回の成績よりも下がっていたり、1や2がついたりしていたら、とても心配…。 内申点として、高校入試への影響も気になります。 3学期だと成績が確定してしまいますが、1学期2学期なら3学期に向けて挽回のチャンスもあります。 どういった対策が考えられるでしょうか。
高校受験

中1三者面談の内容は?先生に聞くこと話すこと!成績悪い勉強の仕方

中学1年生の三者懇談(面談)を控えている時期のご家庭も多いと思います。 中学生とはいえまだ高校受験の話は早いようだし、何を話せばいいのか困っている保護者の方も多いですよね。 成績が悪い、伸び悩んでいるお子さんの場合は、耳の痛い話になりそうで、親子で気が重い場合もあるでしょう。 あまり気負わず、先生からのアドバイスを前向きに生活や学習に生かしていく機会にしましょう。
高校受験

テスト勉強のやり方!中学生集中する仕方!計画表スケジュール方法とコツ

テスト勉強のやり方がわからない知りたい中学生やその親御さんは、何か特別な良い方法を求めているかもしれませんが、実際にはとてもシンプルな方法で平均点以上であるとか、現状よりもさらに高得点を目指すことはできると思います。 いま、伸び悩んでいたり、成績が低くてやる気が出ないなどで苦しんでいるお子さんの場合は少し助けが必要かもしれません。
高校受験

高校は公立トップ校を目指す小学生に塾や通信教育が必要?

小学校高学年になると、子供たちも中学受験組と公立中学進学組でだんだん意識や雰囲気が変わってきますね。 勉強はできるけど中学受験はせず、高校受験を頑張りたいというご家庭も多いと思います。いわゆる都道府県立の公立トップ高校を意識し始める親御さんお子さんもいらっしゃるでしょう。 小学校のうちから、塾や通信教育が必要でしょうか。我が家では二人の娘を公立トップ高校に進学させた経験から考えてみました。
高校受験

通知表からの内申点の出し方は?中学生本人と親の対策で評定アップ!

通知表の評定内容と内申点の関係ってご存知ですか?中学校が高校受験向けに内申書(調査書ともいう)を作りますが、その内申点のもとになっているのが、通知表です。 なので、こつこつと通知表の成績を維持し高めていって、内申点を確実にとっていくことが重要になります。中1、中2、中3とありますが、どういった対策が必要になるでしょうか。
高校受験

内申に納得いかない!理不尽不公平?観点おかしいのでは?評価に不満

中学生が高校受験にあたって、当日の試験と同様に大事になってくるのが内申、通知表の成績ということになります。 内申書、調査書などの呼称で呼ばれる成績表が願書と一緒に高校に出され、入試当日の試験の点数と併せて判断されることが、公立も私立も多いです。 内申と試験当日の成績の配分は都道府県や学校によっても違い、内申はほとんど関係ない学校もあれば、内申を非常に重視する学校もあります。 内申の出来不出来で、進路相談、三者面談などの中で、志望校を決定する重要な材料にもなりますので、親御さんもお子さんもとても気になりますよね。 ところが、この内申の点の付け方に不満を感じている人は少なくないのです。くそったれ、という声も聞こえてきます。
高校受験

中学生に塾は必要か?塾選びのポイントは?高校受験対策とオンライン

中学生に塾が必要かどうかは、お子さん本人やご家庭の方針によって違うと思います。塾なしで志望する高校に合格できるお子さんももちろんいます。 ただ、勉強が遅れていて苦手なお子さん、やる気がなかなか出なくてゲームやスマホ、タブレットに夢中なお子さんなどの場合は、長くその状態が続いているほど親御さんだけでは対策が難しいことも多いです。お子さんの伸び悩みに早めに気づいて対策するのが大切です。生活改善のため、塾などもうまく活用することを考えてはいかがでしょうか。
高校受験

夏期講習費用が心配!高校受験に必要か中3コマ数講座数オンラインは

中3の夏休みに高校受験に向けて塾の夏期講習を検討されているご家庭も多いと思います。夏休みに苦手科目対策や中1中2の復習を一気に仕上げて秋からの高校入試問題演習に備えたいところです。 自分だけでは受験勉強をすすめるのが難しいお子さんには合う塾を探してあげたいですね。 部活との両立で長時間の拘束や費用面で心配なご家庭は、お子さんに必要なコマ数、講座数だけとれる個別指導塾などが無駄がなくてよいかもしれません。
高校受験

中学生勉強しない子が成績良いのはなぜ?テスト前受験のため塾は必要?

中学生になっても学習習慣が身についているように見えないのに、成績はさほど悪くなく案外良い成績をとれてしまう子がいます。 小学校でもあまり苦労していなくて、要領が良く授業中の理解と暗記だけで中学の最初の頃は、乗り切れてしまうようなタイプです。 ただ、やはり自宅での学習習慣が身についていないと、だんだん勉強が遅れて受験時期を迎えるころに親子で慌てることが多いのもこのタイプです。 前もってどのような対策を考えることができるでしょうか?
高校受験

志望校高く設定高校受験大丈夫?レベル高い諦めたくない受かるため塾?

高校受験では、中3の最初のうちは高めの偏差値レベルの志望校を設定して学力アップをめざすのがよいという話をよく聞きます。できればそのまま学校のランクを下げずにお子さんが最後まで受験を走り抜けられるといいですよね。 ただ、受験勉強期間の中で、模試の成績などで上下があり、受験は水物という面もありますから、見守る親としてはいろいろな可能性を考えておく必要があります。志望校の設定の仕方はどのようにしていったらいいでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました